サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

おいしいもののまわり
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/12/07
  • 出版社: グラフィック社
  • サイズ:21cm/165p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7661-2826-0
  • 国内送料無料

紙の本

おいしいもののまわり

著者 土井 善晴 (著)

五感でおいしさを見つける。味つけは度胸。落とし蓋の合理性…。料理研究家の土井善晴による、日本の「お料理する」「食べる」を知る32の話を収録。『おかずのクッキング』連載を加...

もっと見る

おいしいもののまわり

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

五感でおいしさを見つける。味つけは度胸。落とし蓋の合理性…。料理研究家の土井善晴による、日本の「お料理する」「食べる」を知る32の話を収録。『おかずのクッキング』連載を加筆・修正して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

おいしいものは美しい。土井先生による、和食を知る32の話。【本の内容】

著者紹介

土井 善晴

略歴
〈土井善晴〉1957年大阪市生まれ。料理研究家。土井勝料理学校勤務ののち、「おいしいもの研究所」を設立。日本の伝統生活文化を、現代の暮らしに生かす術を提案。著書に「ごちそうのかたち」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

料理の基本

2016/11/04 23:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ベニテングタケ - この投稿者のレビュー一覧を見る

味付けや切り方、火加減だけではなく、道具に対してまで丁寧に書いてある料理人のためのエッセイ。
プロを目指す人だけではなく料理をする人にも基本をしっかり書いてあるので
何となくで覚えてしまっていた料理方法を再認識するのに良い本だと思う。
ピンと背筋を伸ばして食事をするように姿勢を正して読みたい本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/07/31 09:05

投稿元:ブクログ

「用の美」ならぬ「料理の美」。すっきり美しいものが美味しい、そしてレシピ通りに作るのもいいけれど自分の知恵と感性を働かせることも大事だと。
ピシッと一本通った土井善晴さんの料理の哲学。

2016/12/23 21:17

投稿元:ブクログ

若干説教臭いが、著者の料理経験に基づいた大切な事柄のエッセー。おいしい!という料理は味が濃すぎることがほとんどで毎日食べられるものではない。
清潔、計量、まな板、包丁の使い分け、旬、火加減、を大事にすれば料理はおいしくなる。

2016/02/14 22:07

投稿元:ブクログ

お料理の本を読んで背筋が伸びたのは初めて。
便利さの影で失われてしまった数多くの日本の良さにはっとさせられた。
日々の生活を見直したい。

料理エッセイ ランキング

料理エッセイのランキングをご紹介します一覧を見る