サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる

著者 香西 睦 (著)

作り手や運営側の「作りたい」サイトをユーザーに押しつけてはいませんか? 情報デザイン設計の第一線で活躍する著者が、ユーザー視点に立った「本当に使いやすい」Webサイトを、...

もっと見る

だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる

2,376(税込)

だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる

2,160 (税込)

だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる

ポイント :20pt / 紙の本より216おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

作り手や運営側の「作りたい」サイトをユーザーに押しつけてはいませんか? 情報デザイン設計の第一線で活躍する著者が、ユーザー視点に立った「本当に使いやすい」Webサイトを、○×形式でわかりやすく解説します。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

香西 睦

略歴
〈香西睦〉1964年生まれ。千葉県出身。情報デザイン設計ストラテジスト。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/11/26 17:00

投稿元:ブクログ

UI 設計と情報アーキテクチャとマーケティングがまとめて一冊になったような本。のわりにページあたりの情報量が異常に少なく、イラストと合わせて薄っぺらい印象。UI/UX 業界では時代の流れや技術の変化によって個々のテクニック(ローテーション・バナーとか、フラット・デザインとか、レスポンシブ・デザインとか、ハンバーガー・メニューとか)の毀誉褒貶が激しいので、個々のテクニックについて是非を論じる本は賞味期限が短そうだ。

2017/04/20 00:42

投稿元:ブクログ

ちょっとださいけど、B2Bサイト直すならこれぐらいがちょうどいいのかもしれないと思うようになってきた。
エンタープライズ系は遠く及ばないけれど。そういうタイトルにしたほうが満足度上がると思う。

2017/05/18 19:55

投稿元:ブクログ

クライアントファーストではなく、ユーザーファーストでサイトは作られなければならない。良い例、悪い例が載っているのでわかりやすい。

2016/04/25 15:39

投稿元:ブクログ

今までになかった、細かくデザインに関する指摘が入っていて面白い。
自身のデザインで「これでよかったのか?」と疑問に思うことがあるのだが、そういうときに、死ぬほど役立つとはいいにくいのだが、最初に作るときにもっと工夫が出来そうな気はする。

デザインのダメなのがユーザービリティの問題という観点の方が強いのかな?
ホワイトスペースだったり文字に関してもう少し書いてて欲しいと思ったのだが、好みがあるため写経のほうがいいのかもしれない。

事例はたくさん載っているので見て損はない。

2016/07/20 21:28

投稿元:ブクログ

所在:展示架
請求番号:547.48/Ko98
資料ID:11600449
より見やすく、使いやすいWebサイトはどう作っていけば良いのか?
実用的なデザインを考えるためのヒントが詰まった一冊です。
良い例と悪い例を並べ、その理由とポイントを3つに絞って紹介していく構成になっているため、内容が頭に入ってきやすいです。
これからWebサイトをつくろうと考えている人は読んで損のない本だと思います。

選書担当:原嵜

2016/06/20 00:54

投稿元:ブクログ

わりと参考になる点は多いのだが、まず抜本的に構成を見直したほうが良いと思う本。

本の構成としては、
まず例があって、どこがダメなのかの説明、改善例、が数ページ続いて、
区切りのコラムでそれまでの例の詳細な説明、となっている。

何がダメかというと、とにかく例が分かりづらい。
それらしい架空のサイトを頑張って作ったのは評価したいが、
まず一番に悪いサイトが目につく、
Pointとだけ書かれていて何がポイントなのかパッと分からない、
数ページだとってからタイトルが主体でそれを読まないと
PointとCheck!と書かれている内容がどうつながっているのかも分からない、
そして区切りのカラムまで読み進めなければ筆者が何を伝えたいのかが分からない、
カラムを読んでからまた前のページのサンプルサイトを見直して納得する、
という感じで、およそ良い構成とは思えない。

次の版での大幅な改善に期待したい。

2017/01/11 19:38

投稿元:ブクログ

レイアウト・インターフェース、コンテンツ編集・設計、ユーザビリティ、サイト設計・マーケティング戦略の4つのチャプターで構成。
見開きでデザイン良し悪しを説明、合間にコラムが掲載されている。

同じサイトで良し悪しのデザイン例が掲載されているため、改善方法が分かりやすい。

メニューの作り方、新規ユーザーに見てもらうための工夫、FAQやフォームの作り方なども分かる。ディレクター、デザイナーは一読しておきたい本。

Webデザイン・作成 ランキング

Webデザイン・作成のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む