サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

消去 新装版
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/03/19
  • 出版社: みすず書房
  • サイズ:20cm/493p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-622-07990-3
  • 国内送料無料

紙の本

消去 新装版

著者 トーマス・ベルンハルト (著),池田 信雄 (訳)

フランツ−ヨーゼフ・ムーラウが両親と兄の死を告げる電報を受け取るローマの章「電報」と、葬儀のために訪れる故郷ヴォルフスエックを描く章「遺書」からなる、オーストリアの作家ト...

もっと見る

消去 新装版

5,940(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

フランツ−ヨーゼフ・ムーラウが両親と兄の死を告げる電報を受け取るローマの章「電報」と、葬儀のために訪れる故郷ヴォルフスエックを描く章「遺書」からなる、オーストリアの作家トーマス・ベルンハルトの代表的長編小説。〔「消去 上・下」(2004年刊)の合本〕【「TRC MARC」の商品解説】

2004年に上下本として刊行され、圧倒的な評価と支持を受けながら、長らく品切れにしていた、オーストリアの作家トーマス・ベルンハルトの代表的長編小説『消去』を、ここに一巻にして新たに刊行。主人公フランツ‐ヨーゼフ・ムーラウが両親と兄の死を告げる電報を受け取るローマの章「電報」と、主人公が葬儀のために訪れる故郷ヴォルフスエックを描く章「遺書」からなる本書は、反復と間接話法を多用した独特の文体で、読者を圧倒する。ベケットの再来、あるいは文学界のグレン・グールドと評価されるベルンハルトとは、いったい誰なのか。

※2004年、シリーズ《lettres》の上下本として刊行し、圧倒的な評価と支持を受けながら、長らく品切れにしていた、ドイツ語圏の最重要作家ベルンハルトの主著を、ここに一巻にして新たに刊行。【商品解説】

著者紹介

トーマス・ベルンハルト

略歴
〈トーマス・ベルンハルト〉1931〜89年。オランダ生まれ。20世紀のオーストリア文学のみならず世界文学を代表する作家・劇作家。著書に「私のもらった文学賞」「ヴィトゲンシュタインの甥」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/06/28 04:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

欧米の小説・文学 ランキング

欧米の小説・文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む