サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

翔泳社祭2019 全品ポイント10倍 ~4/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サブマリン
サブマリン サブマリン

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 288件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/03/30
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/267p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219953-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

サブマリン

著者 伊坂 幸太郎 (著)

陣内さん、僕たち、挽回できますか? 「チルドレン」から、12年。家裁調査官・陣内と武藤が出会う、新たな「少年」たちと、罪と罰の物語。書き下ろし長編小説。【「TRC MAR...

もっと見る

サブマリン

税込 1,296 12pt

サブマリン

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.6MB 無制限
Android EPUB 3.6MB 無制限
Win EPUB 3.6MB 無制限
Mac EPUB 3.6MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

陣内さん、僕たち、挽回できますか? 「チルドレン」から、12年。家裁調査官・陣内と武藤が出会う、新たな「少年」たちと、罪と罰の物語。書き下ろし長編小説。【「TRC MARC」の商品解説】

「武藤、別におまえが頑張ったところで、事件が起きる時は起きるし、起きないなら起きない。そうだろ? いつもの仕事と一緒だ。俺たちの頑張りとは無関係に、少年は更生するし、駄目な時は駄目だ」/「でも」/うるせえなあ、と言いたげに陣内さんが顔をしかめた。/「だいたい陣内さん、頑張ってる時ってあるんですか?」/と僕は言ったが電車の走行音が激しくなったせいか、聞こえていないようだった。(本文より)【商品解説】

目次

  •  

著者紹介

伊坂 幸太郎

略歴
〈伊坂幸太郎〉1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。「オーデュボンの祈り」で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞してデビュー。「ゴールデンスランバー」で本屋大賞、山本周五郎賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー288件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

同じ世界観・・・

2016/06/30 13:12

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:FUMI - この投稿者のレビュー一覧を見る

「チルドレン」の続編であり、登場人物の性格もかわらずそのままなのは嬉しい・・・
 どこか「淡々」と進んでいく物語はこの作品の良さかもしれない。
 いろんな「問いかけ」があっても、それが変に重くならない感じも良い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

陣内さん!!

2016/06/26 12:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫祟り - この投稿者のレビュー一覧を見る

陣内さんは出世してもやっぱり陣内さん

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

陣内さんお久です!

2016/05/07 10:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひややっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

お年を重ねて、主任となっても陣内さんは変わらず。組織の中で生きているのに変わらずにいれるのはすごいです。永瀬さん優子さんを結婚されたんですね。良かった。やるせない少年犯罪を、時の流れを、それでも肯定的に描けるのがいいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『チルドレン』の続編

2018/12/30 18:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おん - この投稿者のレビュー一覧を見る

家庭裁判所調査官の武藤、陣内。彼らの担当する犯罪を犯した少年達。罪を犯した彼らは問答無用で重く罰せられるべきなのか?世界は善と悪では割り切れない事ばかりだ。

そんな簡単に答えはでない問題を、伊坂先生の持ち味である軽やかなやり取りと日常に起こり得る奇跡の合わせ技で読む人を物語に引き込んでくれる。

結局、少年犯罪に対して「こうあるべき」なんて答えは出ない。多分そもそも答えはない。
でも私達はそんな世界で生きていかねばならない訳だし、しょうがないから明日も生きるか、と思わせてくれるこの小説は貴重な糧だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

『チルドレン続編』2冊とも10代に勧めたい作品。

2018/12/01 19:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こば - この投稿者のレビュー一覧を見る

どの年代でも楽しめる作品となっているが、将来なりたいものが決まったいない高校生・大学生に、特に読んだ欲しい!
前作『チルドレン』で見せた陣内の魅力は、本作でも色あせる事なく存分に発揮されている。どの登場人物も魅力的なので、続編が読みたい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

間隔空きすぎ

2018/06/02 16:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:naoami - この投稿者のレビュー一覧を見る

これだけ(12年)間が空くと文庫まで待てん。期待通り王道伊坂節がテンポよくウィットに富んだ会話で弾む。一方では、少年犯罪における償い・罰することについて、読者と議論を重ねるかのようなところが楽しい。妙に堂々巡りすることなく、ストーリーを進めながら、要所で議論を吹っ掛ける。伏線・回収におつりなく!は、今や鉄板。なさ過ぎて予定調和とかご都合主義ととられ兼ねないが、ボクは伊坂さんが構築した世界の中でアレコレつながっているのは楽しいと思う。ラストの「ザ・予定調和」もキャストがネタばらしだなんて、徹底してて笑えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

陣内さん

2017/05/05 17:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Mr.天才バブッコ様 - この投稿者のレビュー一覧を見る

