サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. IoTとは何か 技術革新から社会革新へ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

IoTとは何か 技術革新から社会革新へ(角川新書)
IoTとは何か 技術革新から社会革新へ(角川新書) IoTとは何か 技術革新から社会革新へ(角川新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/03/08
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川新書
  • サイズ:18cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-082058-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

IoTとは何か 技術革新から社会革新へ (角川新書)

著者 坂村健 (著)

「IoT=モノのインターネット」とは何か。何のための技術であり、何が実現し、わたしたちの社会や生活は一体どう変わるのか。豊富な実例をあげつつ、その現状・課題・未来像と、日...

もっと見る

IoTとは何か 技術革新から社会革新へ (角川新書)

864(税込)

IoTとは何か 技術革新から社会革新へ

864(税込)

IoTとは何か 技術革新から社会革新へ

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「IoT=モノのインターネット」とは何か。何のための技術であり、何が実現し、わたしたちの社会や生活は一体どう変わるのか。豊富な実例をあげつつ、その現状・課題・未来像と、日本への指針を示す。【「TRC MARC」の商品解説】

今までの日本のICT(情報通信技術)戦略は、技術で始まり技術で終わることが多く、出口戦略がなく、結果として使われないものになっている。
IoTがその轍を踏まないようにすること、そのためにも哲学が重要なのである――。

「IoT=モノのインターネット」とは何か。何のための技術であり、私たちの社会や生活は、一体どう変わるのか。技術研究開発や社会制度設計、ビジネスや実用の最前線から、豊富な実例をあげつつ、その現状・課題・未来像と、日本への指針を示す!【商品解説】

「IoT=モノのインターネット」とは何か。何のための技術であり、何が実現し、わたしたちの社会や生活は一体どう変わるのか。豊富な実例をあげつつ、その現状・課題・未来像と、日本への指針を示す!【本の内容】

「IoT=モノのインターネット」とは何か。何のための技術であり、何が実現し、わたしたちの社会や生活は一体どう変わるのか。豊富な実例をあげつつ、その現状・課題・未来像と、日本への指針を示す!【本の内容】

目次

  • 第1章 IoTの登場
  • 1、IoTとユビキタス・コンピューティング
  • 2、世界をつなぐオープンシステム
  • 第2章 IoTの実用化とその可能性
  • 1、IoTの実証実験
  • 2、オープンIoT
  • 3、IoTによるサービス
  • 第3章 オープンとクローズ――日本の選択

著者紹介

坂村健

略歴
〈坂村健〉1951年東京生まれ。工学博士。東京大学大学院情報学環教授、ユビキタス情報社会基盤研究センター長。紫綬褒章受章。日本学士院賞受賞。著書に「毛沢東の赤ワイン」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

インターネット、クラウドは完全なのか?

2016/12/16 15:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ME - この投稿者のレビュー一覧を見る

夢物語的な部分もあるが、書いてあることは理解できるし、IoTが進むにつれてそのようになっていくのだろうと思う。しかしインターネットやクラウドを完全視しているような気がするので、「つなげない」「通信速度が遅い」場合は大丈夫なのかと心配になった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/04/08 02:44

投稿元:ブクログ

坂村先生の本。ユビキタス系のネタが多いのはご愛嬌。
テクノロジーからビジネスまで広範囲に取り上げ、整理付けされているのが、とてもよかった。
流石です。

2016/03/13 16:08

投稿元:ブクログ

1965 三宅精一 点字ブロック tactile ground surface indicator

http://traintimes.org.uk/map/tube/

open data
APIを公開 

日本の組織個人は、一般に責任感が強く失敗を恐れる傾向が強い。いわばギャランティー志向である。ギャランティー志向は、ベストエフォートにより成り立たざるをえないオープンなシステムと親和性が悪い。そのことがインターネットをはじめとする、現在主流のオープンな情報システムを構築する上で、日本が後手に回る要因になっているように見受けられる

クローズ、緻密、すりあわせ、自己完結、ギャランティーを尊ぶ日本のビジネス

イノベーションというのは進化論の世界。こうすれば必ず成功するなどというものはなイノベーションでない。つまりイノベーションを達成するには、単にやってみる回数を増やす以外に王道はない

大陸法 出来る限り法律できめる やっていいことを書き、書かれていないことは基本的にやってはいけない ポジティブリスト方式

英米法 法律は最小限。かかれているのはやってはいけない最小限のことでネガティブリスト方式

2016/11/08 17:41

投稿元:ブクログ

未来の技術について話を聞いてときめかなくなったのはいつ頃からだろうか。本書を読んでいても、全く心が踊ることはありませんでした。技術者が夢の技術!って風に技術を語るのはつくづく困難な時代となりましたね。

2016/12/29 13:05

投稿元:ブクログ

◯「VRMーVendor Relationship Management」は、まさに管理の向きがCRMと真逆。カスタマーが自分に関係するベンダーを管理するという考え方だ。(106p)

