サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

スポーツアナウンサー 実況の真髄(岩波新書 新赤版)
スポーツアナウンサー 実況の真髄(岩波新書 新赤版) スポーツアナウンサー 実況の真髄(岩波新書 新赤版)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/10/20
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/196p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431570-4
  • 国内送料無料
新書

紙の本

スポーツアナウンサー 実況の真髄 (岩波新書 新赤版)

著者 山本 浩 (著)

サッカー中継のパイオニアとして、ファンの胸に忘れがたい言葉を刻みこんだアナウンサーが語る、スポーツ実況論。印象に残る実況とは何が元になっているのか。練達の士がスポーツ実況...

もっと見る

スポーツアナウンサー 実況の真髄 (岩波新書 新赤版)

799(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

サッカー中継のパイオニアとして、ファンの胸に忘れがたい言葉を刻みこんだアナウンサーが語る、スポーツ実況論。印象に残る実況とは何が元になっているのか。練達の士がスポーツ実況の真髄を伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山本 浩

略歴
〈山本浩〉1953年島根県生まれ。東京外国語大学ドイツ語学科卒業。NHKアナウンサーとしてスポーツ実況を多く担当。解説主幹、エグゼクティブ・アナウンサーを経て、法政大学スポーツ健康学部教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ベテラン実況アナウンサーがスポーツ実況中継の神髄を語る

2016/04/18 16:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

1986年メキシコワールドカップでの「マラドーナの5人抜き」を当時実況で「マラドーナ」の連呼だけで表現し、その後も数々の名実況で知られる元NHKスポーツアナウンサー山本浩氏によるスポーツ実況の裏側や、著者の経験から述べられる「実況論」です。「ピッチャー第一球を投げました」というごくありふれたフレーズを投手のどの動作でしゃべり始めるのか、野球やテニスとサッカーなど競技によるリズムの違いなどの実況技術論、選手へのインタビューの際に厳守すべきこと、中継だからこそ発生する実況現場での数々のアクシデント、デジタル放送など放送技術の進歩によるアナウンサーの役割の変化など、「しゃべりのプロ」として1冊の本が書けてしまう事に感服しました。
最近のスポーツ中継で、絶叫系の実況や、中継対象の競技への知識が疑われるようなタレントをゲスト起用する中継スタイルなど、競技に集中できないスポーツ中継が増えたように感じます。またインタビューや解説者とのやりとりで、競技に関する深い知識や経験談などをうまく引き出せていないケースも散見されます。これらに対する山本氏の指摘は的を得たものと感じました。感動の押し売りみたいなショーではなく、勝負の駆け引きの緊張感や、分かりやすいルール解説など視聴者が落ち着いて競技に集中できるスポーツ実況中継が増えてほしいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/19 18:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/18 04:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/28 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/23 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/10 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/21 01:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/15 09:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/16 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/12 18:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む