サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

11/1~ <honto限定!電子おまけ>3社合同・小田原みづえキャンペーン(~11/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. ゲンロンの通販
  6. ゲンロン 2(2016April)慰霊の空間の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゲンロン 2(2016April)慰霊の空間
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/04/07
  • 出版社: ゲンロン
  • サイズ:21cm/315,24p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-907188-15-3

紙の本

ゲンロン 2(2016April)慰霊の空間

著者 東浩紀 (編)

特集:慰霊の空間特集の中心をなすのは、津田大介らが参加した、2016年ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展日本館のコンペ展示案。挑戦的なプランを2色刷りで完全再現。中沢新...

もっと見る

ゲンロン 2(2016April)慰霊の空間

2,592(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

特集:慰霊の空間

特集の中心をなすのは、津田大介らが参加した、2016年ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展日本館のコンペ展示案。挑戦的なプランを2色刷りで完全再現。中沢新一へのインタビュー、五十嵐太郎・黒瀬陽平とともに災害と慰霊を再検討する鼎談など、多様な側面からこの国における慰霊のありように迫る。


小特集:現代日本の批評Ⅱ

巻頭には最後の長篇こと『モナドの領域』を発表した筒井康隆を迎え、その戦争観、歴史観、文学観を、東浩紀が独自の視点で問う。話題のシリーズ「現代日本の批評」は平成に突入。90年代を一挙に概観する。


哲学・美学から創作まで

ほかメイヤスー『有限性の後で』の刊行に合わせた、千葉雅也と東浩紀の対談を収録。オーウェンスの翻訳第2回、黒瀬陽平、速水健朗、井出明の連載評論、海猫沢めろんの連載小説、国際色豊かなコラムなど、前号比50頁増の特大号!!
【本の内容】

収録作品一覧

SFから神へ 筒井康隆 述 5−24
『噂の眞相』と反体制的サブカルチャー論壇の時代 さやわか 著 188−191
神は偶然にやって来る 千葉雅也 述 192−216

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

負の記憶の継承

2016/09/04 19:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫目太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

慰霊の場所や、それを担う文化の構築。慰霊という空間を考える。ロシアの歴史と旧ソ連との断絶過程を全て見せる博物館。だが、「レニングラード攻防博物館」はそれに反する建物。激しい攻防の中、国民同士の対立は無く、麗し美談に飾られた愛国的な表現に終始している。これは、日本の「災害復興博物館」と同じ「美しい部分」だけで、それから受ける負の記憶、震災後の公金に関する教訓が無いに等しい。慰霊と観光ダークツーリズムを考える事で、この「負の記憶」の継承も考えなければならないと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む