サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ときめく化石図鑑

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/04/14
  • 出版社: 山と溪谷社
  • サイズ:21cm/125p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-635-20229-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

ときめく化石図鑑 (Book for discovery)

著者 土屋 香 (文),土屋 健 (監修)

化石の楽しさを伝える、カジュアルな化石図鑑。化石とひとびととの歩みをひも解いたうえで、化石を23のカテゴリーに分けて、一つひとつ写真をあげながら解説。化石と出会う方法、化...

もっと見る

ときめく化石図鑑 (Book for discovery)

1,728(税込)

ときめく化石図鑑

1,382 (税込)

ときめく化石図鑑

ポイント :12pt / 紙の本より346おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 30.0MB 無制限
Android EPUB 30.0MB 無制限
Win EPUB 30.0MB 無制限
Mac EPUB 30.0MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

化石の楽しさを伝える、カジュアルな化石図鑑。化石とひとびととの歩みをひも解いたうえで、化石を23のカテゴリーに分けて、一つひとつ写真をあげながら解説。化石と出会う方法、化石の基本的な知識も紹介します。【「TRC MARC」の商品解説】

江戸時代の人は化石をどう見ていた? 化石から生まれた伝説の生き物とは? 化石にまつわるいにしえのエピソードや、69種の化石の学術的情報を紹介する図鑑頁。はたまた化石の採取方法から化石が見られるミュージアムやショップの楽しみ方まで、奥深い化石ワールドの入り口へと読者を誘います。【本の内容】

著者紹介

土屋 香

略歴
〈土屋香〉茨城県生まれ。金沢大学大学院自然科学研究科で修士号を取得(専門は地質学、古生物学)。インターネットショップ『恐竜・化石グッズの専門店ふぉっしる』店長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

可愛くて分かりやすい化石の本

2016/05/04 19:41

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えぬ - この投稿者のレビュー一覧を見る

化石についてかんたんに知りたい、けど専門書みたいな無骨な本を買うのも嫌だなぁと思っていたところに見つけた本。にわか女子にも親切な感じ。中身はコンパクトながら、最低限の知識が詰まっていて、どこで化石を取るか買うか、どう買うかまで書かれている。化石にまつわる逸話で始まり、説明用のイラストだけではなく、挿絵もあって持ってて嬉しい本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

カラー写真が美しい

2016/06/26 21:58

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Freiheit - この投稿者のレビュー一覧を見る

ページをめくると、動物、植物、昆虫、恐竜、また糞の化石までカラー写真で掲載されている。化石は過去と今とを繋いでくれていると思わされる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初心者向けながら熱量が濃い

2016/11/30 02:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

恐竜、好きです。 古生代の生き物、<生きた化石>と呼ばれる生き物も好きです。 でも私は化石の見方がよくわからない・・・あまり化石にはときめくことができないタイプ?
押しつぶされた平面のものから、立体の生き物が想像できないからかもしれない(空間認識能力に問題が?!)。 全体化石なら楽しのだけれど。
「化石からかつての彼らの生きている様子を夢見る」ことができないのよね・・・。 なので復元図や立体模型のほうが個人的には好きです。
しかしそんな私でも、この本は楽しめた!
化石の写真(ときには部分)だけでなく、復元図もしっかり添えてあるからわかりやすいのです。

ただ<図鑑>というわりに、あいうえお順でも年代順でもなかったりするし、「これを載せといてあれがないってのはちょっと」という不満もなくはないけれど、あくまで初心者向けの入り口、そして筆者の愛情優先みたいなつくりが逆に潔いというか。 ページ数も限られてますし。 やはりマニアックになりすぎずに「好きな人の熱量」が伝わるのがこの場合大事かと。
中でも私のお気に入りはグリフィアというジュラ紀の牡蠣の化石!
貝類は全体化石として残ることが多いからわかりやすい、ということもありますが、なんともいえないカーブが優美で素敵!
やはり図鑑は薄くても全頁カラーであってほしいものです。

あと、ミネラルショーについての記述もあり・・・「おぉ、『七つ屋志のぶの宝石匣』とシンクロしてる!」と個人的に勝手に盛り上がる。
でももし私がミネラルショーに行ったら、化石ではなくて原石の方に行っちゃいそう。
そう、石そのものの魅力ならわかる。 琥珀の中に閉じ込められてしまった何か、とか、長年の堆積によって石になってしまったものとか。 ということは・・・私は化石よりは鉱物のほうにときめくタイプかも。
検索したら<ときめく図鑑>はシリーズになっており、『ときめく鉱物図鑑』も勿論あった。 次はこれだ。

が、他にも『ときめくカエル図鑑』・『ときめくきのこ図鑑』・『ときめく小鳥図鑑』・『ときめくインコ図鑑』(小鳥とインコは別扱いなのね)・『ときめく微生物図鑑』などなどいろいろあることが判明。 現在も順次新しいものが刊行中のようです。
これは今後も要チェックだ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/08 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/05 16:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/30 08:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/30 14:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。