サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

7周年施策(ポータルページ)(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

科学という考え方 アインシュタインの宇宙(中公新書)
科学という考え方 アインシュタインの宇宙(中公新書) 科学という考え方 アインシュタインの宇宙(中公新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/05/19
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/322p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102375-9
新書

紙の本

科学という考え方 アインシュタインの宇宙 (中公新書)

著者 酒井邦嘉 (著)

なぜリンゴは落ち、どうして星はめぐるのか? 科学の発展を担ってきたニュートン、アインシュタインなどの物理学者たちの苦悩やひらめきを手がかりに、科学的思考とは何かを探る。【...

もっと見る

科学という考え方 アインシュタインの宇宙 (中公新書)

税込 994 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜリンゴは落ち、どうして星はめぐるのか? 科学の発展を担ってきたニュートン、アインシュタインなどの物理学者たちの苦悩やひらめきを手がかりに、科学的思考とは何かを探る。【「TRC MARC」の商品解説】

なぜリンゴは落ち、どうして星はめぐるのか。ケプラー、ニュートンからアインシュタインまで、宇宙の秘密に迫る近代科学の400年史【本の内容】

なぜリンゴは落ち、どうして星はめぐるのか。ケプラー、ニュートンからアインシュタインまで、宇宙の秘密に迫る近代科学の400年史【本の内容】

著者紹介

酒井邦嘉

略歴
〈酒井邦嘉〉1964年東京生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授・同大学院理学系研究科物理学専攻教授兼任。理学博士。毎日出版文化賞、塚原仲晃記念賞受賞。著書に「言語の脳科学」「脳の冒険」他。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大事なのは「知るより分かる」。

2016/08/14 20:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

科学的な思考の面白さをもっと知ってほしいという意図から本書は書かれたという。

科学的思考の面白さはどこにあるのか。それは「別のもののように見えたものが有機的に結び付いたときに感じられるもの」だというのが著者の考えである。「わからない」から「わかる」までは4段階あると、著者は書いている。「何がわからないかがわからない」から始まり、「ここまではわかる」、「それぞれはわかる」を通り抜けて「つながりが見えてひろがっていく」となるのだそうだ。一つ一つ理解の段階を上がって行かないといけない、というのはとても良くわかる。

本書自体は物理学を中心にケプラーやアインシュタインなども例に用いて考え方を紹介していくもの。著者の東京大学の教養講義を基に書かれているということなので「極力数式を使わずにわかりやすく」したというがそれでも「寝ながら読める」というほどではない。「大学教養講座」ぐらいに思って読む必要あるだろう。

ある程度知っていると思っても、実際は「わかっていない」という著者の指摘が身に染みた。普通の人間としては、せめて「ここまではわかっているんだけど」と自分の立ち位置がわかる程度にはなりたいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

科学が歩んだ道、その先はどこへ

2017/06/09 17:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kemtarou - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルのテーマでどんな論旨を展開するのか興味を持って読んだ。全編を通じて科学的発見や着想に基づく法則や理論の歴史を辿る解説が中心で、予備知識がある人には冗長だが、こうした流れを通暁することで、科学に対する姿勢や考え方を理解させる狙いがあるようだ。'最終講'という最後の章では認識論に触れ、自然哲学への回帰の方向性も示唆されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/15 16:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/21 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/14 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/24 17:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。