サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

そして、星の輝く夜がくる(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/12/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/305p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-293044-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

そして、星の輝く夜がくる (講談社文庫)

著者 真山 仁 (著)

東日本大震災の爪痕が生々しく残る東北地方の小学校に、神戸から赴任した応援教師・小野寺徹平。かつて阪神・淡路大震災を経験した彼は、心に傷を負った子どもたち、父兄たちとの“本...

もっと見る

そして、星の輝く夜がくる (講談社文庫)

713(税込)

そして、星の輝く夜がくる

713 (税込)

そして、星の輝く夜がくる

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.4MB 無制限
Android EPUB 5.4MB 無制限
Win EPUB 5.4MB 無制限
Mac EPUB 5.4MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東日本大震災の爪痕が生々しく残る東北地方の小学校に、神戸から赴任した応援教師・小野寺徹平。かつて阪神・淡路大震災を経験した彼は、心に傷を負った子どもたち、父兄たちとの“本音の交流”を通して、被災地が抱える問題と向き合っていく。「ハゲタカ」シリーズの真山仁が挑んだ、渾身の震災文学。【「BOOK」データベースの商品解説】

神戸から、東日本大震災の被災地にある遠間第一小学校に赴任した応援教師・小野寺徹平。彼は児童たちとの交流の中で、被災地が抱える問題と向き合っていく…。混乱から未来へと向かう生命の輝きを描く、連作短編集。【「TRC MARC」の商品解説】

東日本大震災の爪痕が生々しく残る東北地方の小学校に、神戸から赴任した応援教師・小野寺徹平。かつて阪神・淡路大震災を経験した彼は、心に傷を負った子どもたち、父兄たちとの”本音の交流”を通して、被災地が抱える問題と向き合っていく。「ハゲタカ」シリーズの真山仁が挑んだ、渾身の震災文学。【商品解説】

目次

  • わがんね新聞
  • ”ゲンパツ”が来た!
  • 「さくら」
  • 小さな親切、大きな……
  • 忘れないで
  • てんでんこ
  • 解説 末國善己

収録作品一覧

わがんね新聞 7−48
“ゲンパツ”が来た! 49−96
さくら 97−147

著者紹介

真山 仁

略歴
1962年、大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。読売新聞記者を経て、フリーランスとして独立。2004年、熾烈な企業買収の世界を赤裸々に描いた『ハゲタカ』(講談社文庫)でデビュー。「ハゲタカ」シリーズのほか、『売国』(文藝春秋)、『虚像の砦』(講談社文庫)、『コラプティオ』(文春文庫)、『マグマ』(角川文庫)、『ベイジン』(幻冬舎文庫)、『黙示』『プライド』(いずれも新潮文庫)がある。また、本書や『雨に泣いてる』(幻冬舎)といった東日本大震災を題材とした作品も著している。最新刊は”日本最強の当選請負人”を描いた意欲作『当確師』(中央公論新社)。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

なんと、一気に完読!!

2017/04/02 17:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうと - この投稿者のレビュー一覧を見る

真山さんの大ファン。でも、震災当事者である私は、この本のみ読むことを拒否していました。よそからの人が何を書いても…という思いがありました。ところが、ベイジンの電子書籍、文庫版あとがきにかえて。「逆風からの追い風へ」を読み、2010年3月震災前なのに地球温暖化を救うのは原子力発電と言う世界中の流れに危惧していることに感銘を受けました。その後、震災が発生したわけで、真山さんは福島の震災を、どのように思ったのだろうか?どのよう書くのだろうか?。知りたいと思いました。「そして、星の輝く夜がくる」を読みはじめたら、一気に完読。関西人である私は、阪神の震災も知っています。報道に対する思い、ボランティアのむずかしさ。風評当事者の家族の苦しみ。立場が変われば、見えてくるものが違ってくる。主人公の先生の真っ直ぐな体当たりが、関西人の温かさとともに、東北にない風を吹き込んでいるようで真山さんにしか書けない震災であったと思いました。出会えて良かった本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

一気読みオススメ

2016/07/08 22:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美恵子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ぜひ一気読みして下さい。そして、余韻に浸りながら星空を眺めましょう。その後ゆっくり読み返すのが、ベストです。「わがんね新聞」に出て来る素直な言葉が心にしみ込みます。重い内容なのにこんなにも軽やかに読ませてくれる素晴らしい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

積んどいたのが悔やまれます

2016/06/13 10:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:パパゲーナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ずいぶん前に買っていたのですが、なかなか読み始められなかったです。ようやくと読み始めたら終わりまで一気に読み終えてしまいました。もっと早くから読めばよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

フェアな作品

2016/10/02 22:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

手にした本の帯に「震災文学」とわざわざ銘打っているので、余計な先入観を持たざるを得ず購入後1年近く手付かずでした。
このような表現がふさわしいのかわかりませんが、フェアな立ち位置の作品だと思いました。
感情に無暗に訴えず、事実として近いことがあっただろう事を必ず最低2つ以上の側面から描いている点が、私にはフェアだと感じられたのです。
震災という被災者となった人々にとっての最悪の不幸を題材にものを書く時点で、必ず批判的な評価も受けるであろうと予想される中で、それでも書くことにした思いが伝わってくる作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/06/02 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/07 18:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/18 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/16 19:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/25 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/29 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/05 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/27 07:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/08 19:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/12 16:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/10 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る