サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 勉強法 AtoZ -効率的な学習方法から食事まで- ポイント5倍キャンペーン  ~4/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 医学の通販
  4. 医学の通販
  5. 創元社の通販
  6. 放射線必須データ32 被ばく影響の根拠 実験から疫学まで世界が認めたデータを網羅 ここまでわかった人体への影響の事実の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/03/10
  • 出版社: 創元社
  • サイズ:26cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-422-41090-6
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

放射線必須データ32 被ばく影響の根拠 実験から疫学まで世界が認めたデータを網羅 ここまでわかった人体への影響の事実

著者 田中 司朗 (編),角山 雄一 (編),中島 裕夫 (編),坂東 昌子 (編)

がんのリスクは? 子供は? 遺伝は? 内部被ばくは? 原爆、チェルノブイリ、核実験、医療被ばくなどの疫学調査から、細胞実験、動物実験の結果まで、放射線に関する必要不可欠な...

もっと見る

放射線必須データ32 被ばく影響の根拠 実験から疫学まで世界が認めたデータを網羅 ここまでわかった人体への影響の事実

税込 3,300 30pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

がんのリスクは? 子供は? 遺伝は? 内部被ばくは? 原爆、チェルノブイリ、核実験、医療被ばくなどの疫学調査から、細胞実験、動物実験の結果まで、放射線に関する必要不可欠なデータ32件を徹底ガイド。【「TRC MARC」の商品解説】

放射線の生体への影響はどの程度なのか。その根拠を示すデータを揃えて、放射線の被ばく影響について、どこまでわかっているかを丁寧に解説する。「放射線被ばくの人体への影響を解説した本」ではなく、「放射線被ばくに関するデータを解説した本」である。放射線についての関心は高いが、情報は混乱している。本書は、実験から疫学にいたるまで、多くの議論や論文の根拠となる世界が認めた32のデータを網羅している点で画期的な本である。放射線に少しでも関係のある科学分野の専門家(疫学者も含む)、放射線技師、医師、看護師、行政、教育関係者、市民団体、高関心層の市民などに、広く薦めたい一冊。【商品解説】

目次

  • はじめに 
  • この本を読む前に
  • 実験データと疫学データの読み方 
  • データを見るときの注意点 
  • 第1章 生体への影響を理解する
  • データ1.被ばくと遺伝子突然変異の関係 
  • データ2.低線量率と高線量率での突然変異発生率 
  • データ3.広島・長崎原爆被ばくと染色体異常
  • データ4.高レベルの自然放射線地域住民の染色体異常 

著者紹介

田中 司朗

略歴
〈田中司朗〉京都大学大学院医学研究科准教授。疫学・生物統計学。
〈角山雄一〉京都大学環境安全保健機構放射性同位元素総合センター助教。放射線安全管理学・分子生物学。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。