サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

空飛ぶ広報室(幻冬舎文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 103件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/04/12
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/558p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-42454-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

空飛ぶ広報室 (幻冬舎文庫)

著者 有川浩 (著)

職業、広報官。取り扱い商品は「航空自衛隊」! 事故により戦闘機パイロットとしての道を絶たれた空井大祐が配属されたのは、航空幕僚監部広報室。待ち受けていたのは、一癖も二癖も...

もっと見る

空飛ぶ広報室 (幻冬舎文庫)

832(税込)

空飛ぶ広報室

791 (税込)

空飛ぶ広報室

ポイント :7pt / 紙の本より41おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

職業、広報官。取り扱い商品は「航空自衛隊」! 事故により戦闘機パイロットとしての道を絶たれた空井大祐が配属されたのは、航空幕僚監部広報室。待ち受けていたのは、一癖も二癖もある先輩たちで…。ドラマティック長篇。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

空飛ぶ広報室 6−499
あの日の松島 501−544

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー103件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

やはり、心が温まる。

2016/04/20 18:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みきみきみっきー - この投稿者のレビュー一覧を見る

有川先生の作品は1回読み始めると読破するまで読み続けてしまいますが、今回もやはりそうでした。
パイロットの夢が断たれた広報官と同じく夢破れたディレクターが共に相手を意識しながら成長していく姿は読んでいて、私も変わらなくちゃ!と思いました。
広報室で働く他の人たちもみんな想いを抱えて働いていて、みんな仕事に誇りを持っている姿に自分も将来働いたらこんな大人になりたい、と思わせてくれる人々ばかりでした。
次の有川作品も楽しみにしています!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドラマから

2016/04/21 22:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saya - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマを先に見てしまっていたので、原作もちろん面白かったのですが、恋愛の部分に少し物足りなさを感じてしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感涙。

2016/05/06 09:17

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エミー - この投稿者のレビュー一覧を見る

素敵な物語でした。空井くんとリカちゃん。素敵過ぎます。お互いが支えになって頑張る2人を心の底から応援したくなりますね。登場人物のキャラクターが全員愛おしい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

満足の1冊

2016/05/15 15:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:one - この投稿者のレビュー一覧を見る

有川浩さんの大ファンです。
文庫化を待ってましたが、待ちきれず昨年末にハードカバーを買ったところで文庫化・・・迷いましたが購入しました。何回読んでも素敵な話です。
笑いあり、ちょっぴり涙あり、満足の1冊です

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今までの作品の延長でもあり進化系でもあるのかな

2016/05/17 00:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヨッシー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ー先にドラマ版を観てからこの本を読んだのですが読んでみて改めてドラマ版ってよく出来てたなぁ、と驚いた。
他の有川作品と比較するとベタ甘でもなく、県庁おもてなし課よりもっと仕事小説としての要素が強い印象を受けました。
結構淡々としているかなぁ…。
それでも引き込まれて一気に読める作品です。
自衛隊シリーズの新たな進化系かも。
ドラマではもっと進んだエンディングになっていましたが中途半端な感じで終わってるので続きはあるのでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

航空自衛隊で働く「人」が描かれている作品

2016/05/21 21:23

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱやぱや - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマが大好きなので,文庫化を機に購入しました。恋愛要素が少なく,登場人物の設定が異なる等,ドラマとは違いがあります(正確にはドラマが原作と違うことになりますが・・・)が,原作もやはり素敵な作品でした。
この小説で描かれているのは,航空自衛隊で働く「人」です。登場人物は全員クセがある人ですが,読み進めていくうちに1人ひとりどんどん大好きになっていきます(笑)
この小説を読んでいると,なんだかほんわかした気持ちになり,元気ももらえます。頑張ろう!という気持ちもわいてきます!
どの章も良いのですが,特に,「あの日の松島」は必読です。泣けました。
航空自衛隊に興味がある方にはもちろん,そうでない方にもお勧めしたいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自衛隊ラブコメシリーズとはまた一味違った自衛隊作品

2016/05/22 22:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は実際のエピソードや人物をモデルにしているそうで、非常にリアリティーに富んだ物語となっています。P免になった空井大祐の葛藤と広報官として立ち直る過程、そして記者からTVディレクターに不本意に転身させらえた稲葉リカの苦悩。日本で職業を持つ女性の悩みも、往々にして理不尽な批判・言いがかりを受ける自衛官の悔しさなど、リアルな人間ドラマが盛りだくさんです。
311後に加筆された「あの日の松島」では、松島基地がどのような被害にあい、自衛官たちがどのように被災者救援活動をしたか、またその時どんな思いを抱えていたのかが、描かれています。思わずもらい泣きしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自衛隊推薦!

2016/08/29 22:12

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papakuro - この投稿者のレビュー一覧を見る

自衛隊ものを得意とする作者だが、解説によれば、自衛隊の方から売り込んでできた出来た作品とのこと。(解説をモデルになった自衛官が書いているというのもすごいが、シアターでもモデルになった劇団の代表が解説してたな。)すぐ、ドラマ化されたのも、自衛隊がらみのよう。ドラマも、それなりに面白かった。相変わらずの有川節。登場人物が熱い。ただ、ちょっとほかの作品と違うのは、いい感じになりながら、得意のベタ甘にならない。この辺は、解説でマスコミと自衛隊がベタ甘ではリアリティに欠けると指摘してる。(ドラマはハッピーエンドでしたが)
最後は、3.11がらみのエピソードですが、その中で「有事に果たすべき義務があるということは、それだけで拠り所になります。…」という台詞が出てきますが、思いっきり共感しました。というのも、自分も公務員で、発災当日は夜通し対応に追われていました。自分は県なのでまだしも,市職員でより直接災害にかかわった家内なんか、何日も帰ってこれなかった。電気、水道も止まり、鉄道も止まって学校から帰れなくなた娘は家内の妹に連れて帰ってもらったりしたのですが、あまり大変だったという印象が残っていない。それはやっぱり地域住民のために働いているという気持ちがあったからだと思います。
とにかく、頑張っている人をきちんと書いてくれてエンターテインメントとしても優れた有川作品は最高です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自衛隊が身近になりました!!

2016/12/01 11:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たいまい - この投稿者のレビュー一覧を見る

自衛隊の広報官のお話。
人間味溢れる表現にどんどん引き込まれていきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自衛隊がより身近に

2017/10/16 22:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

普段はあまりなじみのない自衛隊、しかも広報室という切り口がよかった。ストーエリーはもちろんよかったし、自衛隊がより身近に感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/06 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/18 10:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/23 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/26 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/11 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る