サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. コーヒーが冷めないうちに

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

コーヒーが冷めないうちに
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 206件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/12/05
  • 出版社: サンマーク出版
  • サイズ:19cm/348p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7631-3507-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

コーヒーが冷めないうちに

著者 川口 俊和 (著)

お願いします、あの日に戻らせてください―。「ここに来れば、過去に戻れるって、ほんとうですか?」不思議なうわさのある喫茶店フニクリフニクラを訪れた4人の女性たちが紡ぐ、家族...

もっと見る

コーヒーが冷めないうちに

1,404(税込)

コーヒーが冷めないうちに

1,080 (税込)

コーヒーが冷めないうちに

ポイント :10pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

お願いします、あの日に戻らせてください―。「ここに来れば、過去に戻れるって、ほんとうですか?」不思議なうわさのある喫茶店フニクリフニクラを訪れた4人の女性たちが紡ぐ、家族と、愛と、後悔の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

結婚を考えていた彼氏と別れた女、記憶が消えていく男と看護師、家出した姉とよく食べる妹…。過去に戻れる喫茶店「フニクリフニクラ」を訪れた4人の女性たちが紡ぐ、家族と、愛と、後悔の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

恋人 7−90
夫婦 91−175
姉妹 177−265

著者紹介

川口 俊和

略歴
〈川口俊和〉1971年生まれ。大阪府出身。元劇団音速かたつむり脚本家兼演出家。「コーヒーが冷めないうちに」で小説デビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー206件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

感動

2016/08/20 09:37

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人生において何が一番大事なのか考えさせられる内容でした。後悔しないように、毎日目の前のことをこなしていくことがいかに大切か考えさせられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

会いたい人がいます

2017/04/09 10:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:フィン - この投稿者のレビュー一覧を見る

過去に戻れるなら、ぜひ会いたい人がいます。会って、確認したいことがあるのです。
それは、きっと私だけじゃないと思うのです。もう会えなくなっちゃった人に、会って、伝えたいことがあるとか、謝りたいことがあるとか。
そうしたいと思っていたのに、できなくて、あとで後悔してしまう。そういうことのないように、今目の前にいる人たちとの絆を大切にしなくちゃな。。。と思う物語たちでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

涙以上に心温まる

2017/05/31 16:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

コーヒーが冷めないうちに…と思ったわけではないのですが、冷めないうちに一気に読んでしまいました。
元々演出家の作家さんだからでしょうか、会話が自然で読みやすいです。さりげないお節介が少し羨ましかったりする。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

喫茶店でタイムトリップという面白い設定

2017/05/03 21:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイムトリップができる喫茶店という設定が面白いと思いました。そしてタイムトリップしても特定の席から動けない、動くと現在に強制的に戻されるというルールで、SF的タイムトリップとは一味違います。現実は変わらないけれど、人の心の裡は変えられます。そこにスポットを当てた優しい物語だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

良かったです!

2017/03/31 12:11

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふとまきすし - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても泣ける話が5話、どれも凄く面白かったです。
全ての話が最後で繋がり暖かい気持ちになりました。
全ての人に読んでほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

結構こういう系好きだな

2016/02/25 12:10

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:梨奈 - この投稿者のレビュー一覧を見る

4回泣けると言うのに引かれて購入。
確かに良かったが、読みにくい(ん?と思う)所もあり2度ほど、その文を読み直して、あぁ…そう言うことか…!と理解する所もありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スラスラ読めました

2016/08/11 01:20

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読者K - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても読みやすく、アッと言う間に終わってしまいした。
4回泣けるとありますが、泣けませんでした。
泣くには最後の一押しが足りなかったのですが、ゆったりした気持ちになり満足はしています。
本書を購入する際に、ほぼ題名と表紙だけで買ってしまいましたが、良い買い物をした気分です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

暖かい物語

2016/07/15 21:16

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ihitihit - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっと現実離れな設定ではあるが、興味深く読める話。4つの短編からなっているが、全て繋がっているのも面白い。話が前後するので混乱しないようについて行きたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

心が暖まる話でした

2016/02/28 15:37

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KT - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんな喫茶店があったら私も行きたい!と思ってしまいました。
面倒なルールはあるけど、それでも会いたい、伝えたい…
読み終わってジーンときて、また読み返してしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感動した

2017/05/20 15:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

4つの物語からなる作品だが、1つ目はそこまで感動的で無く、「4回涙した」のような感想から期待しすぎたようだと感じたが、読み進めれば進めるほど4回どころでなく涙が溢れて来た。オススメする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素敵な装丁

2017/03/26 01:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルといい、装丁といい、何とは無しに目を引くものがありました。4編の連作になっていてさらりと読め、読後感は悪くないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

4回ではないですが

2016/06/12 16:38

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

3回、泣きました。電車の広告で気になったので買いました。次に続くような伏線が含まれているように思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本って、泣くために読むの?

2017/02/07 16:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:白いカラス - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても良く出来た小説でした。確かに、作家の川口俊和さんは、脚本家ということで、4本の舞台劇を見ている様に、戯曲を読んでいる様に、くるくると女優や俳優が動いているのが見える様に書かれている小説です。ただ、今流行りの泣く小説とは少し違う感じがしました。「ルール」をかみしめながら読んで、なお単純に泣けるだろうか?作家のかけたかった魔法は、最後にかかるか、かからないか?貴方の好きな場所で、ゆっくり読んでください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

軽妙

2017/02/04 15:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どや - この投稿者のレビュー一覧を見る

喫茶店フニクリ・フニクラでは1日に1度だけ数分空く席がある その席に座る者はコーヒーが冷めるまでの間過去に戻れるという  過去に戻っても現実は変わらない では何のために過去に戻るのか 348ページもあるが改行も多くさくっと読める 喫茶店での暇つぶしにもってこい 小説というより脚本のようでテレビドラマや映画に向く印象を受けた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小説家としての将来に期待

2015/12/24 08:21

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りー - この投稿者のレビュー一覧を見る

これを読んで気に入ったという人には宮地昌幸の『さよならアリアドネ』も重ねてオススメしたい。本業が小説家ではない創作者のデビュー作で、色々と決まり事の多いタイムスリップものという、もはやお互い対抗意識でも燃やして作ったんじゃないかというくらい似ている両作。宮地氏の方がややとっ散らかった印象ではあるが小説らしく仕上がっているのに対し、本作は描写や状況説明が過剰で「行間を読ませる」部分が少なく、なるほど脚本家が小説書くとこんな感じなのかもしれないという印象だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する