サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. 慶應義塾大学出版会の通販
  6. ジャーナリズムの国籍 途上国におけるメディアの公共性を問うの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2015/12/15
  • 出版社: 慶應義塾大学出版会
  • サイズ:22cm/256p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-7664-2283-2
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

ジャーナリズムの国籍 途上国におけるメディアの公共性を問う

著者 山本 信人 (監修),慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所 (編),NHK放送文化研究所 (編)

急速に変貌を遂げるメディア状況のなか変質を余儀なくされた、ジャーナリズムの国籍性とメディアの公共性。10の途上国を取りあげ、ジャーナリズムの苦悩と挑戦をえぐり出し、これか...

もっと見る

ジャーナリズムの国籍 途上国におけるメディアの公共性を問う

税込 4,180 38pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

急速に変貌を遂げるメディア状況のなか変質を余儀なくされた、ジャーナリズムの国籍性とメディアの公共性。10の途上国を取りあげ、ジャーナリズムの苦悩と挑戦をえぐり出し、これからのジャーナリズム観・市民観を再考する。【「TRC MARC」の商品解説】

▼闘うジャーナリズムの苦悩と挑戦

グローバル化と新自由主義政策の荒波のなか、
途上国ではメディアは民主主義への道を切り拓くのか?

 21世紀になり、ナショナルなマス・デモクラシーと共存共栄する歴史を歩んできたジャーナリズムとメディアの公共性は、「国民社会」という発信先を失いつつある。通信・情報分野の技術革新を受けて、メディアの伝達する情報、メディア産業・市場、ジャーナリズム自体がグローバル化し「多国籍化」したからである。

 急速に変貌を遂げるメディア状況のなか、ジャーナリズムの国籍性とメディアの公共性は変質を余儀なくされた。本書は10の途上国を取りあげることで、ジャーナリズムの苦悩と挑戦をえぐり出し、これからのわたしたちのジャーナリズム観・市民観を再考する試みである。【商品解説】

アジア・アフリカ等の発展途上国を事例に、グローバル化やSNSの普及により急速に変貌しつつあるジャーナリズムとメディアの公共性を、「民主主義」「統制」「越境」の3つのキーワードから考察する。【本の内容】

目次

  • <b>序 ジャーナリズムの国籍</b>
  •  山本信人
  •  1. 本書の狙い / 2. 本書の構成 / 3. 本書の成り立ち
  •   <b>第Ⅰ部 ジャーナリズムと民主主義</b>
  • <b>1 フィリピン ―― 権利擁護とフォトジャーナリズム</b>
  •  ヴァイオレット・B・ヴァルデス
  •  はじめに ―― 民主主義の確立に向けたPSMの役割 / 1. 報道の自由
  •  2.0プロジェクト ―― パートナーシップの構築 / 2. フィリピン・プ

収録作品一覧

フィリピン ヴァイオレット・B.ヴァルデス 著 3−19
台湾 劉昌徳 著 21−40
香港 山田賢一 著 41−69

著者紹介

山本 信人

略歴
山本 信人
慶應義塾大学法学部教授、同メディア・コミュニケーション研究所長
1963年生まれ。コーネル大学大学院政治学研究科博士課程修了。政治学博士。専門は東南アジア地域研究、国際関係論。
主要業績に、『三つの旗のもとに』(翻訳、B・アンダーソン著、NTT出版、2012年)、『東南アジアからの問いかけ』(編著、慶應義塾大学出版会、2009年)、『イメージの中の日本―ソフト・パワー再考』(共編著、慶應義塾大学出版会、2008年)、『メディア・ナショナリズムのゆくえ―「日中摩擦」を検証する』(共編著、朝日新聞社、2006年)、ほか多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。