サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

死仮面
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/04/16
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/351p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390393-4
  • 国内送料無料

紙の本

死仮面

著者 折原一 (著)

本名を偽ったまま死んだ「夫」。正体は何者なのか? それを解く手がかりは、大学ノートに残された小説のみ。失踪した中学生の少年を救うために、同級生4人組が、マリオネットの仮面...

もっと見る

死仮面

1,400 (税込)

死仮面

ポイント :12pt / 紙の本より328おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.9MB 無制限
Android EPUB 6.9MB 無制限
Win EPUB 6.9MB 無制限
Mac EPUB 6.9MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

本名を偽ったまま死んだ「夫」。正体は何者なのか? それを解く手がかりは、大学ノートに残された小説のみ。失踪した中学生の少年を救うために、同級生4人組が、マリオネットの仮面の男に立ち向かう物語だった−。【「TRC MARC」の商品解説】

秋月雅代が、急死した内縁の夫が勤めていたはずの高校に連絡すると、「そんな教師はうちにはおりません」と言われてしまう。「夫」は、名前も身元も偽っていたのだ。では、いったい何者だったのか?
手がかりは、大学ノートに遺された小説のみ。少年の失踪事件が相次ぐなか、中学3年生の「僕」が、行方不明となった同級生を救うために、仲間3人と、仮面の紳士が住む屋敷を訪ねるストーリーだった。そこで起きた惨劇は現実なのか……。
真実を知るべく、雅代は、物語の舞台となった地方都市に向かった。【商品解説】

著者紹介

折原一

略歴
〈折原一〉埼玉県出身。早稲田大学文学部卒業。JTBで『旅』などの編集に携わる。1988年「五つの棺」でデビュー。「沈黙の教室」で日本推理作家協会賞(長編部門)受賞。他の著書に「侵入者」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.0

評価内訳

紙の本

残念ながら

2016/06/11 10:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

折原一さん得意の叙述トリックによるミステリー。
しかし、この作品は、設定や書き方に粗さを感じます。謎解きの爽快感に欠け、残念です。
昔の作品ですが、折原一さんは「沈黙の教室」などが傑作だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/07/18 18:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/30 11:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/04 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/16 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/02 19:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/07 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/29 17:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/24 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る