◯カメラの機能を撮像素子とディスプレイとユーザーインタフェースに分解して、環境中に分散する。そしてクラウドから部屋全体に置かれたカメラを操作する。(144p)

◯日本の組織・個人は、一般に責任感が強く失敗を恐れる傾向が強い、いわばギャランティ志向である。ギャランティ志向は、ベストエフォートにより成り立たざるを得ないオープンなシステムと親和性が悪い。(160p)

2016/05/04 15:16

投稿元:ブクログ

IoTという言葉がよく出てくる昨今、結局何が重要なの?という素朴な疑問に坂村先生がわかりやすく解説した本。技術だけではなく運用や制度も含めてオープンな基盤となる、それがこれからのIoTなんだと先生は語ります。IoTを語るならこれを読んでおきたいという感じの一冊です。

2016/05/23 23:04

投稿元:ブクログ

技術者として関わってきた人の視点によるIoTの本。
ユビキタスだとかどこでもコンピューターと呼ばれてるものはほぼIoTと同義らしい。
そして、この本であちこちに登場したucodeというものを初めて知った。個別の物に対して情報を得ることができるのだとか。昔、スーパーのバイトで割引シール貼る仕事してたけどこれが普及すれば必要なくなるのかもしれない。
それにしても、IoTが普及すると個人情報が筒抜けになってしまうのではと心配になる話もいくつかうせあった。犯罪利用する人もでてくるんだろうなぁ。
本題とは関係ないけど、英国で、救急隊員が使った手袋でゴムアレルギーの人が亡くなったという話を知って衝撃を受けた。何歳の人なのだろう。

2016/07/03 16:40

投稿元:ブクログ

IoTとは何か。なんのための技術で、どういった技術なのか。私たちの生活がどうなっていくのかを簡単にまとめた本。小難しい説明はなく、かといって思想だけではなく実例も踏まえた説明がされる。インダストリ4.0など、世界の動向も簡単にまとめており、「IoTって何?」と思う人には丁度よい本だろう。ただ、中身はどうしてもシステム関連の話が出てしまうので、その辺りを気にしない人でないと、少し辛いのかもしれない。

●メモ
・細分化した技術は「なぜ、こう設計したのか」が抜けている
・モノをインターネットで繋ぐのではなく、Internetのようにモノをつなげていく。会社、組織、ビル、住宅…
・情報処理OS(LINUX)、組込用OS(TRON)
・IoTを実現することで、「世界が人間の入力、調整なしにコンピュータが自動制御、最適な制御を行う」ことに。
・インダストリ4.0で成し遂げようとしていることは、トヨタのJIT、カンバン方式と変わらない。違いは、一企業のクローズされた中か、世界にオープンなのかどうか
・トレーサビリティ機能も「特定の何かのため」ではなく、汎用的にして社会へ貢献していく。電子タグ(ucode)の紹介。課題はコスト負担をどうするか
・IoTの活用は「ヒト対モノ」ではなく「モノ対モノ」に可能性を見出す。オートメーション化された向上。インダストリ4.0はそれを実現するが「製造業」に絞られている
・GEのインダストリアル・インターネットは設備機器の運用・メンテナンスのIoT化。ビッグデータで故障発見前にメンテナンス。ただし特定メーカーに絞られている
・「モノ」だけでなく「場所」にIDをふる。住所ではなくビルの何回会議室
・日本に今後必要な、電子貨幣。各社が複雑化してしまっている。
・2020年以降、日本経済は厳しくなるからこそ、それまでに価値のあるインフラを作り上げなければならない
・個人情報をカードではなくクラウドに保持
・行政データをAPIで利用可能。単なるデータ、PDFでは他の用途へ利用できない
・日本は責任感が強く、失敗を恐れる傾向が強いため、ベストエフォートで成り立つオープンなシステムと相性が悪い。電子タグでも間違った時の責任をどうするのかなどで前へ進まない。ガバナンスをどうしていくかが最大のテーマとなる
・IoTで謳っている理想は全て政府、自治体・民間・個人の連携によって成り立つ。日本の組織が最も苦手とする分野。それに比べて米国は失敗しても、~だから失敗したとして体制を変えて挑戦する
・イノベーションを達成させるには回数が必要

2016/11/26 22:56

投稿元:ブクログ

日本貨物鉄道(JR貨物)会長 石田忠正氏
日本経済新聞 朝刊 読書 (21ページ)
2016/11/20 3:30

2017/01/01 08:00

投稿元:ブクログ

年が明けてしまいましたが、私、この本のタイトルである「IoT」という言葉、昨年(2016)に初めて知ることとなりました。新聞や雑誌の見出しに使われることも多く、何のことかと思っていましたが、インターネットの進化形ということになるのでしょうか。

