サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. お父さんが教える13歳からの金融入門

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

お父さんが教える13歳からの金融入門
お父さんが教える13歳からの金融入門 お父さんが教える13歳からの金融入門
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2016/07/21
  • 出版社: 日本経済新聞出版社
  • サイズ:19cm/238p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-532-35685-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

お父さんが教える13歳からの金融入門

著者 デヴィッド・ビアンキ (著),関 美和 (訳)

株はどうやって売り買いするの? どこで買ったらいいの? 株式以外にどんな運用方法があるの? アメリカ人のベテラン弁護士が、おカネと投資と株式市場について、13歳の子どもに...

もっと見る

お父さんが教える13歳からの金融入門

1,620(税込)

お父さんが教える 13歳からの金融入門

1,620 (税込)

お父さんが教える 13歳からの金融入門

ポイント :15pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

株はどうやって売り買いするの? どこで買ったらいいの? 株式以外にどんな運用方法があるの? アメリカ人のベテラン弁護士が、おカネと投資と株式市場について、13歳の子どもにもわかるように解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

デヴィッド・ビアンキ

略歴
〈デヴィッド・ビアンキ〉ボストンカレッジ法科大学院修了。フロリダ州マイアミで36年にわたり弁護士を務める。『ベスト・ロイヤーズ』誌によりマイアミ地区の「ロイヤー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.9

評価内訳

電子書籍

大人が読んでもいい

2016/11/28 23:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キートン - この投稿者のレビュー一覧を見る

アメリカの弁護士が13歳の子供にために書き下ろした金融入門書。
子供向けに分かりやすく書かれているのでとても分かりやすい。
日本にはここまで分かりやす金融入門書はあまりないのでとても良い。
バラバラだった知識が統合されました。
意外とちゃんと分かってなかったのが再認識できたので読んで良かった。
子供だけでなく大人にもオススメ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

経済を理解する

2016/08/20 22:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Freiheit - この投稿者のレビュー一覧を見る

経済を理解させることを目的としている本。投資などから始めていない点がよい。中学生や小学校高学年対象で読める。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/03 11:52

投稿元:ブクログ

子供向けのやわらかな語り口&平易な内容でお金や投資に関する基本的な情報を分かりやすく述べている。
当然のことだが、収入の範囲でのしょうひゃ投資の重要性が繰り返し注意喚起されており、身の丈に合った行動はしっかり守りたいと感じさせられた。
16-216

2017/04/07 10:03

投稿元:ブクログ

押し目買い(buy the dips)
「押し目」、つまり株価が安くなるまで待って、買いを入れること。

ブル(bull:強気)相場
ブリッシュに見ている→強気に見ている

ベア(bear:弱気)相場
ex:ベアリッシュだ。しばらく下げが続くだろう

リスクオントレード→トレーダーが、安全で保障された現金や債権から、より高いリターンを求めて株式に乗り換えること。

チャーチスト→今の株価が正しいかどうかを判断しようとする人たち

相場の天井(market top)→株式市場が最高値をつけたとき

ロング(買い待ち)ex:アップルをロング、テスラをロング

ショート(空売り):投資家が株を「ショート」すると言う意味は、持っていない株を売るということだ。

債権(Bond):証券、期日までに返さなくてはいけない。
→高利回り(ハイイールド)債:金利の高い債権、別名ジャンクボンド(junk bond)

借りるより返すほうがだんぜん難しいってことは覚えておいたほうがいい。

債務不履行(デフォルト):お金を返せなくなったこと

直接利息(current interest):都度利息を払う←→経過利息(accrued interest)

複利(conpound interest):利息に利息がつく
1年目 100万×7%
2年目 107万×7%

資産(Assets)
負債(Liabilities)
純資産(Net Worth)

