サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 小学館の通販
  6. 下町ロケット 2 ガウディ計画の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

下町ロケット 2 ガウディ計画

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 318件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/11/05
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:19cm/371p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-386429-9

紙の本

下町ロケット 2 ガウディ計画

著者 池井戸 潤 (著)

ロケットから人体へ―佃製作所の新たな挑戦!前作から5年。ふたたび日本に夢と希望と勇気をもたらすエンターテインメント長編!!【「BOOK」データベースの商品解説】ロケットの...

もっと見る

下町ロケット 2 ガウディ計画

1,620(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ロケットから人体へ―佃製作所の新たな挑戦!前作から5年。ふたたび日本に夢と希望と勇気をもたらすエンターテインメント長編!!【「BOOK」データベースの商品解説】

ロケットのエンジン部品開発で倒産の危機を切り抜けてから数年。町工場・佃製作所は、またしてもピンチに陥っていた。そんな時、多くの心臓病患者を救う医療機器「ガウディ」の開発依頼が持ち込まれ…。【「TRC MARC」の商品解説】

直木賞受賞作に待望の続編登場!

その部品があるから救われる命がある。
ロケットから人体へ――。佃製作所の新たな挑戦!

ロケットエンジンのバルブシステムの開発により、倒産の危機を切り抜けてから数年――。大田区の町工場・佃製作所は、またしてもピンチに陥っていた。
量産を約束したはずの取引は試作品段階で打ち切られ、ロケットエンジンの開発では、NASA出身の社長が率いるライバル企業とのコンペの話が持ち上がる。
そんな時、社長・佃航平の元にかつての部下から、ある医療機器の開発依頼が持ち込まれた。「ガウディ」と呼ばれるその医療機器が完成すれば、多くの心臓病患者を救うことができるという。しかし、実用化まで長い時間と多大なコストを要する医療機器の開発は、中小企業である佃製作所にとってあまりにもリスクが大きい。苦悩の末に佃が出した決断は・・・・・・。
医療界に蔓延る様々な問題点や、地位や名誉に群がる者たちの妨害が立ち塞がるなか、佃製作所の新たな挑戦が始まった。

日本中に夢と希望と勇気をもたらし、直木賞も受賞した前作から5年。
遂に待望の続編登場!
【商品解説】

著者紹介

池井戸 潤

略歴
〈池井戸潤〉1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。「果つる底なき」で江戸川乱歩賞、「鉄の骨」で吉川英治文学新人賞、「下町ロケット」で直木賞を受賞。ほかの作品に「空飛ぶタイヤ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー318件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

殿村部長

2015/11/22 15:28

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earthbound - この投稿者のレビュー一覧を見る

本当の主役は殿村部長です。
銀行から出向してきた経理部長が、銀行の席を蹴ってまで佃製作所に尽くすところが泣けます。
殿村部長は会社のことを理解しようと凄く努力をされます。
生え抜きの経理部長でも「私は経理ですので、製品のことはわかりません。」とか「営業のことは営業で解決してください。」とかいう『可愛い』経理マンが多い中、殿村部長は凄いです。
佃製作所が夢を追うには殿村部長無くてはあり得ません。かつて本田技研が本田・藤澤の二枚看板だったことと重ね合わせてしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とにかく面白い

2015/11/14 22:32

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はる - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらず池井戸氏の作品は面白い。もちろんハッピーエンドということは毎度の作品を読む中でそうだろうと予想がつく。だが、それに至るまでの描き方がどの作品でも上手い。もちろんこの作品でもである。ぜひ読むべきである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

二匹目もいた

2015/11/22 09:40

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ロケットの次は人工心臓。佃製作所を舞台に直木賞を獲った池井戸氏が、第二作を書き下ろした。二匹目のどじょうほど難しいものはない筈だが、この人は軽いタッチながら見事に仕上げてしまう。プロの筆力である。もともと、大銀行に勤めながら銀行に批判的、また、中小企業に思いやりが深いのも、バンカーとして、その思い上がりをつぶさに見てきたからか。そうした視点が、ある意味の勧善懲悪として、池井戸作品を支えている。ラストの佃社長の台詞「仕事から夢がなくなってしまったら、ただの金儲け」。これが池井戸氏のポリシーか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ドラマ化もされた池井戸潤の人気作の第2弾

2018/08/02 11:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

阿部寛&吉川晃司でドラマ化された『下町ロケット』の続編、ガウディ計画編がいよいよ文庫化!佃製作所の熱いパワーをぜひ体感して下さい。『下町ロケット ガウディ計画』は、直木賞受賞作『下町ロケット』の続編として、2015年11月に発売。TVドラマ放送真っ只中での原作小説発売という前例のない刊行形態は大きな反響を呼び、ドラマも最高視聴率22.3%を記録する大ヒットとなりました。ドラマは見たけれど原作は読んでいない。そんな方は、文庫化されるこの機会に是非お読みください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

正義は勝つ!!

2015/11/15 21:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんでぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

データ偽装で企業倫理が問われている昨今、とてもタイムリーな作品です。佃製作所のモノつくりの誠実で真摯態度に感動致しました。逆転に次ぐ逆転のシナリオも前作に引き続き楽しく読めました。佃品質、佃プライド。正義は勝つです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

安定の面白さ

2015/11/14 16:50

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bin - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビドラマの先が気になって、我慢しきれず購入!

その日の晩には読み終る。
読み終わった後は、心地よい興奮で寝れなくなる(笑)

『正義は我にあり!』だから、佃製作所のハッピーエンドって分かっていても、ハラハラドキドキ。
細かい突っ込みどころがあっても気にならならない。話にグイグイ引き込まれました。

読み終わったけど、ドラマも楽しみ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白い!