以前、コンピュータ、ロボット等が、ついに人間の支配を脱して自分の意志をもって行動して人間と闘うという映画(ターミネーター)がありましたが、この「IoT」はそこに至るまでの最初のステップなのでしょうか。

それはともかく、今年(2016)一杯は、IoTとは何なのか、人間と共存することは可能なのか、それにより私たちはどのような影響を受けるのかについて考えていきたいと思いました。

以下は気になったポイントです。

・IOTとは、ユキビタス、その前は「どこでもコンピュータ」、さらに前には、「HFDS=超機能分散システム」、今のインターネットが、ウェブやメールなどの人間のコミュニケーションを助けるものであるのに対して、コンピュータの組み込まれた「モノ」同士がオープンに連携できるネットワークであり、その連携により社会や生活を支援する、それがIOTである(p13)

・蒸気、電気(モータ等の電機化)、オートメーション(コンピュータ等による電子化)につぐ、第四の産業革命が、IOT化、部品製造から組み立て販売まで、すべての現場が連結され透明化されるとドイツでは言われている(p33、81)

・トヨタのカンバンシステムもIOTであるが、それは系列に閉じたIOTである。インダストリー4.0が目指すのは、標準化したカンバンによりドイツ、さらには世界中の製造業すべてが繋がる、系列に閉じないカンバンシステムである。閉じたIOTから、インターネットのようになることが、世の中を大きく変えるにあたって大切なこと(p35、64)

・現在最新の旅客機では、機体を構成する全部の部品に電子タグが取り付けられている、1台の飛行機は400-600万個の部品で構成されるが、これにより全世界において部品のメンテナンスが効率的にできる(p53)

・ネットに繋ぐ、をモノが単なる「物品」でなく、場所というようなケースも包含することを明示するために、IOE(Internet of everything)という言い方もされている(p69)

・電話という音声通信技術の導入で1.0、コピーやFAXという文書通信技術で2.0、コンピュータやインターネットというデジタル通信技術で3.0、そしてIOTで4.0となるだろう(p81)

・最近のインターネットでの「データ公開」は、人間が読むことを前提としてPDFなどによる情報公開ではなく、ネット経由でほかのシステムから利用できるAPI(システムを外部プログラムから制御するための命令群)を設置して、それを公開するというスタイルである(p121)

・日本の電力会社は、電力メータをネットワークにつなぎ、精緻な予測を行うことで、東日本大震災以前は、年間停電時間14分という世界でも例を見ない停電時間を達成してきた、欧米は50-90分、中国は13時間(p167)

・成功してしまった組織は、テクノロジーの変化にはついていけるが、最適化して既得権���の塊になった社会的なクローズドシステムが残り、変化に対抗する(p175)

・オープンでベストエフォートで便利だが、だれも究極の保証をしてくれないのは道路交通網も同じ、安全という意味では、毎年4000人以上の死者を出しながら、日本社会に未だに許容されている最大のベストエフォートシステムである(p234)

2017年1月2日作成

2017/01/11 18:34

投稿元:ブクログ

「アメリカでは、既存のクローズシステムの既得権益者を切り捨てるために、オープン化を実現する」
印象的なフレーズ。

2016/10/29 13:21

投稿元:ブクログ

坂村先生,最近見かけなくなったと思ったが,ずっと同じことを続けていたのか.
この本を読むと,数年前にTRONについて書かれたものを読んだときと同じことが書いているような気がする.(実際に同じことが書いている訳ではないが,受ける印象のようなものが)
時代が追いついてきたということなのかな.
相変わらず後半部が少し冗長だけれど,オープンソースではないオープンという概念について言わんとすることは分かる.

2016/08/06 19:48

投稿元:ブクログ

IoT=ユビキタス=どこでもコンピュータ=HFDS(超機能分散システム)

社会認知度のカーブ「ハイプ・サイクル」
黎明期→「過度な期待」のピーク期→幻滅期→啓蒙活動期→生産性の安定期

2016/07/04 19:32

投稿元:ブクログ

過去ではなく、今、そして未来に目を向けて書かれているので、ワクワクした気持ちで読み進めることができた。
それと同時に、新しいことを始めようとした時の日本社会のしがらみの多さには残念でしかたない。

2016/06/25 18:53

投稿元:ブクログ

IoT社会の実現には、技術革新のみでなくネットのようなオープン化のための社会制度改革が必要であり、日本は特にこの制度改革を急ぐ必要がある。
例えば、利用者や企業から取得する情報のアクセス権限をその情報の使用者によって適切にコントロールする徹底したガバナンス管理によるプライバシー問題への対処や、情報をオープン化する事によって発生する問題の責任所在を一局集中ではなく曖昧な境界線のベストエフォートのギャランティにする。
これにより、特定の場所や企業、メーカーで閉じるネットワークではなく、あらゆる物が製造元を越えたネットワークの形成が可能となり、イノベーションが加速する。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む