サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 勉強法 AtoZ -効率的な学習方法から食事まで- ポイント5倍キャンペーン  ~4/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/03/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/349p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-293348-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

桜の花が散る前に (講談社文庫)

著者 伊岡瞬 (著)

カメラマンの乾耕太郎は、幼馴染の美人占い師・深沢桜子に淡い恋心を抱いている。だが、その父を死に追いやったという自責の念から、本心を明かせず…。占いと事件を縦軸に、幼馴染の...

もっと見る

桜の花が散る前に (講談社文庫)

税込 792 7pt

桜の花が散る前に

税込 792 7pt

桜の花が散る前に

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 3.6MB
Android EPUB 3.6MB
Win EPUB 3.6MB
Mac EPUB 3.6MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

カメラマンの乾耕太郎は、幼馴染の美人占い師・深沢桜子に淡い恋心を抱いている。だが、その父を死に追いやったという自責の念から、本心を明かせず…。占いと事件を縦軸に、幼馴染の恋の行方を横軸に描く、ミステリー連作集。〔「桜の咲かない季節」(2012年刊)の改題,加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

カメラマンの乾耕太郎は、幼馴染の美人占い師・深沢桜子に淡い恋心を抱いている。しかし、その父・七ノ瀬天山を死に追いやったという自責の念から、本心を明かせずにいるのだった。「占いと事件」を縦軸に、「幼馴染の恋の行方」を横軸に描いたミステリー連作集。(『桜の咲かない季節』を大幅に加筆し、改題)

第一話 守りたかった男 桜子の忠告が及ばなかった殺人事件。耕太郎が真相に迫る。
第二話 翼のない天使 亡父の「名誉挽回」に悩む桜子のため、耕太郎が秘策をめぐらす。
第三話 ミツオの帰還 12年前の事件をネタに近づくワルを、桜子が拒めない理由とは?
第四話 水曜日の女難 ファンを名乗る美女が耕太郎に急接近!桜子が予見した「女難」の顛末を描く。
第五話 桜の花が散る前に 「廃業危機」と「耕太郎の恋敵」に、桜子が下した決断。【商品解説】

目次

  • 第一話 守りたかった男
  • 第二話 翼のない天使
  • 第三話 ミツオの帰還
  • 第四話 水曜日の女難
  • 第五話 桜の花が散る前に

収録作品一覧

守りたかった男 11−66
翼のない天使 67−121
ミツオの帰還 123−189

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

ちょっと展開が・・・

2021/01/08 09:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kotep - この投稿者のレビュー一覧を見る

五篇の短篇からなる作品で、カメラマンの耕太郎の推理と占い師の七ノ瀬桜子の占い(厄災)で難問を解き明かす内容で、最後の作は耕太郎と桜子の恋の行方の解決でした。ありがちな内容的でしたので、可もなく不可もなくといった感じです。ただ耕太郎と桜子の関係については急すぎる展開には不満足でした。
作者の代償という作品を読んだ後でしたので、妙に安心感を覚えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちょいと無理やりすぎやしませんか?

2016/04/02 22:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤枝 雅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「第4章、水曜日の女難」
これは無理やりすぎる気がするのだが…。ある女性が、主人公がたまたま撮影して雑誌に掲載された写真に自分の不倫している姿が映っており、それによって自分と不倫相手の人生が台無しになったと言って逆恨みし、復讐を企てるという内容なのだが…。
まず第一に、街を歩いているカップルを見て、「こいつらは不倫カップルだ」などと識別できるわけはないということ。街にいるカップルを見れば、基本的には、幸せそうだな~程度の認識だろう。第二に、おそらくその不倫カップルを被写体として選んだのではなく、あくまで街の風景を写したということ。そして何より、主人公は、この二人の不倫を暴こうとしてシャッターを押し、雑誌に掲載したのではないということ。にもかかわらず、その女性は主人公を詰る。「(主人公の過去に対して)自分を肯定してヒーロー気取り」「自分勝手」「カメラマンはそんなに偉いの?」「この先も(あなたの身勝手に)巻き込まれる人間が出てくる」……これ、この女性こそ身勝手であり、ヒーロー気取りであり、自分たちの不倫によって奥様、子どもが巻き込まれているということを棚に上げているのでは?
この二人の不倫を暴いてやろう…などという意識で行われたのであれば、主人公を責めるのは、まだわかる。しかし、思いっきり逆恨みだ。一応本人も「いけないのは自分たちです。それはわかってます」とは言ってるけど…わかってないよね?だから、ここまで身勝手にヒーロー気取りで主人公を詰れるのだよね?
いくらなんでも、ここまでおバカな逆恨みは、無理やりすぎやしませんか?
ま、「人間は誰かのせいにしたがる」ということではあるのだろうが、もう少しスンナリと理解できる、受け入れられる逆恨みの方法は無かったですかね?
ま、この女性が言っていた「身勝手さ」などが、この小説のメインテーマだろうと思われる主人公の状況、それによるヒロインの女性への思いなどに繋がっていくものだから、なんとかして、そこに繋げつつ、まるっきり同じ状況にならないようにと考えたものだとはわかるのだが…どうしても無理やりすぎて読んでいて作品に入りこめない要因となった。
また、ヒロインのおぼこい面が…いまどき、そこまで純情なアラサー(おそらく年齢は27、8歳程度?)はいるか?と思ってしまって、これも入りこめない要因とはなった。
最後に、結末だが…
ヒロインが主人公と結ばれるまでの展開が急すぎる。おそらく、主人公の視点から語られているために、ヒロインの葛藤がわからなかっただけなのだろうが、それにしても、ラストシーンの急転直下ぶりには、ドン引きした。
三話あたりまでなら5点満点という評価をしても良かったが…結末へ向かう4、5話で台無しになった。というわけで、1点。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/03/14 12:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/24 09:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/01 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/10 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/11 14:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。