サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. 心やすらぐ仏像なぞり描き ペン一本でいやされてリラックスできる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

心やすらぐ仏像なぞり描き ペン一本でいやされてリラックスできる
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/11/10
  • 出版社: 池田書店
  • サイズ:26cm/95p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-262-14547-1
  • 国内送料無料

紙の本

心やすらぐ仏像なぞり描き ペン一本でいやされてリラックスできる

著者 田中 ひろみ (著)

書き込み式。【「TRC MARC」の商品解説】仏の姿をうつす「写仏」は、写経と同じように、高い功徳を積むことができるといわれており、写仏は現在若い女性にも注目され、お寺で...

もっと見る

心やすらぐ仏像なぞり描き ペン一本でいやされてリラックスできる

1,080(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

書き込み式。【「TRC MARC」の商品解説】

仏の姿をうつす「写仏」は、写経と同じように、高い功徳を積むことができるといわれており、写仏は現在若い女性にも注目され、お寺での写仏体験への申し込み増加だけでなく、通信教育の講座も人気を博しています。「癒される・ストレス解消につながる」という点から、近年は塗り絵などと同じように趣味として楽しむ人が増加しました。本書は線をなぞるだけなので、絵の巧拙にかかわらず、達成感が得られることも特長です。
本書の仏様は、仏様のイラストを多く手掛ける田中ひろみさんによるもの。日本全国の有名な仏様・ユニークな仏様をセレクトし、なぞり描きの楽しみをより深いものにしています。なぞり描きのそばには充実した解説コーナーを設け、仏像への興味をより深くすることができる構成になっています。【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 目次
  • 仏像の基礎知識
  • さあ、写仏をはじめよう!
  • おわりに

著者紹介

田中 ひろみ

略歴
イラストレーター・文筆家。広告、雑誌、書籍で活躍中。歴史に造詣が深く、カルチャーセンターで講座を開くほか、バスツアーのガイドとして史跡めぐりも行う。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

とにかく癒されます

2016/07/21 22:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シンガプーラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

心を落ち着けたい時になぞってます。
写経や筆文字トレーニングとは違う優しい気持ちで臨めます。
慣れるまではなかなか線に沿えませんが、それもまた一興。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やめられない止まらない♪

2016/11/17 21:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:伊織 - この投稿者のレビュー一覧を見る

友達といっしょに購入したが暫らく放置。暫らくして友から『宝冠弥勒菩薩様だよ~ん!』と写メが。いかん!遅れをとったと慌ててなぞり始めたら…なぞり終えるとグワっと仏像が浮き出てくるるような感じがしてやめれなくなった。
苦手な筆ペンで始めたが『筆ペンでは無理やで~』と言う友からのメールに何が何でもと続け一冊終了。プルプル震えた線、ぶにゅっと太くなった線、はみ出た線、それはそれで味があって楽しい仏像本になった。
p8,p9の帝釈天、千手観音菩薩の写真が紙質の割には細部まで見ることができなおかつカラーでとても参考になる。ただ虚空蔵菩薩さまが無かったのが残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

仏像 ランキング

仏像のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む