サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 帰ってきたヒトラー 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

帰ってきたヒトラー 上(河出文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 34件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/04/22
  • 出版社: 河出書房新社
  • レーベル: 河出文庫
  • サイズ:15cm/292p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-46422-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫)

著者 ティムール・ヴェルメシュ (著),森内 薫 (訳)

現代のベルリンで目覚めたヒトラー。彼は自殺したことを覚えていない。周囲の人々は彼のことをヒトラーそっくりの芸人だと思い込み、彼の発言全てを強烈なブラックジョークだと解釈し...

もっと見る

帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫)

691(税込)

帰ってきたヒトラー 上

691 (税込)

帰ってきたヒトラー 上

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現代のベルリンで目覚めたヒトラー。彼は自殺したことを覚えていない。周囲の人々は彼のことをヒトラーそっくりの芸人だと思い込み、彼の発言全てを強烈なブラックジョークだと解釈し…。2016年6月公開映画の原作。【「TRC MARC」の商品解説】

二○十五年にドイツで封切られ二四○万人を動員した本書の映画がついに日本公開! 本国で二五○万部を売り上げ、四十二言語に翻訳されたベストセラーの文庫化。現代に甦ったヒトラーが巻き起こす喜劇とは?【商品解説】

2015年にドイツで240万人を動員した本書の映画がついに日本公開! 本国の売上250万部、42言語に翻訳された大ヒット本!【本の内容】

著者紹介

ティムール・ヴェルメシュ

略歴
1967年、ドイツのニュルンベルク生まれ。エルランゲン大学で歴史と政治を学ぶ。ジャーナリストとしてタブロイド紙〈アーベントツァイティング〉紙や雑誌などで活躍。ゴーストライターとして4作品を刊行。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー34件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (14件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

今の時代だからこそ

2016/11/10 22:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はみぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

帰ってきたヒトラー
総統の行ったことは決して認められるものではないが、ユートピア思想の究極ともいえる状況が彼の思想だったと思うのです。
この本は相当の思想を面白おかしく冗談にしているように見えて、現在の多くの資本主義に根差した政治の閉塞状況を捉えており、とても分かりやす教科書であるとも言えます。
毛嫌いするのではなく、向き合ってみることに意味のある本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

独裁者の資質

2016/12/17 12:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

政治家や政党は「ブレない」ことをウリにすることがある。ブレないことって、結局本書の中のヒトラーの言動と同義なのかも。ただ、自分の信念に固執して、人の話に耳を傾けない。このパターンなら「克ってきたヒトラー」になりうる政治家は日本にも複数いそうで、ドイツが舞台の絵空事といえない気がする。
本書を読んだあとで、タイトルにつられて香山リカさんの『『独裁』入門』や岡田斗司夫さんの『『世界征服』は可能か?」も読んでみました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

小説だけの話じゃない

2016/12/08 19:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄色い刀 - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画を見たのをきっかけに原作を読みました。今の世界の情勢とか政治のこととかを考えると、小説の話でしょ、と楽しく読んでられません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ヒトラー復活?

2016/07/10 06:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本読みの獣 - この投稿者のレビュー一覧を見る

現代に復活したヒトラー。怖さのような物は全くなく、どちらかというと笑えるんだけど、現代にヒトラーがいたら今の世の中の事をどう思うんだろうか?そんなところが興味深いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

了解しました!わがソートー!

2016/05/12 21:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒトラーが、2011年8月30日のベルリンにタイムスリップ。タイムスリップものに目がない私としては速攻の衝動買い。
 キオスクの親父に助けられ、思いがけずテレビのお笑い番組に出演し好評を博すも、謎の脅迫文が届くという、上巻は不穏な終わり方でした。
 テレビやパソコンや携帯電話の操作に戸惑う等の滑稽なシーンがある一方、EU批判や現政権批判等は辛辣です。本書はドイツではベストセラーとなっているようですが、EUや現政権への不満の表れでしょうか?下巻が楽しみです。
 私はドイツ社会やヒトラーの知識がほとんどありませんが、物語に引き込んでゆく著者の筆力は凄いと思います。知識があれば、面白さ倍増でしょうね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/12 18:27

投稿元:ブクログ

映画を観るために原作を読んだ。

ナチ関係のフィクションは
これまでもあったが
アドルフ・ヒトラーがこれほど唐突に蘇り
これほど普通にベルリンの街で暮らし
これほど受け入れられてしまうとは。。。

映画の日本公開時のキャッチコピーは
「笑うな危険」だが
確かにブラックな笑いが満載だ。
しかし読み進むほどに笑おうにも笑えなくなってくる。

原作はヒトラーの一人語りで進行するが
その口調よりも、彼の目の前の現象すべてが
彼流に再解釈され、堂々と再定義される有様が
「我が闘争」そのままで戦慄する。

現代の人々との会話がどんなに噛み合わなくても
彼はすべて自分流に解釈し
相手もそれを受け入れてしまうから恐ろしい。

そしておなじみのヒトラーの言い分
「私を選んだのは普通の国民だ。
 彼らは選挙で優秀な人物を選び
 国家の命運を託したのだ」
は、今の時代にあって一層黒い輝きを帯びる。

民主主義を利用して独裁を成し遂げるこの方法が
ある種の政治家を魅了してやまないのは
我が国を見ていてもわかる。

原作が出版されたのは2012年。
国民の戦争責任を認め、自省に努めてきたドイツも
戦後70年を経て、テロの危険や難民の流入で
民主主義や人道主義に対する疑問は
膨らむばかりだ。

