サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

孫と私の小さな歴史
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/01/08
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:19cm/197p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390387-3

紙の本

孫と私の小さな歴史

著者 佐藤 愛子 (著)

女流文学の大家・佐藤愛子が、孫・桃子との扮装姿で送り続けた年賀状。トトロにコギャル、はては生首、葬式まで、大評判の秘蔵写真を公開する。「本当は嫌だった」孫の激白、20年分...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

女流文学の大家・佐藤愛子が、孫・桃子との扮装姿で送り続けた年賀状。トトロにコギャル、はては生首、葬式まで、大評判の秘蔵写真を公開する。「本当は嫌だった」孫の激白、20年分の撮影秘話も収録。〔「孫と私のケッタイな年賀状」(文春文庫 2019年刊)に改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

初孫・桃子の誕生以来、ごく親しい友人だけに送り続けた2ショット年賀状。
トトロやコギャル、はては生首まで登場する扮装は驚愕、爆笑を誘い、ついに伝説になった――。

20年に及ぶ「理由なき暴走」を単行本全収録。祖母・母・孫3代座談会で明かされる年賀状作成秘話、理不尽に耐えた孫の激白、書き下ろしエッセイ、かつて書いた孫の成長記録など、ファン待望の永久保存版です。【商品解説】

著者紹介

佐藤 愛子

略歴
〈佐藤愛子〉大正12年大阪生まれ。甲南高等女学校卒業。「戦いすんで日が暮れて」で直木賞、「幸福の絵」で女流文学賞、「血脈」で菊池寛賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

どこまでも面白い

2018/08/16 19:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

孫と一緒にコスプレして年賀状を送る。
それも、年始にはふさわしくないコスプレもあり、なんともおかしい。
お孫さんは女の子なのに、おばあさんと一緒に20年一緒に共演されたとは、奨励賞をあげたい。
佐藤愛子さんが88歳までなさったとは、文章のみならず、やっぱり楽しい方なのだと、久しぶりに笑った!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

親に勧めるために買ったけど

2016/03/08 17:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もるたん♪ - この投稿者のレビュー一覧を見る

3歳の息子に知育玩具や、「ためになる」絵本ばかり買い与える私の両親。
彼らに、息子ともう少し肩の力を抜いたかかわり方をしてほしかった。
新聞の広告で本書をみて「これだ!!」ついに購入しました。
あの愛子先生も、かわいい孫のリクエストに応えてコスプレして年賀状をとることにしました。孫の成長をみんなに見てほしいもんね。・・といった話かと思ったら、愛子先生が何に仮装するか、どうポーズをとるか、等すべてを采配していたとは(私は何になるかぐらいはお孫さんが決めてるのかと思ってました。表紙トトロだし)
孫の成長の歴史というより、「佐藤愛子」の成長の歴史になっているのも、ミソ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/06/10 11:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/13 14:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/18 09:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/19 09:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/05 15:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/29 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/21 15:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

作家エッセイ ランキング

作家エッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。