サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. 140Bの通販
  6. 誰が「橋下徹」をつくったか 大阪都構想とメディアの迷走の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/11/13
  • 出版社: 140B
  • サイズ:19cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-903993-23-2

紙の本

誰が「橋下徹」をつくったか 大阪都構想とメディアの迷走

著者 松本 創 (著)

強権と弁舌を振りかざし、メディアを思うまま操る“テレビ政治家”は、どのようにして生まれてきたのか。大阪を覆い尽くす異様な空気の正体を、橋下府政・市政8年間のメディア状況か...

もっと見る

誰が「橋下徹」をつくったか 大阪都構想とメディアの迷走

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

強権と弁舌を振りかざし、メディアを思うまま操る“テレビ政治家”は、どのようにして生まれてきたのか。大阪を覆い尽くす異様な空気の正体を、橋下府政・市政8年間のメディア状況から検証する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

松本 創

略歴
〈松本創〉1970年大阪府生まれ。神戸新聞記者を経て、フリーランスのライター・編集者。著書に「日本人のひたむきな生き方」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

メディアの問題点を内側からあぶり出す、今こそ読まれるべき一冊

2020/04/30 19:12

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:昏倒遊民 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大阪府知事として政界に進出して以来、橋下徹の発言はたびたび物議を醸してきが、とりわけ「批判したければ選挙に出てから言え」という趣旨の発言を再三にわたって聞かされた時には、これは常軌を逸しているな、と思った。橋下の論理に従うなら、世の中の圧倒的大多数の人々は政治を批判できなくなってしまうではないか。要は選挙で選ばれた政治家サマ(つまり橋下)に素人ごときが逆らうことは許さん、とあからさまに言い放ったわけで、論外としかようがない。
本来であればメディアが橋下を徹底的に批判し、責任を問うのが筋のはずだ。だが、他の政治家が相手なら単なる漢字の読み間違いのようなしょうもないことまで取り上げて非難するメディアが、橋下に対してはやたらと弱腰で、ろくに追及することもなかった。結局、橋下はその後も放言・暴言の限りを尽くし、2015年の通称「大阪都構想」住民投票否決を受けて自ら「政界引退」するまで、権力の座に居座り続けた。元々メディアに多くを期待していたわけではないが、それにしたってもう少し批判精神を持つべきだろう、とさすがに暗澹たる気持ちになってしまった。

メディアが橋下という権力者に対する監視機能を放棄したのは一体なぜなのか。本書は橋下とメディアとのいびつな関係を明らかにし、様々な角度からメディア迷走の要因を考察する。著者の分析結果は多岐にわたる。迎合、忖度、屈服、事なかれ主義…。全編を通して非常に興味深く拝読したが、状況の深刻さが伝わる内容だけに、本書で挙げられているような根深い問題の数々が即座に解決できるとも思えず、読後いっそう憂鬱になってしまった。中でも特に考えさせられたのが、テレビ局の社員には自分の能力で競争を勝ち抜いてきたという勝ち組意識の強い者が多く、社会的弱者の切り捨て、自己責任論、新自由主義的思想といった橋下的な考えとの共振性が高い、と在阪局のディレクターが述べるくだりだ(p.232)。もしそれが真実なら、橋下が政界を去っても、テレビと第二の橋下的な人物が手を携えて、再び私たちの前に登場しかねない、ということになってしまうのだから。

さて、このレビューを書いている2020年4月現在、橋下の後継者である大阪府知事・吉村洋文が、新型コロナウイルス対応で大阪のみならず全国的に評価され始めている。在阪局を中心にテレビ出演を繰り返して主張を発信し続ける吉村の姿に、あたかも応援団と化しているメディアやコメンテーターすら見受けられる。だが国家的危機において「強いリーダーシップ」を求める民意が強権的な独裁者を生む恐れがあることは、歴史の教訓が示すとおりだ。本書が発売されて四年半近く経つが、メディアの内情を理解するために、また日々の報道に私たちが流されないようするために、今こそ読むべき一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ジャーナリストとは

2016/01/31 19:18

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bookman - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の松本さんは、ジャーナリストですが、橋下前市長の記者会見に出ていた記者は、サラリーマンです。だから、こんなぬるい会見をするのです。橋下前市長の広報に過ぎない。広報ならば、大阪市便りがあれば十分です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もの言えば寒し

2016/04/03 10:50

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

文中に出てくる、戦前もこういう雰囲気だったんだろうなあ、という感想がとても印象的でした。「橋下関連記事には慎重に」という社幹部の繰り言が思い出されます。「ふつう」のサラリーマンばかりとなった、今のマスコミに国や社会の暴走にブレーキをかける力は期待できないと、業界にいながら感じてしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/23 10:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/08 18:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/21 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/11 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/09 11:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/11 08:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/20 16:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/25 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/26 09:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/22 12:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/19 19:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/02 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。