サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

2019年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン ~11/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 暮らし・実用の通販
  4. 健康・家庭医学の通販
  5. 主婦と生活社の通販
  6. 漢方薬事典 医師からもらう全148処方最新完全ガイド 改訂版の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

漢方薬事典 医師からもらう全148処方最新完全ガイド 改訂版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/04/08
  • 出版社: 主婦と生活社
  • サイズ:21cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-391-14814-5
  • 国内送料無料

紙の本

漢方薬事典 医師からもらう全148処方最新完全ガイド 改訂版 (NHKきょうの健康)

著者 嶋田 豊 (監修),「きょうの健康」番組制作班 (編),主婦と生活社ライフ・プラス編集部 (編)

頭痛、めまい、腰痛、ひざ痛、肩こり…。漢方の特性を理解するための基礎知識とともに、古くからの経験知と現代のエビデンスに基づいた漢方治療を紹介します。NHKEテレ「きょうの...

もっと見る

漢方薬事典 医師からもらう全148処方最新完全ガイド 改訂版 (NHKきょうの健康)

1,490(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

頭痛、めまい、腰痛、ひざ痛、肩こり…。漢方の特性を理解するための基礎知識とともに、古くからの経験知と現代のエビデンスに基づいた漢方治療を紹介します。NHKEテレ「きょうの健康」の番組内容をもとに単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

2012年刊「漢方薬事典」が好評につき、装いも新たになって改訂版となりました。最新情報の掲載はもちろん、ページ数も増加され、内容がさらに充実しています。
西洋医学の現場でも、盛んに取り入れられるようになってきた漢方。西洋医学と漢方医学、双方のメリットを生かし、相互に補完しあうことで、患者さんにとって最善の治療につながると期待されています。本書は、これから漢方治療を受けてみたい方、実際に処方され服用している漢方薬について詳しく知りたい方など、漢方に興味がある一般読者に向けて、基礎情報をまとめてお伝えするものです。医師が処方する保険適用になる漢方薬すべてについて、効果効能、どんな人に向くか、注意すべき副作用、どんな生薬で構成されているかなど、詳しく解説しています。

《収録内容》
Part1 なぜ今、漢方なのか
Part2 なんとかしたいこの悩み! 症状・病気別 漢方治療薬
Part3 これでわかる! 医師からもらう 漢方薬【商品解説】

漢方の基礎や、保険適用のすべての漢方薬の情報を完全網羅。これから漢方を治療に取り入れたい人は必携です。【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

症状別、漢方薬別、生薬紹介

2017/07/15 00:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

漢方薬はストレス社会である現代において多いといえる不定愁訴にはもってこいの存在であるようだ。検査で明確に病気の診断が確定すれば、西洋医療にしたがい、医薬品などによって治療をすべきであろうが、そうでない原因不明の体調不良には、漢方薬を試してみるとよいかもしれない。
もっとも漢方薬は、同じ病であっても体質やそのときの体の状態などによって使う薬が異なり、また別の病であっても1つの漢方薬が効果を現すこともあるようだ。そしてどの漢方薬が適しているのか自己で判断するのは大変難しいように感じる。
風邪では葛根湯がよく知られているが、これは本来、実証で陽証のときに用いるのに適しているもので、もともと体力の低下している人は虚証で陰証の場合が多く、葛根湯よりも別の漢方薬を使用した方が良いようだ。また葛根湯は風邪の引き始めに効果があり、長引いた時も別の漢方薬を使用すべきようだ。小青竜湯なども聞いたことがあるが、痰などに効くものの、やはり合う人、合わない人があるようだ。
便秘、下痢、過敏性腸症候群なども同じ症状でありながら適した薬は人や場面でかなり異なるようで、肩こり、冷え性などもやはり同様のようだ。なかには肥満に効く漢方薬もあるようで驚きである。防風通聖散と防已黄耆湯がそれで、便の調子などによって適した薬が決まるようだ。

本書はまず漢方薬とはどのようなもので、どのような時に使用するのが良いかという全般的な説明がなされている。その後、症状別に場合わけしてよく使用される漢方薬を紹介している。そして最後に148種類の漢方薬の説明、生薬についての説明がなされている。事典として使いやすいであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

漢方薬

2018/05/31 19:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

医者で処方される漢方薬って、難しい名前のものが多いですよね。これはどういった作用をするんだろうと気になった時に引きやすい事典です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

漢方

2016/08/26 02:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

東洋医学に興味があって、いろいろ試しているのでよんでみました。
漢方の効能、せんじ方などくわしくのってて、お得です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

薬 ランキング

薬のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む