サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. 焼き肉を食べる前に。 絵本作家がお肉の職人たちを訪ねた

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

焼き肉を食べる前に。 絵本作家がお肉の職人たちを訪ねた
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生 中学生 一般
  • 発売日:2016/04/22
  • 出版社: 解放出版社
  • サイズ:21cm/127p
  • 利用対象:小学生 中学生 一般
  • ISBN:978-4-7592-5036-7
  • 国内送料無料

紙の本

焼き肉を食べる前に。 絵本作家がお肉の職人たちを訪ねた (エルくらぶ)

著者 中川 洋典 (聞き手・絵)

殺すということだけにこだわってしまうから、そこで仕事をするすべての人が傷ついてしまうんだよ…。食肉業についている9人が、屠畜という仕事に対する思いや喜び、悩みを、絵本作家...

もっと見る

焼き肉を食べる前に。 絵本作家がお肉の職人たちを訪ねた (エルくらぶ)

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

殺すということだけにこだわってしまうから、そこで仕事をするすべての人が傷ついてしまうんだよ…。食肉業についている9人が、屠畜という仕事に対する思いや喜び、悩みを、絵本作家に向けて包み隠さず語ったインタビュー集。【「TRC MARC」の商品解説】

屠場で働く人の気持ちを知っていますか? 生きた動物の肉体が職人たちの手で食べ物になっていく。「普通の仕事」、職人たちは言った。お肉の職人たちを訪ね、丁寧にインタビューしていった絵本作家。その感性で捉え綴り描かれた世界は、職人たちの仕事への思い喜び悩みを丹念に伝える。【商品解説】

目次

  • プロローグ
  • 第1章 貝塚 北出新司さん 普通の仕事。生きていくためにやっている、どこにでもある仕事。
  • 第2章 南港市場 Kさん 一番ひどかったのは、力の入れ方をまちがって、ナイフで自分のはらを刺してしまったときです。
  • 第3章 南港市場 村上悟朗さん 毎日、なにか改良を加えていきたいんですよ。かたい頑固な頭じゃなくて、新しいものを取り入れるやわらかい頭でね。
  • 第4章 南港市場 河合一夫さん 今でもこの職業は、世間に堂々と発表できる、そういう種類の仕事ではないという気持ちが、私にはあります。
  • 第5章 南港市場 Tさん 自分たちの仕事は、牛や豚を捌いて食肉や皮にして、世の中の人に手渡すことなんです。
  • 第6章 芝浦と場 Mさん お肉は食べるけれど、それがどうやってでき上がってくるかを知らない人がほとんどなんですよ。
  • 第7章 芝浦と場 栃木裕さん 私らの仕事は、特別にほめられることでもなく、けなされることでもない。普通の仕事なんだから。
  • 第8章 横浜市場 鈴木正敏さん 殺すということだけにこだわってしまうから、そこで仕事をするすべての人が傷ついてしまうんだよ。
  • 第9章 貝塚 北出昭さん 店のお客さんにお肉がおいしかったと言ってもらったら、その牛の顔が浮かびますもん。

著者紹介

中川 洋典

略歴
〈中川洋典〉1961年京都府生まれ。絵本作家。フルマラソンランナー。絵本に「だから走るんだ」「そらからかいじゅうがふってきた」「デデとひこうき」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

絵本作家のレポートと言える

2016/07/29 22:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Freiheit - この投稿者のレビュー一覧を見る

子どもたちの好きな焼肉であるが、それがどのようにして自分の口に来ているのかは本当は知らない。食肉市場の光景をアレンジしたレポートと言える絵本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/09 21:35

投稿元:ブクログ

著者、舞鶴出身だとは。初めて知った!
お肉好きは読むべし。
お肉あまり食べないけど、たまに食べたくなる。
植物も動物も全部「いただきます」だなあ。

2016/10/29 13:10

投稿元:ブクログ

俗にいう屠畜業に携わる人たちを訪問・インタビューした。
食肉として解体していく様子をイラストでも表す。
部落問題を挙げるまでもなく、お肉は美味しくいただきたいくせに、臭いものには蓋式に見てみないふりをしていないだろうか。
タイトル通り、食べる前に考えてみなくては。

社会科 ランキング

社会科のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む