サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

好評につき期間延長!2019年版カレンダー ポイントキャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

部分的つながり
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/10/30
  • 出版社: 水声社
  • サイズ:20cm/349p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8010-0135-0
  • 国内送料無料

紙の本

部分的つながり (〈叢書〉人類学の転回)

著者 マリリン・ストラザーン (著),大杉 高司 (訳),浜田 明範 (訳),田口 陽子 (訳),丹羽 充 (訳),里見 龍樹 (訳)

今日もっとも大きな影響力をもつ人類学者の理論的主著。メラネシアのイニシエーション儀礼、カヌー、笛などの事例をもとに、私たちが自明視する人・事物・自然の対立に揺さぶりをかけ...

もっと見る

部分的つながり (〈叢書〉人類学の転回)

3,240(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

今日もっとも大きな影響力をもつ人類学者の理論的主著。メラネシアのイニシエーション儀礼、カヌー、笛などの事例をもとに、私たちが自明視する人・事物・自然の対立に揺さぶりをかける。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

マリリン・ストラザーン

略歴
〈マリリン・ストラザーン〉ケンブリッジ大学名誉教授。社会人類学者。主な研究分野はパプアニューギニア研究、英国新生殖医療研究。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

翻訳者の方々に感謝。内容は、民族誌批判と存在論的転回の結節点?

2017/09/24 19:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:勉強中 - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容自体は非常に複雑なので簡単にレビューが書けませんが、とりあえず訳が良いということだけは書かせていただきたいと思います。
本書の原文と突き合わせたわけではありませんが、The Gender of the Giftの原文を読んだことがある経験に照らせば、ここまで分かりやすい日本語訳になっていることは驚きでした。また訳注も非常に丁寧で、読者のためのガイドのようになっています。訳者の方々に感謝したいと思います。

あえて内容について触れるとすれば…。
原文が書かれたのは1991年で、「文化を書く」を中心とした民族誌批判の直後です。本書は、「文化を書く」への直接の応答といえます。事実、タイトルの「部分的つながり」は、「文化を書く」の序章である「部分的真実」という言葉への応答であり、本書の途中でセクション名として2回登場する「人類学を書く」という言葉は「文化を書く」という言葉への応答です。もちろん、単に言葉の対応関係だけでなく本書全体が応答になっています(が、その具体的内容は複雑なのでここでは触れません)。
一方で、その後に人類学の中で広まった「存在論的転回」を念頭に置けば、本書は存在論的転回の一つの理論的支柱になるものです。ものすごくざっくり言えば、ヴィヴェイロス=デ=カストロやラトゥールが描くような存在論的世界を、複数の世界として並置(対置)した場合にどうなるか、ということを考えているのだと思います。
つまり本書は、80年代の民族誌批判を批判的に継承しながら、今日の存在論的転回を準備した一冊、と言えるのではないでしょうか。民族誌批判はしばしば、「一時おおいに盛り上がり、具体的な形で深化することなく過去のものとなった」という形で語られますが、本書は対照的に、民族誌批判を今日の人類学に継承する継ぎ目のような位置付けになっていると感じました。

複雑で難解な内容のため、レビューの正確性は全く保証できません。あくまで一見解としてご容赦いただければ幸いです。(翻訳の良さは保証できます)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/28 17:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

文化人類学 ランキング

文化人類学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。