サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. たった40分で誰でも必ず小説が書ける超ショートショート講座

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

たった40分で誰でも必ず小説が書ける超ショートショート講座
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/12/22
  • 出版社: キノブックス
  • サイズ:19cm/142p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-908059-29-2
  • 国内送料無料

紙の本

たった40分で誰でも必ず小説が書ける超ショートショート講座

著者 田丸 雅智 (著)

小学生からシニアまで、自分の隠れた才能に驚いた! 物語を書きたい人、アイデア不足に嘆く人のために、原稿用紙1〜3枚程度の短い小説「ショートショート」の書き方を伝授する。ワ...

もっと見る

たった40分で誰でも必ず小説が書ける超ショートショート講座

1,296(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小学生からシニアまで、自分の隠れた才能に驚いた! 物語を書きたい人、アイデア不足に嘆く人のために、原稿用紙1〜3枚程度の短い小説「ショートショート」の書き方を伝授する。ワークシート付き。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

田丸 雅智

略歴
〈田丸雅智〉1987年愛媛県生まれ。東京大学大学院工学系研究科卒。樹立社ショートショートコンテストで「海酒」が最優秀賞受賞。著書に「海色の壜」「ショートショート・マルシェ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

作文アレルギーは治るかもしれませんが

2015/12/27 20:42

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書を読むと、作文アレルギーは治ると思います。今まで書くことに苦手意識を持っていた方も、40分で何かしらの文章は書けるようになるでしょう。そういう意味で、役立つ一冊です。ただ、決して40分で「小説」が書ける本ではありません。
 
  講座で生まれた実際の作品例が載っているのですが、料理に例えると
 
 野菜や肉を切って、とりあえず火を通しました。食べてもお腹は壊しません。素材の良さと、食べる人の状態(腹ペコとか)によっては美味しいかも。

 という段階です。
 これで「ショートショートが書けました!」と言うことは、業界を盛り上げるどころか、かえってショートショートに対する評価を下げるのではないかと危惧します。
 それではいかんと思ったのか、後半には又吉直樹さんとの競作ショートショートも載っていて、こちらはもちろん、人様にお出しするキチンとした一品になっています。

 とりあえずお腹は壊さない食べ物から、家族が喜ぶ美味しい家庭料理、金を取って人に食べさせることができる料理、特別の日のディナーに選ばれる料理と、料理にも段階は色々ありますが、本書を手にする人は、少なくとも家族に好評で、お裾分けしても恥ずかしくないレベルの料理が作れるようになると期待したのではないでしょうか?
 でも蓋を開けたら、包丁を持って野菜を切ってみましょう。ちょっと肩透かしでした。

 また、40分のワークにも疑問が残りました。講座で使用されるメソッドは、確かに誰でも出来る(むしろコンピュータが得意そう)便利なものですが、ガチャガチャポン方式で作り出した作文に、何の意味があるのでしょう。
 帯に「小学生からシニアまで、自分の隠れた才能に驚いた!」という言葉があるのですが、私はその人たちに聞きたいです。

 40分で誰でも書ける物を量産して、それであなたは満足ですか?
 小説を書くと言うことは、単なる作文から一歩も二歩も進んで、自分にしか出来ない何かを表現することではないですか?

 色々書きましたが、作文アレルギーのお子様には、良い一冊だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/03 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/16 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/15 10:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/06 17:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/23 13:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小説の書き方 ランキング

小説の書き方のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む