サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

数学する身体
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 50件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/10/19
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-339651-2

紙の本

数学する身体

著者 森田 真生 (著)

【小林秀雄賞(第15回)】思考の道具として身体から生まれた数学。身体を離れ、高度な抽象化の果てにある可能性とは? 数学を通して「人間」に迫る、30歳、若き異能の躍動するデ...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【小林秀雄賞(第15回)】思考の道具として身体から生まれた数学。身体を離れ、高度な抽象化の果てにある可能性とは? 数学を通して「人間」に迫る、30歳、若き異能の躍動するデビュー作。【「TRC MARC」の商品解説】

「数学を通して世界をわかりたい」。30歳、若き異能の躍動するデビュー作! 思考の道具として身体から生まれた数学。ものを数える手足の指、記号や計算……道具の変遷は数学者の行為を変え、記号化の徹底は抽象化を究める。コンピュータや人工知能の誕生で、人間の思考は変貌を遂げるのか? 論考はチューリング、岡潔を経て生成していく。身体を離れ、高度な抽象化の果てにある、新たな可能性を探る!【商品解説】

著者紹介

森田 真生

略歴
〈森田真生〉1985年東京都生まれ。東京大学理学部数学科を卒業後、独立。研究者。在野で研究活動を続ける傍ら、全国各地で「数学の演奏会」や「大人のための数学講座」など、ライブ活動を行っている。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー50件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

言葉がすんなりとやわらかく明晰

2018/05/22 11:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

数学書であることは間違いないが、数学嫌いの人にお薦め。抽象化の道を突き進んだ(近代西洋)数学に、身体性を取り戻す試みとして、岡潔とA.チューリングを紹介する。後半は、ほぼ、岡潔の評伝。「和算」等、その国独自の数学への指摘も面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

深くて優しい

2020/06/02 15:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆっくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

森田さんのご活動で「数学の演奏会」というイベントで直接接して素晴らしいと思っていたので、本が出るのを楽しみにしていました。「数学する」ということは特別ではなく美学だと感じる文章をたくさんの人に読んで欲しいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小林秀雄賞を受賞した傑作です!

2019/02/06 10:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、数学はもっと人間のためのあることはできないのかをテーマに考察した画期的な書です。数学的な理論において、人間の身体や心の存在場所はあるのかと考えた著者は、最終的にアラン・チューリングと岡潔という二人に偉大な数学者にたどり着きます。著者がそこに見たものは一体何であったのか?詳細はぜひ、本書をお読みください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

数学する身体

2016/04/30 15:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Carmilla - この投稿者のレビュー一覧を見る

月一度の「東京遠征」(本当は毎週のように足を運びたいのだが、先立つものが…(><)○倍のバカヤロー!!)の際、ふと立ち寄った本屋で見かけた数学本。パラパラめくってみると、およそ数学者とは思えない柔らかな思考と文体に夢中になり、立ち読みから5分足らずで購入を即決。文体が柔らかいのも当然、かれはもともと文系学部を志望していたが、尊敬できる数学の師匠に出会ったらしく、大学は数学科で幾何学を専攻していたという経歴の持ち主だそうだ。彼の文章を読むと「数学も文化である」ということを実感する。この本には、小難しい「数式」という概念が全く出てこない。それどころか折に触れ「数学の歴史」という概念が出てくるため、理系及び数学アレルギーを持っている読者でも、すんなりと理解できること請け合いである。日本古来の数学を「和算」、日本の学校教育で展開されている算数・数学を「近代(西洋)数学」と定義する著者の思考が、今後どのような展開を遂げるのか興味深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/15 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/14 09:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/23 20:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/08 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/06 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/09 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/22 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/29 17:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/03 07:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/13 00:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/21 20:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。