サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 大人の発達障害 アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大人の発達障害 アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/10/20
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/209p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-745371-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

大人の発達障害 アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本 (集英社文庫)

著者 備瀬 哲弘 (著)

友人ができない、仕事がうまくこなせない…。「ちょっと変」なのには理由があった。「ちょっと変」と思われてしまう人の事例を挙げ、その原因となる発達障害について解説する。発達障...

もっと見る

大人の発達障害 アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本 (集英社文庫)

497(税込)

大人の発達障害 アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本

464 (税込)

大人の発達障害 アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本

ポイント :4pt / 紙の本より33おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

友人ができない、仕事がうまくこなせない…。「ちょっと変」なのには理由があった。「ちょっと変」と思われてしまう人の事例を挙げ、その原因となる発達障害について解説する。発達障害チェックリスト付き。【「TRC MARC」の商品解説】

身の回りにいるちょっと「変わった」人は、なぜ周囲の人とうまく付き合うことができないのか? 現役精神科医の著者が10のケースから、発達障害を徹底解説。読めば、本人も周囲の人も楽になれる!


【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/06/05 01:52

投稿元:ブクログ

「普通に生きたいだけ」なのに「社会生活を営む困難さ」を抱えている人について学ぶ本。

うつもそうだが、ADHDやアスペルガーなど(この本ではPDDという概念で定義)の心の病は身体的な物理的な怪我や病気と違って、周囲は当人の性格の問題や親の躾の問題に責任転嫁しやすいという問題がある。

この本ではPDDという概念とその特徴をもった人をケーススタディで紹介し、PDDへの周りの理解を深めることで当人への二次障害を防ぐことを目的としている。

2016/10/05 08:48

投稿元:ブクログ

ちょっと変わっている人がいても、蔑んだりせずに理解を示すことが大事という話。
優れた能力を持っている人もいるとのこと。
自閉症診断のAQテスト付きで、大変興味深い本だったと思います。

2017/01/28 21:09

投稿元:ブクログ

2016年、8冊目です。

大人の発達障害は、”治らない”ということを、改めて認識しました。
著者が主張されているのは、そういったある意味の「生きづらさ」を持っている人たちに、その特性を理解して受け入れていく世の中にしようということです。
そのために、「生きづらさ」を持つ人たちにかかわる人たちは、
正しく理解し、寛容に受け止めてくださいということです。

自分の知っている人で、「なんでこの人は、こんなことができないのか?」「なんで、常識的かつ一般的な言動ができないのか?」と思い当たる人は何人かいます。
そのことに対して、私は理解ができず心穏やかでなくなることもしばしばありました。それに対してはよく書店で目にする「アンガーマネージメント」とか「怒らない技術」といった本を読んで、主に怒りに対する処方を考えてきました。
しかし、この本を読み始めてから、そういった「生きづらい」人は、障害を持つ人達であり、本人だけの力では「どうしようもない」ことなのだなと認識するようになってきました。そうすると、怒りを覚えていた人達に対する考え方が少しずつ変化したきました。”やらない”のではなく、”できない”のだ。それが発達障害のために”できない”のだ。そう考えてその人たちを見ると怒りが和らいできました。
受け止める側の正しい理解に基づいた寛容さが円滑な関係を維持することに繋がると認識しました。

この本の最後に発達障害をチェックするシートが付いていて、チェックしてみました。結果は、、、、。判定の如何に関わらず、この本を手に取った時点で、何か普通の人とは異なる心理が横たわっているのだろうと思います。それは、横たわっているだけに、自分では気が付かないのかもしれませんね。

2017/05/10 12:38

投稿元:ブクログ

大人の発達障害 アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本

と、銘打っているが、注意しないといけないのは、
「楽になる」のは、当事者ではなく周りの人間だという事。
こういう障害を抱えていない(と思っている)人は、
こういう障害を抱えている人とどう接していけば良い(楽な)のか
を解説してある。

サザエさんとSWのくだりはイマイチ伝わらなかったが、坊っちゃんのくだりは「たしかにそうだ」と納得。

この本を解決策にするのではなく、軽くサラっと読む、どちらかという「読み物」な1冊。

2017/05/08 20:51

投稿元:ブクログ

改めてじっくり「大人の発達障害」について読んだのは初めて。
大人の発達障害がある人も、無い人も、ダイバーシティ&インクルージョンの考え方で、生きやすい世の中をつくりたい。

2017/01/08 22:29

投稿元:ブクログ

今まで何冊も、大人の発達障害に関する本を読んだが、最もうまくまとめられている。薬物療法に関する記載がないのが残念。

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む