サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 漫画・コミックの通販
  4. 男性向けコミックの通販
  5. 小学館の通販
  6. ねじの人々 1 (裏少年サンデーコミックス)の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ねじの人々 1 (裏少年サンデーコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発売日:2015/10/16
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:B6判/168ページ
  • ISBN:978-4-09-126608-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

コミック

紙の本

ねじの人々 1 (裏少年サンデーコミックス)

著者 若木 民喜 (著)

若木民喜、哲学を始める。 さあ今日から哲学を始めよう!! 超実践、哲学マンガ!!!恋に友情に仕事に人生に色んな事に悩んだときは哲学をしましょう。大ヒット漫画『神のみぞ知...

もっと見る

ねじの人々 1 (裏少年サンデーコミックス)

630(税込)

ねじの人々 1

630 (税込)

ねじの人々 1

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 26.5MB 無制限
Android EPUB 26.5MB 無制限
Win EPUB 26.5MB 無制限
Mac EPUB 26.5MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ねじの人々(裏少年サンデーコミックス) 3巻セット

  • 税込価格:1,88917pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

若木民喜、哲学を始める。

さあ今日から哲学を始めよう!! 超実践、哲学マンガ!!!恋に友情に仕事に人生に色んな事に悩んだときは哲学をしましょう。
大ヒット漫画『神のみぞ知るセカイ』の作者、若木民喜の最新作は哲学漫画です。“『哲学』って難しそう・・・”
“興味ないかも”そう思っちゃったそこのお兄さん、お嬢さん、ちょっと待って!
哲学は簡単!お手軽!面白い!ニーチェもハイデッガーも知らなくても学ばなくても誰でも出来ます。
哲学ってのは要するに考えることです。誰もが人生に、仕事に、恋愛に悩む、悩む、悩む、そんな時があります。
そして人はすべての『答え』が欲しくて考える事があるのです。それが哲学です。名門、京都大学哲学専修を卒業しつつも仕事もせずに30歳過ぎまで、色んな事に悩み部屋に引きこもりから人気漫画家が過去の経験を生かし
哲学漫画を描きました。あるかどうかも分からない“答え”“真実”についてひたすら考えたことを漫画にしています。
皆さんも一緒に考えましょう。考えて考えて・・・そうすると貴方の頭にねじが生えてきます。ねじは考える度に
ぐるぐる回ります。ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる・・・ほら貴方も『ねじの人々』の仲間入り!!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

哲学

2015/12/02 14:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Owatagear - この投稿者のレビュー一覧を見る

哲学の漫画です。
読んでて「ああ、確かに」と思えることばかりでした。でもきっと「ん?それは違うだろう」とか「そもそも、何でそう思うの?」と思う人も居るでしょうが、それで良いんです。それも1つの方法ですから。
読む価値のある漫画だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

…作者の哲学的思索を、こういうマンガ形式で表現したエッセー的作品だな、という印象…

2017/02/17 04:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:♂猫Junn-Junn - この投稿者のレビュー一覧を見る

…この作品の存在自体、全然知らなかったけれど、
「なのは洋菓子店のいい仕事」が連載終了して、全7巻くらいなら、
多過ぎないし、買ってもいいかな…と思って買う際に、
偶然、この作品があることを知って「哲学マンガ」ってどんな感じだろう?
と思って試しに第1巻だけ買って読んでみようかな…
と買ってみた感じ…
収録内容は…

第1話「なぜ何もないではなく ボクがいるのか」
第2話「コギト・エルゴ・スム(我思う故に我あり)」
第3話「純粋理性のアンチノミー」
第4話「洞窟のイデア」
第5話「真理の置き場所 ~客体的真理と主体的真理~」
第6話「続・客体的真理と主体的真理」
第7話「存在と現存在(前編)」
第8話「存在と現存在(後編)」
あとがき
おまけ

…という内容…最後の、おまけ、は、
作者のこれまでの連載漫画作品、「聖結晶アルバトロス」「神のみぞ知るセカイ」
「ねじの人々」「なのは洋菓子店のいい仕事」
のメインキャラ達による哲学的?座談会風おまけマンガ…といった感じ。
まぁ、
あとがき、にあるように…当初「哲学マンガ」を目指して考えた作品だったけれど、
哲学の世界に触れ、自分にとっての「哲学」が何か、を「思索」した末に、
描く内容も形が変わってきた…という作品みたいで…
たしかに、哲学書や哲学入門書をマンガの形で読み易く、みたいな作品ではなく、
どちらかと言うと、
哲学的な問い、に関しての作者の思索や脳内思考を綴るエッセーを、
こういうマンガの形式で表現してみました、的な作品だったな、という印象。
哲学的な思索や問いに対して、
難しくならず、平易に簡潔明瞭な感じで描かれていて興味深いな、
と思う部分は多少あるけど、
この作品の続きを是非とも読みたいか?買って今すぐ読みたいか?
と問われれば…それほどでもないかな…
みたいな…小中学校の図書室とか図書館に蔵書されていて、
ソレを借りて読む、的な形であれば、
第2巻、第3巻と続きを読んでみてもいいかな…という感じ…
自分とは何か、と考えたり、何が分かってて何が分からないかを認識する、
みたいな…そういう部分に、
意識を向けて思考し始めるキッカケを、読者に与える力は、
ある程度、あると思うので…
特にマンガ形式だから、小学生とか低年齢な読者層に対して、
何某かのキッカケを与えることは、あるんじゃないかな…というのが、
40過ぎのオッサンが読んでみての印象。

…このマンガは、登場人物…
根地大和、前の席の女子生徒高橋、晴都ルネ、万子、
イデア論について語る古時計、考えるヒトデ…等が登場したけれど…
このマンガはラブコメとかじゃないから、
大和と高橋、や大和と万子の間に恋愛感情が芽生えて、
なんてこともないだろうし…
せいぜい、
この第1巻時点でのレギュラー的キャラの中では唯一ねじの生えていない高橋が、
今後、考えるようになりねじ人間になるのか、
高橋は今後もずっとねじは生えないキャラなのか…
そんなどーでもいいことが、ちょっと気になる程度…みたいな…

…まぁ、そんなこんなで、哲学的な思索、
みたいな面に軽く目を向けるキッカケにはなった本だけれど…
第2巻以降を買って読むかどうかは…
とりあえず保留して、
今手許に揃えた「なのは洋菓子店のいい仕事」全7巻を読み終えてから、
気が向いたら、検討しようかな…
そんな感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/18 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/16 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/15 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む