サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼント ~9/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

任俠書房 改版(中公文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 74件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2015/09/16
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/331p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-206174-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

任俠書房 改版 (中公文庫)

著者 今野 敏 (著)

日村誠司が代貸を務める阿岐本組は、今時珍しく任侠道をわきまえたヤクザ。その阿岐本組長が、兄弟分の組から倒産寸前の出版社経営を引き受けることになった。舞い上がる組長に半ば呆...

もっと見る

任俠書房 改版 (中公文庫)

734(税込)

任侠書房

734 (税込)

任侠書房

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.9MB 無制限
Android EPUB 7.9MB 無制限
Win EPUB 7.9MB 無制限
Mac EPUB 7.9MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日村誠司が代貸を務める阿岐本組は、今時珍しく任侠道をわきまえたヤクザ。その阿岐本組長が、兄弟分の組から倒産寸前の出版社経営を引き受けることになった。舞い上がる組長に半ば呆れながら問題の梅之木書房に出向く日村。そこにはひと癖もふた癖もある編集者たちが。マル暴の刑事も絡んで、トラブルに次ぐトラブル。頭を抱える日村と梅之木書房の運命は?「任侠」シリーズ第一弾(『とせい』を改題)。【「BOOK」データベースの商品解説】

日村誠司が代貸を務める阿岐本組は、今時珍しく任俠道をわきまえたヤクザ。その阿岐本組長が、倒産寸前の出版社経営を引き受けることになった。日村は半ば呆れながら、組長とともに問題の梅之木書房に出向くが…。〔初版のタイトル:とせい〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー74件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

毎度のことながら・・・

2016/02/14 05:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エメルダ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今野先生の作品の中で、変わった主人公なんですが、その設定と物語の展開が面白くて、あっという間にシリーズ3冊とも読んでしまいました。そして、また楽しませてもらったよ、ありがとうとつぶやいてる私がいました。作者と同い年と言うのも、引かれる理由なんだろうか、本当に懐深すぎる~!!!と言いながら、楽しませてもらっています。ありがとうございました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ヤクザを通して知る日本人?

2016/05/07 09:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BACO - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらず読みやすく、引きつけ感があり一気読みの部類に入る。
仁義と人情をテーマにしたヤクザ物語ではあったが、ヤクザというキャラを活かして今の現代日本への風刺を描写したような、また大事なものを教えてくれるような、そんな感じが随所に見られ、物語の面白さだけでなく自分自身を見つめ直す機会も得られたと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

軽く読めます

2016/01/26 07:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:焚き火料理人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

休日1日で読破。面白かったです。ナンバーツーの日村を主人公に設定しているのも良し。神田の出版社もアリがちな描写でしたが、こんなに簡単にベストセラーを作れるとは思えませんがそれも小説の世界ですからOK!第4弾を早く読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

異色の「お仕事小説」

2015/10/08 21:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヤクザが堅気の会社を真面目に再建するという発想が面白く、衝動買いしましたが、たいへん満足しました。
 本書は異色の「お仕事小説」で、出版業界の仕組みに加え、ヤクザのしのぎの手口等もわかり、2度美味しい仕上がりとなっています。バラバラで覇気のない社員たちも、一生懸命なヤクザの姿に感化され、最後は同じ仲間として受けいれていく様子には感動しました。
 阿岐本組の組員たちは、まさに少数精鋭で、ヤクザにしておくには勿体ない人物ばかりでした。責任感溢れる中間管理職である日村、頭脳明晰なテツ、大切なものは命がけで守ろうとする真吉、普段は好々爺だが、締めるところは締める組長等々、魅力溢れるキャラクターたちばかりです。
 阿岐本組のように社会に役に立つヤクザは実在するわけがなく、そういった意味ではファンタジー小説ですが、その昔、幕末頃までは清水次郎長や新門辰五郎に代表されるように、地域社会に貢献し、地域の人々に愛される存在だったのかもしれません。
 本書はシリーズ化されていて、学校や病院も立て直すとのこと。早速、続編を購入して読みたくなるシリーズ第1弾でした。また、是非ともテレビドラマ化してほしいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

明るく楽しい架空のヤクザ物語

2015/09/13 15:09

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「任侠学園」「任侠病院」に先駆ける、「任侠」シリーズ一冊目。このシリーズはたまたまさかのぼって読んでいくことになったが、実はこれが一番いいと思う。どの作品も、舞台は変えつつ主人公となるヤクザは同じだし雰囲気も通じているが、一番キレがいいのがこの作品という気がする。ヤクザが一般の会社や施設を立て直すという設定で、現実にはありえないが、その架空性がおもしろい。
主人公となるのは指定暴力団「阿岐本組」代貸の日村。この日村がとにかく心配性の苦労性で、親分が次々持ち込んでくる無理難題に取り組む様子が可笑しくも楽しい。阿岐本組の四人の若衆たちのキャラもそれぞれ個性的だし、親分は普段はとぼけているようで大事なところでは凄みを見せる。この作品では立て直すのが出版社だが、グラビア編集に女たらしの真吉がアイディアを出してそれが功を奏したりする流れにもユーモアがあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

任侠シリーズ

2016/02/13 12:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みやすく面白い。他もよみたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

予想通りの展開だが良作

2015/12/13 21:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さんしろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

新聞でタイトルを目にし、そのあり得なさに興味を持ち、購入。今野先生と言えば隠蔽捜査だが、本作はコミカルな内容ながら、男が筋を通すという点で相通ずるものを感じた。夢を持ちにくい今の世の中、竜崎や阿岐本たちのように、せめてぶれない生き方をしたいものである。続編もあるとのこと、こういった内容は好みであり、是非読んでみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

オールラウンド

2015/11/23 22:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

警察小説の第一人者だが、最近は「寮生」という青春ものを書き、その一方で、こうした爆笑小説まで手掛ける。警察官どころかヤクザ小説。といっても、素人には迷惑をかけないという昔かたぎで、そんな真っ直ぐな気性のまま、倒産寸前の出版社の立て直しに取り組んでしまう。「任侠病院」で文字通り病み付きになり、シリーズがあると知って読んでみたが、今回も大いに笑わせてもらった。「大学の柔道部で、頭の良かった奴がヤクザになり、悪かった奴が警察官になる」というくだりは、奇妙に納得できる。同時進行で多数の作品をつづり、頭が混乱しないかと心配になるが、まさにオールラウンド・プレーヤーである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

意外といいかも

2015/10/19 12:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆーたろー - この投稿者のレビュー一覧を見る

任侠シリーズの第2弾。今度は学校の再建に乗り出す阿岐本組。学校に行ってみると、校舎の窓は割れたまま、グランドは荒れ放題、フェンスには落書き、無秩序な生徒たち、と荒廃した学校を絵に描いたような惨状。さらに、諦めの境地の校長を始め、糾そうとしない教員たち。果たしてこの学校は再建できるのか。そもそも学校に行きたくもなかったという日村の葛藤が楽しい。割れ窓理論などヤクザとは思えない珍しい発想が出てくるのも秀逸。善悪の分別のない子供たちを作り出したのは大人たち。こんなヤクザならそんな時代を変えてくれるかも(^_-)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/03/24 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/02 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/06 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/12 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/15 16:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/09 13:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

中公文庫 ランキング

中公文庫のランキングをご紹介します一覧を見る