サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2021/3/1~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 技術・工学・農学の通販
  4. 工学・工業の通販
  5. 日本実業出版社の通販
  6. 人工超知能が人類を超える シンギュラリティ−その先にある未来の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/02/27
  • 出版社: 日本実業出版社
  • サイズ:19cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-534-05360-2

紙の本

人工超知能が人類を超える シンギュラリティ−その先にある未来

著者 台場 時生 (著)

よきにつけ悪しきにつけ人類に重大な影響を及ぼすと思われる人工超知能と、どう向き合っていけばよいのか? 「人類とは何か」といった根源的な問題から議論をスタートさせ、人工超知...

もっと見る

人工超知能が人類を超える シンギュラリティ−その先にある未来

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

よきにつけ悪しきにつけ人類に重大な影響を及ぼすと思われる人工超知能と、どう向き合っていけばよいのか? 「人類とは何か」といった根源的な問題から議論をスタートさせ、人工超知能とシンギュラリティの未来を問う。【「TRC MARC」の商品解説】

人工知能(AI)の激しい開発競争と急速な進歩、その後にやって来る開発者(人間)を嘲笑するかのような〝シンギュラリティ(技術的特異点)〟の世界。シンギュラリティとは、科学技術進化のスピードが、人類の予測が不可能なまでに高速化する状況(その時点)を言い、それが2045年あたりに生じるとされるところから「2045年問題」とも呼ばれる。これは人類文明としての科学技術の進歩を逸脱した特異な状況であり、「機械が人間の仕事を奪う」といったレベルをはるかに超える。それは本当にやって来るのか? やって来たときに人類はどう生きるのか? 気鋭のロボット工学者が生物進化、技術進化に遡って説き起こす人類近未来の物語。【本の内容】

著者紹介

台場 時生

略歴
〈台場時生〉某大学理工学部准教授。ロボット工学、特にヒューマノイドロボットの運動制御に関する研究に従事。ロボット、人工知能と人間の共存の在り方、さらに人類そのものの未来について考察を行う。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善ジュンク堂書店のPR誌「書標」2016年4月号より

書標(ほんのしるべ)さん

人工知能の分野は日々めざましい進歩を続けている。プロの棋士を打ち負かし、コールセンターに就職を決め、星新一賞の一次予選を通過するまでに至った。人間側がこれらの出来事を幼児の成長を見るように微笑ましく思えるのはいつまでの話だろうか。
本書は、近い未来に訪れる技術特異点に起こりうることを予想し、その未来の是非を問うと共に、人類の生きる根源的な意味を考える。技術的特異点とは、科学技術の進歩が超高速化する時を指す。特異点を超えると、人工知能は今まで人間が担ってきた活動を余すことなく代替・超越してしまう。結果、人間は働く必要性を失い、欲するものはすべて与えられ、一瞬にしてあらゆる知識をインストールでき、その身は限りなく苦痛を忘れた不老不死へと近付く。さて、人工知能の発達は、諸手をあげて享受すべきか、何がなんでも回避すべきか。
人工知能の父とよばれたチューリングは「機械は思考する」と言った。思考とはなにか、意識とは、幸福とは、生きる意味とはなにか。人工知能を考えることは、人間を考えることだ。著者は生物的進化の最終点に人類を置き、さらに今後人類がどのように進化をするか(あるいはしないか)を予想していく。
十分に発達した人工知能は神と見分けがつかない。我々が親しんできたサイエンス・フィクションの世界は目の前に迫り、今日も人間の根幹を揺さぶり続けている。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/10/24 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/21 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/25 17:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。