サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

黒屋敷の若様に、迷狐のお嫁入り(ラルーナ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/01/20
  • 出版社: シーラボ
  • レーベル: ラルーナ文庫
  • サイズ:15cm/319p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87919-886-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

黒屋敷の若様に、迷狐のお嫁入り (ラルーナ文庫)

著者 鳥舟 あや (著)

黒屋敷の若様に、迷狐のお嫁入り (ラルーナ文庫)

756(税込)

黒屋敷の若様に迷狐のお嫁入り

626 (税込)

黒屋敷の若様に迷狐のお嫁入り

ポイント :5pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 15.4MB 無制限
Android EPUB 15.4MB 無制限
Win EPUB 15.4MB 無制限
Mac EPUB 15.4MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

異文化っぽい雰囲気が素敵でした。

2016/05/20 22:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

夏休みの1人旅中に迷った大学生の褒名は、信太村で御槌という男の屋敷で世話になることになり…という話。
竜を~は酷評が結構ありましたが、そこから商業らしい見せ方を考えられてるのか、今巻は引っ掛かりも少なく、起承転結も割りとキレイにまとまってました。
作者さんが書きたいエログロをソフトに入れて来るのは、逆に執筆に対する信念が見えて、私的には好ましかったです。
難点は、地の文無しで会話が連続する部分。
ギャグに紛れて説明や描写を省略してて、描写不足になってます。
感情の変化の部分が大事なのに、会話文の連続でごまかしてるというか。
「」が5つ以上続いてるとこは見直した方が良いと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

2018/08/25 20:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かなぶん - この投稿者のレビュー一覧を見る

少し退屈さを感じましたが・・・
スピンオフの大神惣領がおもしろかったので、
こちらも買ってよかったなという感想です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ほっこり、ほのぼの

2018/07/06 17:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

★3.5
褒名(やすな)は施設育ちだけど、暗いところがなくて、
伸び伸びしているところがイイ!
皆んなに嫁だ奥さんだって言われてもスルーしちゃって
天然ちゃん?っ思わせるところも可愛い。
こんなに無警戒で無自覚でいいのか。
ちょっと不憫だけど微笑ましい。
御槌に職業は「自宅警備員的な?」って聞いちゃうのに笑ったv。

強面で無表情なくせに、わかりやすくデレたり嫉妬したりする
御槌も好感が持てる。

褒名目線と御槌目線が混在して、一瞬わかりにくい部分がありますが、
二人の会話がどこかズレてるのが、この先を予想させて楽しめた。
ただ鳥舟さんなので、エッチシーンは痛いくらい強烈な表現有りです。
いつもよりソフトかもしれませんが…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子だくさんLOVELOVE

2016/01/12 16:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナイロンスカートさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公は自覚の無い人間と妖狐のハーフ。

施設で育ち、大学進学と共に独立。夏休みを使って雑誌で目にした市内のはずれのお宿に旅行に行こうとした。

途中バスのタイミングが合わず歩いていたところ、若々しい70代の女性に車で拾ってもらい…というお話。

良く分からなかったのは、この「市外のお宿に行こう」=敵対する妖狼に目を付けられ誘われている。だったみたいで、良く分からず「ハ??」となってた。

後半、この妖狼の出番がありますがそれ以外は微妙・・・


どうせだったら、「懐かしい感じがして誘われた」と自分の田舎(妖狐の里)に導かれ、過ごしているうちに「妖狼は敵対する忌々しい存在」と教えて、、、という展開の方が自然だった気がしなくもない。。。

内容としては、おとなしそうな受けだが、施設育ちだからなのと、いつからそう言う設定だったのか大阪弁がスタンダードだけど、今は標準語にしていて、酔っぱらったり・怒ったりすると大阪弁が出るらしい。

しかも力全開の時は自分の正体自覚してもの凄いプライドで戦う。力制御できないどころか使えもしなかったのに暴走する。

結局結ばれるけど、長LOVELOVEなのはよかった。
家族ができて…ていうのもほっこりしてよかった♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

残念

2018/09/19 01:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

迷子ならぬ迷狐とは上手いなと思ったけど、設定はともかく状況が分かりにくいのと褒名の人物像が確立されてないように感じる
施設育ちとは言え妙に天然ぽやぽやかと思いきや酒乱と化した時の言動、感情を爆発させた時と芯の人物が立っていない、いくらお酒で人間が変わっても基になる人間は(狐だけど)同じなわけでその辺りが今一つかな あれではギャップ萌えには結びつかない
全体的に読み手が展開について行けない不親切な文章といった印象がある
ストーリー的には面白いだけに残念だ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/07 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ボーイズラブ小説 ランキング

ボーイズラブ小説のランキングをご紹介します一覧を見る