サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日の鳥 2

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/05/30
  • 出版社: 日本文芸社
  • サイズ:21cm/128p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-537-26147-9
  • 国内送料無料
アート本

紙の本

日の鳥 2

著者 こうの 史代 (著)

妻を探して、雄鶏の旅は続く。震災を生き延びた樹に、誰も住まぬ民家の窓に、懐かしい面影をただ求める…。震災から5年の東日本の姿を、ぼおるぺんの優しいタッチで描く。『週刊漫画...

もっと見る

日の鳥 2

972(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

妻を探して、雄鶏の旅は続く。震災を生き延びた樹に、誰も住まぬ民家の窓に、懐かしい面影をただ求める…。震災から5年の東日本の姿を、ぼおるぺんの優しいタッチで描く。『週刊漫画ゴラク』連載に描き下ろしを加え単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

こうの史代氏がイラストと詩で東日本の姿を描くヒット作の第2弾。突然いなくなった妻を探して旅に出た雄鶏。彼女の想い出と東日本大震災後の各地の姿を重ねながら旅は続く。【商品解説】

目次

  • 東日本大震災について
  • 2年8ヶ月後の山元・多賀城・塩釜
  • 2年11ヶ月後の山田・釜石
  • 3年後の銚子
  • 3年2ヶ月後の水戸・大洗・東海
  • 3年4ヶ月後の相馬・南相馬・福島
  • 3年6ヶ月後の花巻・大槌・釜石

著者紹介

こうの 史代

略歴
〈こうの史代〉1968年生まれ。広島県出身。「夕凪の街桜の国」で第8回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第9回手塚治虫文化賞新生賞を受賞。他の著書に「ぼおるぺん古事記」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

妻を求めて

2016/06/25 21:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Freiheit - この投稿者のレビュー一覧を見る

第1巻に続き、妻を探し求める鶏の話。第2巻ではとうとう雄鶏は妻と過ごした期間よりも探す期間の方が長くなってしまった。ユーモアはあるが、原発と震災の爪痕を怖がらせるのではなく、考えさせるタッチの絵と文である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

震災後

2016/10/08 23:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

妻を捜す鶏のつぶやきてきな内容で、震災後の街の様子を伝えてくれます。淡々とした口調が良い感じです。絵も細かくて分かりやすいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/20 21:08

投稿元:ブクログ

こうの史代さんの新刊は気になる。
東日本の震災後から、このシリーズは雑誌に連載されている。第1巻も購入していた。
気になるフレーズや、気になるキャラクター。
気になる設定?そしてスケッチの数々。
その日の草?どこに向かおうとしているのか?
今後も、とても気になる。

2017/02/18 22:36

投稿元:ブクログ

作者の目線を空飛ぶニワトリに託して、2巻までで、約4年にわたり、東日本大震災の各地の今を訪ね回っています。3・11を風化させないという強い意志が込もっていますね。それにしても、彼が探している妻は、一体何者でしょうか?

2016/09/21 00:52

投稿元:ブクログ

読みたての知見を援用すれば、鳥さんがだんだんと「妻(を見失った時)への想い」が徐々に薄れている…というよりむしろ、自身の参照ポイントが、「妻を見失ったあの時」から「妻と再会した行く末から」へと徐々にシフトしつつある…ような印象。3~4年後の東北の風景。

イラスト集 ランキング

イラスト集のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む