サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

関白秀次の切腹
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/03/25
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:18cm/301p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-601545-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

関白秀次の切腹

著者 矢部 健太郎 (著)

秀吉は秀頼のために〈殺生関白〉の悪名高い秀次に追放・切腹を命じた−。本当に秀次は命令されて切腹したのか? 秀吉は数少ない肉親を殺そうとしたのか? 通説とはまったく異なる彼...

もっと見る

関白秀次の切腹

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

関白秀次の切腹

540(税込)

関白秀次の切腹

ポイント :5pt / 紙の本より540おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

秀吉は秀頼のために〈殺生関白〉の悪名高い秀次に追放・切腹を命じた−。本当に秀次は命令されて切腹したのか? 秀吉は数少ない肉親を殺そうとしたのか? 通説とはまったく異なる彼らの姿を、史料から浮かび上がらせる。【「TRC MARC」の商品解説】

天下統一を果たした豊臣政権を揺るがした《秀次切腹事件》。「実子・秀頼のために秀次を切腹させた」という通説は疑問に満ちていた。なぜ秀次は切腹し、一族は処刑されたのか? 通説を覆す、事件の真相とは……?【商品解説】

著者紹介

矢部 健太郎

略歴
〈矢部健太郎〉1972年東京都生まれ。國學院大學大学院文学研究科日本史学専攻博士課程後期修了、博士(歴史学)。同大學文学部教授。専門は、日本中世史、戦国・織豊期の政治史・公武関係史。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2016/04/09 16:50

投稿元:ブクログ

メモ
秀次の切腹は、実子誕生で耄碌した秀吉の主体的指示という通説に対して、本書では史料を駆使して禁固刑という命令の前後に秀次が抗議で切腹したとされている。また、高野山入山も「追放」ではなく、「出奔」とも。

秀次の切腹が想定外だった政権が、方針転換で秀次の妻子三十余人を殺戮したこと、上使を務めた福島正則と石田三成の関係、高野山と京都との距離や情報の伝達速度、秀次が切腹した高野山青厳寺は大政所の菩提寺だったこと等にも触れられている。

2016/04/26 00:41

投稿元:ブクログ

通説を覆す新解釈。秀吉は甥を殺すつもりではなかった。421年目の謎解きに挑む。(2016年刊)
・はしがき
・序曲ー崩壊するシナリオ
・Ⅰ 豊臣政権の評価と「秀次事件」
・Ⅱ 事件の概要と疑問点・矛盾点
・Ⅲ 秀次の前半生
・Ⅳ 丸一ヶ月に及んだ「修羅場」
・Ⅴ 「イメージ」の源流を探るー「秀次事件」像の分水嶺
・Ⅵ 秀吉は切腹を命じたのかー「甫庵太閤記」と秀吉朱印状写の矛盾点
・Ⅶ 秀次切腹の衝撃ー後付けされた罪状
・終曲ー二つの「冤罪」ー
・あとがきにかえてー「秀次事件」騒動、その後ー

大変面白い本。史料を駆使し、通説の見直しをはかる過程は、良質なミステリーを読むようで楽しく、説得力を感じる。丁寧な論考で、牽強付会に感じないのも良い。残念なのは、福島正則について論じているところが弱いこと。正則が秀次切腹に大きな役割を果たしたとするが、三成が正則を警戒したと言う点も含め、推測が過ぎる気がする。本書は豊臣政権を考える上で、必読の1冊と言える。

2016/10/17 14:54

投稿元:ブクログ

 「豊臣秀次事件」の新説。秀次切腹前後の状況を徹底的な史料批判で見直し、秀吉による高野山居住命令はあっても切腹命令は存在せず、謀叛嫌疑に対する潔白を訴えるための自発的な切腹であったとする。後世の創作はむろん、同時代史料であっても間接的な情報を捨てた考証には一見説得力はあるが(あまりに微細な矛盾を重視し過ぎて歴史学というよりまるで推理小説だが)、「切腹命令の不存在」という実証と「秀次の切腹は秀吉にとって想定外」という推論の間には飛躍があり、潔白を訴えるという切腹目的の現実性も疑問である。秀次の「禁固」程度で豊臣秀頼への後継一元化が可能であったか?という問題を明らかにしない限り、単に切腹命令の有無だけでは秀吉側の未必の故意を含む「殺意」を否定したことにはならないと思われる。

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む