サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
文庫

紙の本

不祥事 (実業之日本社文庫)

著者 池井戸潤 (著)

東京第一銀行事務部調査役の相馬健。事務処理に問題を抱える支店を指導する彼に念願の部下がつけられるという。しかし、そこにやってきたのは、スーパー問題女子行員・花咲舞だった…...

もっと見る

不祥事 (実業之日本社文庫)

税込 703 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京第一銀行事務部調査役の相馬健。事務処理に問題を抱える支店を指導する彼に念願の部下がつけられるという。しかし、そこにやってきたのは、スーパー問題女子行員・花咲舞だった…。ドラマ「花咲舞が黙ってない」の原作。【「TRC MARC」の商品解説】

『花咲舞が黙ってない』
ドラマ化!! 新シーズン原作!

出演・今田美桜 山本耕史 菊地凛子 上川隆也ほか
4月13日[土]よる9時~日本テレビ系で放送!
(2024年4月現在)

痛快すぎる女子銀行員が
ズバッと「事件」を解決!

東京第一銀行調査役についた相馬健。
事務処理に問題をかかえる支店に独り「臨店指導」する彼に、
念願の部下がつけられるという。
しかし、そこにやってきたのは花咲舞。
上司を上司とも思わないスーパー問題女子行員だった――
さまざまなトラブルを解決に導き、
腐った銀行を内側から叩きなおす迷コンビの活躍を描く、
痛快オフィスミステリー!

池井戸潤作品で唯一のヒロインが大活躍!

【目次】
■激戦区
■三番窓口
■腐魚
■主任検査官
■荒磯の子
■過払い
■彼岸花
■不祥事

●解説 加藤正俊(日本テレビプロデューサー)【商品解説】

人気TVドラマ「花咲舞が黙ってない」原作。女子銀行員が「事件」をズバリ解決!池井戸潤の痛快オフィスミステリー!【本の内容】

収録作品一覧

激戦区 7−50
三番窓口 51−98
腐魚 99−143

著者紹介

池井戸潤

略歴
1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。『果つる底なき』で江戸川乱歩賞、『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、『下町ロケット』で直木賞を受賞。主な作品に、半沢直樹シリーズ(『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』)、花咲舞シリーズ(『不祥事』『花咲舞が黙ってない』)、『ルーズヴェルト・ゲーム』『民王』『七つの会議』『ようこそ、わが家へ』『陸王』『アキラとあきら』などがある。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー39件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

銀行での型破りな女性の活躍

2016/07/19 23:15

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は人気作家で元銀行員の池井戸潤が描く、サラリーマンを主人公とした物語である。しかし、その主人公は男女2人だが、実質的には花咲舞である。この種のお堅い職場でよくあるパターンであるが、とても言えない反論を堂々としかも淀みなく、頭取や上司の役員を相手に自分の考えを主張してしまう若い女性行員が主人公である。
 男性はその付き添い的な存在で、ごくごくどこにでもいる一般的な人材である。一応調査役という地位にいる。昔は管理職、あるいはその一歩手前に調査役という役職名が付されていたが、今はもうそれを使っているところはないのではないか。
 構成は一話読み切りで区切られていて読みやすい。当然複数話で一冊という組み立てである。また、飽きが来ない程度の長さなのでちょうどよい。そう、まるでテレビ化するために作られたような小説である。現に本書一冊分はテレビ化され、好評を博したそうである。さらに、本書の元ネタは所謂新聞小説で、某紙に連載されていた。
 この第2シリーズもすでに放映は終えている。副題は「花咲舞がだまってない」である。元気があって大変面白い。サラリーマン化した組織体では皆その騒動の結末、否プロセスが自分に降りかかってくるのを恐れて、花咲舞から距離を置こうとするのだが、コンビを組まされている調査役は逃げるわけにはいかない。なぜ、花咲舞はわざわざ騒動になりそうなことに首をつっこもうとするのか不思議というわけである。
 というわけで、現在本屋に並んでいる花咲舞シリーズの文庫版は本書しかないようだ。早く次のシリーズ、否、せめて第2シリーズを出版してほしいものだ。
 池井戸の銀行シリーズでは、敵味方がはっきりしている。温和に話をしながら、実は敵対しているというケースは本書では見当たらない。はっきりしている敵の場合は、向こうが警戒をしているのか、緊張しているのか理由は不明だが、かなりの地位にあっても喧嘩腰でモノを言ってくる。これはストーリーが単純化され過ぎていて、あまり面白くない。
ただし、本書のスピード感ではそれは枝葉末節に過ぎず、そこにこだわっていると却って速度が落ちて長所が失われる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女だけど花咲舞にラブ

2020/04/18 22:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラブと言うよりエールを送りたいのとその上司である「卯建の上がらない」相馬調査役にもエール(笑)。読んでいて思うのが花咲舞が主役だけど真の仕掛け人は相馬調査役というスジも見逃せません。これが現実かと思うと少しぞっとするけど(爆)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まあまあおもしろかった

2018/07/18 08:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こたまきむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマを見たことがなく、この本を手に取りました。
銀行という組織の中で、長いものに巻かれず、正義感を持ってきちんと意見の言える花咲さんに、スカッとしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/08/09 22:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/24 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/03 07:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/14 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/06 10:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/03 12:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/24 09:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/15 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/17 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/11 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/20 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/19 07:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。