サイト内検索

詳細検索

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

2022冬の読書応援 200万ポイント山分けキャンペーン ~2/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/03/17
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • サイズ:18cm/201p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-03909-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

遠近法がわかれば絵画がわかる (光文社新書)

著者 布施英利 (著)

物体、色彩、陰影、線…。さまざまな重なりが織りなす「遠近法」を、私たちは目と脳でどう読み解いているのか。名画、建築、庭園、現代アートをとりあげ、その謎に迫る。また、遠近法...

もっと見る

遠近法がわかれば絵画がわかる (光文社新書)

税込 968

遠近法(パース)がわかれば絵画がわかる

税込 869

遠近法(パース)がわかれば絵画がわかる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 26.6MB
Android EPUB 26.6MB
Win EPUB 26.6MB
Mac EPUB 26.6MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

物体、色彩、陰影、線…。さまざまな重なりが織りなす「遠近法」を、私たちは目と脳でどう読み解いているのか。名画、建築、庭園、現代アートをとりあげ、その謎に迫る。また、遠近法が確立されるまでの美術史もひもとく。【「TRC MARC」の商品解説】

ダヴィンチの『受胎告知』『最後の晩餐』、セザンヌの静物画、日本の枯山水など、遠近法が確立されるまでの美術史とその理論。【本の内容】

著者紹介

布施英利

略歴
〈布施英利〉1960年群馬県生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科(美術解剖学)博士課程修了、学術博士。批評家。芸術と科学の交差する、美術の理論を研究。著書に「構図がわかれば絵画がわかる」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

関係性

2019/06/20 13:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギン - この投稿者のレビュー一覧を見る

遠近法という観点から絵画を見ると、絵を見る人と描かれたものの関係を描いた人がどうとらえられているのかが伺えておもしろい。

特に、セザンヌのエピソードが印象に残った。「神を信じるか」と聞かれて、「信じなければ、絵なんか描けない」と言ったらしい。絵を描くにあたって、信じなければならないものは実はたくさんあると思う。絵を見た人の感性を信じなければならない。先人の画家の積み上げてきた技術や創意を信じなければならない。描かれるものの存在を、目の前に世界が存在することを信じなければならない。そういうものを総称して神と言ったのではなかったか。ロマネスク美術がルネサンス美術に移行するにあたって、神の概念が安定と調和という概念に拡張され、セザンヌはそれを受け継いで、近代化したともいえるかも。「キューピッドの石膏像のある静物」では、キューピッドの石膏像をわざわざ2方向から眺めたりして、石膏像の存在を必要以上に確認している。そこに現れるのは神の存在を疑う人間の姿だ(疑っても、否定はしなかったようだ)。

ルネサンス美術における神が安定と調和の象徴だと思ったのは、この本に載っているレオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐の写真を見たからだ。周りの弟子たちはイエスの言葉に動揺しているのに、真ん中のイエスだけが少し悲しそうに落ち着いた表情をしている。つまり神とは、この絵の中のイエスのように、安定と調和そのものである、と。そして、画面がただ一つの消失点に収束するように描かれていること、それはただ一つの存在である神のもたらす安定と調和なのだ、と、当時の人たちは思っていたんじゃないかと思う。きっと当時の神は民に向かって「よく見なさい、世界をよく見なさい」と言っていたんだな。時代が下ってから存在を疑われるまでになったということは、よく見ようとして、かえって見えない人もいたってことか・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/04/08 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。