ウォーレン・バレット:オマハの賢人

GDP(Gross Domestic Product):国内総生産

デューデリジェンス(due diligence):投資前の調査過程

「おカネに働いてもらう」には、まずおカネに興味を持ち、どんな運用の選択しがあるのかを知る必要があります。

「おカネに働いてもらう」という選択肢があることを知り、どうしたらそれができるのかを学ぶことは、「働いておカネをどう稼ぐか」と考えることと同じくらい大切です。

2016/11/20 08:40

投稿元:ブクログ

著者が多分アメリカ人なので、日本とは違う部分もある気がする。割と細かい用語も含むフランクな説明。
13歳の子って投資興味あるのか?この本の内容を理解して面白がるって、当時の自分ではありえない…

2016/10/24 23:30

投稿元:ブクログ

2016/10/19
移動中

まずは子供のときにそれら類のハナシが周りにあるかと言うこと。禁忌と捉える風潮からの脱却を。

2017/01/22 09:34

投稿元:ブクログ

子供の頃にこうした情報に触れることができたら、今の自分がどうなっていたかな時になる内容。今の自分が読んでも基本的な内容の勉強になる一冊。

2016/11/30 21:11

投稿元:ブクログ

ブックカフェで一気に読破。知っている用語もあったけど、まだまだ人に説明できるか自信はない。もっと勉強も実践もしないとな。

2017/02/04 21:36

投稿元:ブクログ

金融に関する基礎的な知識の復習になりました。13歳を対象にしたということで、株のオプション(プットやコール)等の説明は例がわかりやすくてよかった。

2016/11/22 20:23

投稿元:ブクログ

私もお金の授業を子供らにしてあげたいと思い手に取る。興味深いが、株やらそこまで?(私も正直把握していないし)と思う内容も少なくなく。でもやはり子供に教えようと思ったり、これをベースに内容を考えてみようと思う。

2016/08/21 21:57

投稿元:ブクログ

この本が生まれたのは
著者が自身の13歳の息子さんに
おカネと投資と株式市場について教えようと
書き出したのがきっかけだそうである。

13歳の息子さんを対象にしているため、
難しい言葉を使わず、
金融に関する用語等について、
13歳にとってわかりやすい表現、
わかりやすい例えなどを用いて解説している。

息子さんに語りかけるような文体で、
時には「細かいことは説明しない」と
説明を割愛する等、
難解にならないように工夫されている。

また、説明中、円単位になっている部分は
円を使って生活している者にとっては
イメージがしやすく、
これは訳者の功績によるものかもしれない。

子どもに向けた本ではあるが、
金融用語、経済用語等について
大人でも理解できていないことも多い。
金融用語、経済用語等について知る第一歩に
ふさわしい本だと思う。

2017/02/09 17:08

投稿元:ブクログ

オプション取引が子供向け入門書にでてくることがすごくアメリカ的。投資の代表格として株取引がガンガンでてくるのも日本との違いを感じさせる(日本なら定期預金だろうなぁ)

2017/03/19 22:11

投稿元:ブクログ

とても読みやすく、金融に関する用語が適切に説明されている本。自分もこれを読んでPERやコールとプットなどが理解できた。これを1冊読んでおくと経済ニュースが理解しやすくなるかもしれない。

2016/08/05 08:12

投稿元:ブクログ

「アメリカのベテラン弁護士が、13際の息子にお金と投資と市場についてわかりやすく説明するために書かれた本」タイトルから、投資で儲けることを指南する内容ではなく、経済の基本を解説する、純粋な「金融入門」。ニュースで耳にする言葉も簡単な言葉で解説され、大人にも役立つと思う。「収入の範囲内で生活する」と、苦り返し強調」していて、好感が持てる。可愛い挿絵は、息子さんの高校生の従兄が書かれたという。ほのぼのと金融が学べる良書。

2016/12/09 22:41

投稿元:ブクログ

金融の基本的な内容が記載されていますが、13歳向けにということもあるのか非常に薄いと思います。他の一般的な金融入門書のほうが良いかと思いました。
(記載されている内容も分かりやすくしすぎているため物足りないというか、しっかりと理解はできないかなぁと思いました)

金融 ランキング

金融のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む