サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 菌世界紀行 誰も知らないきのこを追って

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

菌世界紀行 誰も知らないきのこを追って(岩波科学ライブラリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/12/04
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波科学ライブラリー
  • サイズ:19cm/132,3p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-029645-8
  • 国内送料無料

紙の本

菌世界紀行 誰も知らないきのこを追って (岩波科学ライブラリー)

著者 星野 保 (著)

【斎藤茂太賞(第1回)】北極、南極、そしてシベリア。大の男が這いつくばって、世界中の寒冷地にきのこを探し…。雪や氷の下でしたたかに生きる菌たちの生態とともに綴る、爆笑・苦...

もっと見る

菌世界紀行 誰も知らないきのこを追って (岩波科学ライブラリー)

1,404(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【斎藤茂太賞(第1回)】北極、南極、そしてシベリア。大の男が這いつくばって、世界中の寒冷地にきのこを探し…。雪や氷の下でしたたかに生きる菌たちの生態とともに綴る、爆笑・苦笑・失笑必至のとっておき〈菌道中〉。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

星野 保

略歴
〈星野保〉1964年東京都生まれ。名古屋大学大学院農学研究科博士課程満期退学。博士(農学)。産業技術総合研究所機能化学研究部門バイオ変換グループ長。専門は菌類。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

研究者の、「論文には書けない」体験旅行記。

2016/02/23 20:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

雪腐菌というあまり知られていない菌の研究者が、試料を探す旅での様子を書きつづる。この菌そのものが厳寒でも増えるという特徴的な性質をもっていて「面白い=興味をそそる」生き物であるのだが、それを研究するための研究者の体験も「面白い=奇想天外」なところがある。

著者も書いているが、判明した菌については論文にまとめられるけれども、そこに至る体験の部分は載せられることがない。生き物を研究する際に味わった、そういう「主観的に面白い」部分をまとめたのが本書なのだそうだ。意外な形での野生動物との遭遇、寒い地域ではよくある「強い酒を浴びるほど飲む」ことで起こる状況などなど。「なんとか一人旅」の冒険旅行記のような話が次々と出てくる。

もちろん「科学ライブラリー」に収まるのだから、菌の話もきちんと入っている。しかしおおよそは「野外採集でこんな目にあった」とか「こんな研究者と会って貴重な体験をした」などという話。挿絵も著者の「味のある手描き」である。地図なども挿絵装飾入りのなかなか綺麗なものなのだが、地図というよりはやはり挿絵=装飾だろう。

興味深い菌を知ることができる、と思って読むとなかなか期待に添わないかもしれない。読んでいてわかったのは「著者は話好き」なのだろうということ。研究の話でも、こういう「びっくり話」でも熱が入る。

多分好き嫌いがはっきり出る本ではないかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/06/29 00:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/26 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/27 10:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/18 10:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/11 08:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/10 12:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/20 13:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/14 15:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/30 07:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/11 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/27 10:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る