サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

寺田寅彦 科学者とあたま
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/12/14
  • 出版社: 平凡社
  • サイズ:19cm/219p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-53151-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

寺田寅彦 科学者とあたま (STANDARD BOOKS)

著者 寺田 寅彦 (著)

科学は不思議を生み出すものである―「ほんものの知性」が綴る森羅万象のすがた。【「BOOK」データベースの商品解説】科学的精神と芸術的センスが融合した珠玉の随筆を生んだ寺田...

もっと見る

寺田寅彦 科学者とあたま (STANDARD BOOKS)

1,512(税込)

寺田寅彦 科学者とあたま

1,210 (税込)

寺田寅彦 科学者とあたま

ポイント :11pt / 紙の本より302おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

科学は不思議を生み出すものである―「ほんものの知性」が綴る森羅万象のすがた。【「BOOK」データベースの商品解説】

科学的精神と芸術的センスが融合した珠玉の随筆を生んだ寺田寅彦。「科学者とあたま」「読書の今昔」「物売りの声」など、“ほんものの知性”が綴った随筆を収録。寺田寅彦をもっと知るためのブックガイドも掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

寺田 寅彦

略歴
〈寺田寅彦〉1878〜1935年。東京市生まれ。物理学者、随筆家、俳人、東京帝国大学教授。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

珠玉「団栗」

2016/08/20 18:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:親譲りの無鉄砲 - この投稿者のレビュー一覧を見る

寺田寅彦は旧制五高(熊本)在学中、英語教師だった夏目漱石と出会い、漱石の生涯にわたって、師弟としての付き合いを結ぶことになった。その交流は、漱石の「吾輩は猫である」に登場する、寅彦がモデルであるといわれる物理学者・水島寒月にまつわるエピソード等として垣間見ることができる。そういうわけで、本随筆集の中には、漱石の「吾輩は猫である」を連載していた「ホトトギス」に掲載されたものもある。本書収録の「団栗」も明治38年4月に同誌に載った。寅彦27歳の作品である。漱石はこれを「ちょっと面白く」と褒めたということだ。本作についてのみいえば、随筆というより小説といった方がよいだろう。
 寅彦は、五高生だった18歳の時に、陸軍少将の娘、坂井夏子と結婚した。夏子はこの時14歳だった。しかし夏子はまもなく肺を病んで、19歳の若さで没した。二人の間には貞子と名付けられた忘れ形見が生まれたが、寅彦の実家に引き取られ、夏子はわが子を自分の手で育てることもできなかった。「団栗」には露わには書いていないが、二人で(小石川)植物園を訪れたのは、夏子が東京を離れ、高知で療養生活を送る直前のことで、夫婦の思い出づくりの為だったともいわれる。実際に東京で結婚生活を始めたのは、寅彦が帝大生になってからのことで、それまでは、行儀作法を習い家風に親しむため、夫の実家のある高知で別居生活を送った。だから夫婦としての時間を過ごしたのは1年に満たなかったのだ。このとき、夏子は5か月の身重だった。「団栗」には、30歳ぐらいの若い母親が植物園の池の東屋で男女の小さな子供を遊ばせているのをみた夏子が、「あんな女の子が欲しいわねえ」というシーンがあるが、その後の夏子の運命の儚さを思うと、何とも物悲しい。それから何年かして、寅彦は娘(本作ではみつ坊と呼んでいる)と植物園に遊びに来るのだが、亡き妻と同じように無邪気に団栗拾いに興じるその姿を見て、他のことなら何でも娘が亡き妻に似るのはかまわないが、薄幸だった妻の「運命」だけは娘に味わわせたくない、と思うところで、「団栗」は終わる。漱石は、その余情を「面白い」と表現した。
 本書収録の随筆には、漱石が読んでいたであろうものは、残念ながら他にはない。寅彦38歳の時に漱石が亡くなっているからである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/25 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/21 19:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/10 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/19 20:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/03 09:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/05 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/01 01:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/28 09:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

作家エッセイ ランキング

作家エッセイのランキングをご紹介します一覧を見る