だからこそこうしたフィクションが必要なのだ
というのが作者の考えで
果たして、大メディアの批判をよそに
この作品はベストセラーとなり
映画も大ヒットした。

「帰ってきたヒトラー」は原作と映画を併せて
ご自分の頭と目で確認してほしい作品だ。

映画にはドキュメントが随所に挟み込まれているが
それを見ると、いま、ドイツの人々の多くが
強く魅力的な人物を望んでいる(らしい)ことがわかる。
それがたとえヒトラーであっても。

そしてそれはドイツに限ったことではない。

2016/11/13 21:08

投稿元:ブクログ

原作が出た時の話題ぶりから
もっと軽い
エンターテインメント色の強い作品かと思ってたが、
真剣に読まないとだめな感じだ。

2016/07/17 20:01

投稿元:ブクログ

なるほどー。

硬いのか柔らかいのか分からないけれど……ヒトラーが生き返ったとしたら、そのあまりに有名な風貌を「無視出来ない」ということだろう。

そうして、淡々と2011年の世界がどう変化したかを眺めるヒトラー。
彼が行った演説がYouTubeで世界中に配信され、「評価」されてゆく過程。
けれど、フィクションは、やがてフィクションではなくなる力を持つのではないか。
ヒトラーが、必ずしもヒトラーでなくとも、この話は成立するのではないか。
ほんの少しの鳥肌を味わいながら、下巻へ。

2016/05/30 07:16

投稿元:ブクログ

表紙イラストが秀逸だが…『帰ってきたヒトラー』という題名を視る以前に「ヒトラーの何か?」と思った…が、これは現代の世界を舞台にした、或る種のコメディーの小説で、非常に興味深い作品だった。

これはドイツで登場し、じわじわと話題になってベストセラーということになり、ドイツ語圏に留まらずに多くの国々で翻訳されているのだという。

2016/06/29 23:40

投稿元:ブクログ

なぜかヒトラーが60年ほど冷凍保存され、2011年の現代ドイツに1945年4月末の意識を保ったままよみがえる。

ヒトラーが手がけたきた行為を反芻しながら、本書をよむことが、いかに面白いか。

映画化されたものは未聴だが、これは活字でなくては伝わらない面白さと著者の工夫が随所にある。

本書は、現代ドイツ版の『パパラギ』だろう。
70年前の筋金入りの国家社会主義者からみた現代は驚愕と落胆の連続であり、現代人からすれば懐古的な思想と発言しかできない男をどこまでも訝しく思う。

そして、それは徹底的な風刺であり皮肉であるが、そしてその皮肉を発する主体である「ヒトラー」その人物も、周囲からすれば「ヒトラーになりきった人」という見え方しかされていない。いかにこれが皮肉なことか。

現代におけるヒトラーの滑稽さと、ヒトラーから見た現代の滑稽さを、相当意識的に混同し、読者を困惑させる。賛同はしないが、応援は心から行う。

そういう小説ではないだろうか。

2016/08/16 22:51

投稿元:ブクログ

前々から気にはなっていたが、文庫化、映画化の流れに加えて、今年の夏の戦争関係ということで読み始めた。歴史を多少わかる人であれば、くすくすっと笑えるというか、ヒトラーの言っていることがわかるというか。反対にわからない人には何がどうおもしろいのかが分からない小説かもしれない。上巻ではだいたい副題から推測できる程度の内容だったので、下巻の盛り上がりというか、深く突っ込んだ話に期待。

2016/05/09 02:13

投稿元:ブクログ

良く出来てる。日本では現代に蘇るのが宮本武蔵だったり、あるいは自衛隊を過去に送り込んだりしてるが、これをドイツで出せるってのは良い意味でタブーが無いんだろうな。名前を出すのも題材にするのもダメ、っていう言葉狩り的な思考停止に陥ってないのは羨ましい。どのように風呂敷を畳むのか。

2016/08/28 10:13

投稿元:ブクログ

映画化作品の原作。
ある日、なぜかわからないが現代によみがえったヒトラー(本人)を主人公にした話。

上巻は、現代によみがえり、すっかり変わってしまった社会やテクノロジーに翻弄されつつ、ひょんなことからテレビデビューするあたりまでのお話。


ストーリーとしてはおもしろいような気がするが、もともと翻訳物が苦手なせいか、やはりあんまり物語に没頭できずにおわった感じ。

2016/11/05 10:21

投稿元:ブクログ

ヒトラーが現代に蘇ってきた!すっかり様変わりしたドイツで彼は自分が信じる「国家の幸福」の為に奮闘します。ヒトラーのそっくりさんと思われテレビに出るようになり良くも悪くも人気者になってしまう。Youtubeの視聴者数なんてものすごいことに!

何が面白いって、とにかく嚙み合わない会話。ヒトラーの大真面目な口調も可笑しくてたまらない。

ヒトラーを題材にした爆笑小説という、かなり思い切った本です。イスラエルでも発行されたというのは驚き。

2016/07/04 09:18

投稿元:ブクログ

面白かった。現代に甦ったヒットラーと彼を取りまく芸能界の人々の、ちぐはぐなやりとりが傑作。今のところ上巻では総統は自分の使命を理解しつつもまだ政治風刺のコメディアンの扱い。

下巻が楽しみ。

河出文庫 ランキング

河出文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む