2015/11/12 14:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ASAGI - この投稿者のレビュー一覧を見る

ロケットから人体へ……小さな町工場が未知の新事業に乗り出す覚悟と苦労のお話。面白かった!
中小企業だからこそ誠実でひたむきで真摯に完璧を突き詰める……困難であればあるだけ助け合いアイディアを出し合って高め合う……綺麗事のようでも金儲け以上にその開発を待ち望む人達のために全てのスキルを結集し全力で頑張る職人魂に涙!達成感のあるもの作りって素晴らしい!
夢を諦めない佃製作所、こんな会社で働けたらホント人生退屈しないだろう(笑)
読了日に国産旅客機MRJが飛んだ!日本の町工場のリアルな底力を心から応援したいと想う。
ただ、ラストの日本クラインのコアハートへの逆襲は物語的には爽快だったが、人工心臓を待ち望む人が多くいる事に変わりはないので、佃製作所にあのバルブを作れる技術が有るのならば作って欲しかったと個人的には思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

池井戸潤のは複雑で面白い

2018/07/24 11:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桃太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもドキドキしながら読み始めたら一気に。
仕事の取り合いの醜さ佃社長の余裕さ。これって初めの下町ロケットを読んでないと
だめよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

今作も楽しめました

2017/11/17 23:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本都ユーザー - この投稿者のレビュー一覧を見る

敵役が見事にイヤな連中ばかりで、それだけに読了後の爽快感が心地よいです。
クライマックスで相手方の自滅に助けられたという面はモヤモヤするものもありますが、自分たちのやれることを精いっぱいやるだけという潔さは読んでいてとても楽しかったです。
ラストで、横暴な大手メーカーの二人に死刑宣告するところが本当に痛快でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ガンバレ中小企業

2017/11/06 14:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

池井戸さんの本はいつも元気が出る内容で好きです。いつもながらの展開ですが、必ず最後は成功すると安心して読める。テレビ化されましたが、続編がでることを楽しみにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

仕事のありかたについて考えさせられる

2017/10/29 01:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

それにしても佃製作所は毎回難題を抱えるもんだ(笑)
エンジンやロケットのバルブを手掛けてきた下町工場が挑戦するのはこれまでとは畑違いの医療機器。
相変わらず足を引っ張ったり横槍を入れてくる意地悪な輩に四苦八苦しながらも、社員が一丸となって乗り越えていく。
このパターンは前作やその他の池井戸作品と変わらないのに、それでもやっぱり面白いし、読後の爽快感は何とも言えないんだよなぁ。。。
特に今作では、心臓手術の現場での臨場感がスゴい。中盤でたった3ページ描かれているだけだが、そこに一村医師の思い、人工心臓弁に賭ける思いを感じ、胸が熱くなる。
(↑この医師の役にせめて沢村一樹さんあたりが演じてくれればドラマもグッと引き締まったものになったかもしれないけど( ;∀;))

前作でもそうだったが、今作でも、会社の在り方、仕事とは何か?改めて考える良い機会になった。
社員を一から育て苦楽を共有しようとする佃製作所に対し、社員は元々能のある者を引き抜き採用してきて仕事は能力主義個人主義的なサヤマ製作所。最近では後者のような会社が増えてきているのだろうか。
私は出産を機に一度退社し、在宅で仕事を請け負い7年後、復職した。いろんな働き方をしてきた。7年前はどちらかというと佃製作所寄りだったわが社だったが、いざ復職してみると随分と社内の雰囲気が変わり、若干だがサヤマ寄りの社風になっていることに少しとまどいを感じた。7年という時間はあまりにも長すぎた。時代の流れといえ、やっぱり一抹の寂しさを感じてしまう。
(能力主義な在宅での仕事についても思うところはいろいろあるが、ブックレビューの本筋から外れてしまうので省略します(笑))
今の自分の仕事は、何のために?誰のために?やりがいはあるのか?夢を持てるのか?いろいろ言い出したらキリがないけど、とにかく今はこの仕事に満足しているし、誇りを持っている。
最後はすっかり私事になってしまいました。失礼しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

壮絶なガウディ計画は果たして成功するのか!

2017/04/13 11:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、近年数々の名作を世に供給してくれている池井戸潤氏の作品です。直木賞を受賞した『下町ロケット』の続編という位置づけで、左書の企業間の駆け引き、信頼関係、直向きな職人魂などの下地が引き継がれていることはもちろんですが、本書は左書にはなかった「人の命の大切さ」というまた一味違ったコンセプトが埋め込まれ、絶妙なストーリーとして展開していきます。もちろん池井戸氏の筆致はいうまでもなく読者を惹きつけて離しません。ぜひ、お勧めの一冊です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

下町ロケットおもしろい

2016/11/29 20:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンタン - この投稿者のレビュー一覧を見る

下町ロケットが面白かったので読んでみました。
期待を裏切らない面白さ!
次回作も期待しています。なかなか出ませんね・・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すかーーっと、痛快!

2016/04/10 17:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ダイア - この投稿者のレビュー一覧を見る

今作も期待どおり!
佃製作所はいつも危機に面するけど、社長はじめ、社員達の団結で一つずつ問題を解決!
読んでてハラハラドキドキだけど、ホント毎回楽しませてもらってます
今作もサヨナラホームランばりに気持ち良かったです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さすが池井戸さん!

2016/03/17 21:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ガンダム - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みはじめると止まりません。さすが池井戸さんですね。次から次へと新たな展開とハラハラドキドキの
連続というか。私はドラマをみていなかったので余計にストーリーが
面白かったです。勿論お薦めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む