チルドレンとおんなじ人たち

読みやすい

でも、深い 

子供たちのことがよくわかる本でした

愛している本です

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読んで良かった

2017/02/11 20:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はまさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

チルドレンが好きだったので、楽しみに読みました。陣内変わってなくて良かった。重いテーマではあるけど、希望を感じさせてくれる作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

改めて考えることを提示してくれる

2016/12/07 09:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まもり - この投稿者のレビュー一覧を見る

久し振りの陣内さんで前の本を読み返したくなったもののどこにあるのか皆目わからず(涙)伊坂さん毎回すごいところを突いてくるなあ!と読んでいてグッとなった。人が人を裁く難しさに時々思いを馳せていたけど、きっと正解なんかないんだ。でも、正解がないからといって考えを放棄するのもちょっと違う気がする。生まれてから今に至るまでが一つ一つの積み重ねがあり、それはいいことも、わるいこともその身に受けることであり、パッと断片を出されて良い悪いなど単純な一言で済むはずもなく、これからも考えていかないといけないのかなと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現代版罪と罰

2016/06/01 22:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どや - この投稿者のレビュー一覧を見る

”彼の起こした事故は、十年経っても消えることがなく、姿が見えない時もどこか、視界の外に潜んでいる。水中の潜水艦の如く、そしてことあるたびに、急浮上し、若林青年に襲い掛かるのだ。”

上記は本の引用だ

犯した罪は消えない
犯罪者は懲役を終えて法的に罪を償ったとしても
被害者に対して埋め合わせができなければ
潜水艦のような罪悪感に悩まされる

また
この本はチルドレンに続き
視覚障碍者への生きる希望を与えてくれる本である

登場人物の盲目の永瀬や
実在する盲人のローランド・カークに代表される視覚障碍者でも
人を感動させることができる
人を助けることができる

著者からの人生讃歌に私の心は震えた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伊坂文学の真髄

2016/04/14 19:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

思っていた以上に真面目な話だった。そして確かに陣内の出番であり、活躍。適当な性格を装ってる非常に真摯でまっすぐな人間なんだな。陣内。全ては照れ隠しなのかな。相当な恥ずかしがり屋なのかもしれない。武藤はそれに気づいているのか、気づいていないのか。つっこみ役としてはいいのかもしれないけれど、もっと陣内の内面を分かってもいいものではないのかと。永瀬くんは「チルドレン」での方がいい味出してた思い出。若林くんの心が汚れずにいい方向へ行きそうなのが嬉しい。それでこその伊坂文学であろう。陣内と関わった青少年は幸福だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

頑張れ、調査官

2017/12/11 19:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

軽快な筆致で永遠の課題を突きつける、さすが伊坂幸太郎。
罪を犯すとは、償いとは、と考えさせられつつ、人間捨てたものじゃないな、とも思い、「違法」と「悪いこと」はイコールじゃないなぁと感心させられ…。

仕事って徒労をおぼえることのほうが多いかもしれない。でも応えてくれる一握りの少年がいる限り陣内は頑張る。必死の訴えに手間暇をかける。
面倒だと愚痴りながら。
陣内の肩の力の抜き加減がいい。社会一般の仕事熱心とは少し違うけど、子供っぽい負けず嫌いな面も含めて、自分の心に誠実で根っこが温かいのがいい。部下は大変だろうけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

相変わらず。

2017/03/27 22:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まりぽーさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶり!陣内くん!(^-^)/
まさかまた陣内くんの話が読めるとは!
永瀬くんも優子も武藤君も相変わらず。w
懐かしい人達の近況が聞けた気分でした。

陣内くんがまさか主任になってるとは!!
武藤君も大変だなあ、相変わらず。
陣内くんから解放されない。w
まあ確かに彼の部下は苦労が多そうだけど、私は陣内くん好きだからちょっと羨ましい。
めちゃくちゃな人だけど、なんか憎めないし。
何気にモテてもなんか納得しちゃうというか。
陣内くんに会いに来る少年が多いのも頷ける。
何気に歌が上手いという意外性もあるしね。

また会いたいなあ。(^-^)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

見えないところで

2017/03/11 17:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

皆の視界の外で様々な事が起こり それが突然 表に出てくるのですね。そしてミスター伊坂幸太郎キャラとでもいうべき陣内さんもまた水面下で思わぬ動きをしている。それが明らかになった時には思わず口笛を吹きました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

サブマリン

2016/03/31 21:34

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のん - この投稿者のレビュー一覧を見る

陣内さんの傍若無人っぷりは最早見ていて爽快なレベル。武藤さんとのコンビもよいです。鴨居さんは亡くなってしまったようで(はっきりとは書かれてませんが)悲しいです。好きなキャラだったのに

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。