サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 希望ふたたび 阪神・淡路大震災で逝った息子のただ1通の手紙から

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

希望ふたたび 阪神・淡路大震災で逝った息子のただ1通の手紙から
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/12/07
  • 出版社: 解放出版社
  • サイズ:19cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7592-6769-3
  • 国内送料無料

紙の本

希望ふたたび 阪神・淡路大震災で逝った息子のただ1通の手紙から

著者 加藤 りつこ (著)

大学2年生の息子を阪神・淡路大震災で亡くした母親。茫然自失の日々のなか、息子の残した1通の手紙がマスコミに取り上げられたことで多くの出会いを重ね、生きる望みを取り戻してい...

もっと見る

希望ふたたび 阪神・淡路大震災で逝った息子のただ1通の手紙から

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大学2年生の息子を阪神・淡路大震災で亡くした母親。茫然自失の日々のなか、息子の残した1通の手紙がマスコミに取り上げられたことで多くの出会いを重ね、生きる望みを取り戻していくまでの軌跡を綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

息子(神戸大学法学部2年生、21歳)を震災で亡くしぼう然自失の日々を過ごした著者が、息子の残したただ1通の手紙がマスコミに取り上げられたことでさまざまな出会いを重ね、生きる望みを取り戻していくさまを綴る。【商品解説】

目次

  • まえがき
  • 第一部 加藤貴光の生と死
  • 第一章 誕生から幼児期
  •  生まれてきてくれて、ありがとう
  •  子育ての日々
  •  大の仲良しと幼稚園へ
  • 第二章 小学校から中学校

著者紹介

加藤 りつこ

略歴
 1995年1月17日未明に発生した阪神・淡路大震災で、一人息子(当時神戸大学法学部2年21歳)を亡くす。
 生きる気力を失い、茫然自失の日々をさまようなかで、息子が大学入学時に母親宛てに書いた手紙が、彼の死後マスコミで紹介され全国で反響をよぶ。
 各方面からの依頼で講演活動が始まる。
 また、その手紙と偶然に出合って衝撃を受け手紙に曲をつけた音楽家・奥野勝利さんと2008年に出会い、今では彼と2人のコンサートと語りのジョイントも行っている。
 2012年4月、「広島と福島を結ぶ会」を設立し代表となる。
 東日本大震災で被災した人々や、原発事故で今もなお傷つき苦しみを抱えて生きている福島の方々と交流しながら支援を続けている。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

災害・事故・防災 ランキング

災害・事故・防災のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む