サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 161件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/05/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/509p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-149222-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件 (新潮文庫)

著者 清水潔 (著)

【日本推理作家協会賞評論その他の部門(第67回)】【新潮ドキュメント賞(第13回)】栃木県足利市、群馬県太田市という隣接する2市で5人の少女が誘拐または殺害された。冤罪「...

もっと見る

殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件 (新潮文庫)

810(税込)

殺人犯はそこにいる―隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件―(新潮文庫)

896 (税込)

殺人犯はそこにいる―隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件―(新潮文庫)

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日本推理作家協会賞評論その他の部門(第67回)】【新潮ドキュメント賞(第13回)】栃木県足利市、群馬県太田市という隣接する2市で5人の少女が誘拐または殺害された。冤罪「足利事件」を含む一連の事件を同一犯による連続事件だと喝破した著者が、徹底した取材で真犯人を炙り出したノンフィクション。【「TRC MARC」の商品解説】

5人の少女が姿を消した。群馬と栃木の県境、半径10キロという狭いエリアで。同一犯による連続事件ではないのか? だがそのうちの1件「足利事件」は“解決済み”だった。冤罪の背後に潜む司法の闇。執念の取材は“真犯人”の存在を炙り出すが……。知られざる大事件を明るみに出し、日本中に衝撃を与えた怒りの取材記録。「調査報道のバイブル」と絶賛された傑作、待望の文庫化。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー161件

みんなの評価4.6

評価内訳

紙の本

事件記者の真骨頂をここに見る

2016/06/04 17:58

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

犯罪ルポものを比較的読み漁っている身としては、筆者の前作『遺言-桶川ストーカー事件の深層』(文庫化に際してタイトルのメインとサブが逆になりましたが)は当然読んでいたので筆者のことは知っていたし、なにかのタイミングでかその当時の日本テレビでの特集(最初は『バンキシャ!』だったと思う)をリアルタイムで見ていた私にはなじみの内容である。
事件で自分は冤罪だと訴えていた方に無罪確定・釈放というのは勿論めでたいことだとが(何年・何十年も理不尽に閉じ込められた方に「めでたい」と表現するのは失礼だとは思うのだが、誤りが正されたという意味で「めでたい」という言葉を選んだ)、私がいつも感じるのは、「じゃあ、真犯人は誰なの?」ということ。 マスコミ報道は冤罪に至った過程を検証するけど、それも重要だけど、真犯人の存在について言及する例があまりに少ない、と常々思っていた。 だから、「あくまで真の目的は真犯人の検挙」という筆者の姿勢が好きなのです。 だから<足利事件>の冤罪証明は途中経過に過ぎない、という発想に同意。

なにしろテレビ報道をそのときは期待して見ていたので、「あ、あの部分は書かれてないんだな」といろんなことを思い出す(主に被害者家族の言葉が印象に残っていたのだが、あえてそちら方面にはあまり踏み込まないようにという気遣いかもしれない。 必要最小限かつ重要なことは記載されている)。
「真犯人らしき男について、実は特定している」という報道も見た記憶はあって、でもそのあとどうなったのかわからなかったのでこの本を読んでみたわけですが・・・そうか、もうちょっと、というところで3.11が来たのか・・・私の記憶も飛んでいるはずである(ただ、何故真犯人と目される男に筆者が辿りついたのかの説明がぼやかされていて、そこは少々イライラするところではある。 でも確たる証拠がないし警察も動いていない以上、プライバシーその他は守らねばならない)。

当時科警研が進めていたDNA型鑑定の弱点についてつっこまれて、それを証拠として有罪が確定した案件までもひっくり返されることを恐れる警察・検察・裁判所・法務省などひっくるめてこの事件に知らんぷりしたい・・・という組織側の姿勢を激しく糾弾しつつ、真犯人に対してもケンカ(?)を売っているのがこの本の骨子といってもいいかも。 「ジャーナリズムは公正中立」というお題目にとらわれず、自分が知りたい・やりたいようにやってしまう、だから結構私噴も丸出しで、第三者的視点から語るのではなく自分の言葉で突っ走ってる感じが、私は好きである。
スクープをつかんでも、すぐ発表したらどんな影響があるかわからないのでそれを確認してから、なんてのはある程度当然のことかと思いきや出来てる人、少ないよね~、と感じさせられたりした。

『バンキシャ!』出演時に<(桶川ストーカー事件の際に警察よりも先に犯人を特定した)伝説の記者>と紹介されたのに対し、心の中で「伝説ってなんだ、俺はまだ現役だ」と毒づくなど、私の好きな職人肌頑固おやじ的要素をこの人が持っていると感じられるから好きなのかもしれない。
事件を風化させないために雑誌にも連載し、それでも当局が踏み込まないのでこの本の刊行を決意した、とのこと。 一刻も早い解決を望んでやまない。 そして、他のすべての未解決事件についても。
刑事ドラマ全盛の世の中なのに、実際の警察組織がお粗末なのは恥ずかしいよ。
ハードカバー刊行時以降の動きについても触れられているが・・・解決までにはクリアすべきことがまだあるようです。続報を待つ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

知らなかったことこそ悪

2016/11/06 20:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

普段は読まないタイプの本。きっかけは、本好きの方ならきっと分かるであろう企画から。 読んでみて、今まで、足利事件を知らなかったこと、興味がなかった自分が恥ずかしくなりました。また、ここに書かれていることが、本当ならと思うと怖くなりました。何が正義なのか?科学捜査は何のためにあるのか、報道の真の役割とは?本当にいろいろ考えさせられた一冊です。でも筆者の気持ちはすごく伝わりました。皆様にも是非読んでほしいと思う一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

事件告発

2016/12/09 18:47

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説を読んでいると錯覚するのは著者の筆力によるものもあるかもしれないが、前作同様現実の世界だ。ほんのちょっとでもこうした作品で世の中が暮らしよくなることを願わずにはいられない。最後がすっきり解決というわけでないのが残念である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読むべし

2017/01/05 10:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ライディーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

事件と釈放は報道で知ってたが、釈放のウラに壮絶な闘いがあったとは。
官の隠蔽体質は凄いと感じた。メンツを守るため、全面的に「ごめんなさい」が言えないのも呆れてしまう。
ラストの真犯人に対するメッセージも心にしみた。
遺族に対する心情もグッときました。
文庫Xだけあって一読の価値は充分ありです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ザ・ジャーナリスト!!

2017/02/28 11:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:settto - この投稿者のレビュー一覧を見る

週刊誌を読む週間が無い私にとっては、この手の虚像(権力が外部に伝える姿の一部)と実像(真相により近く寄り添おうとする姿勢)にこんなにも差がある場合があるということを改めて知らされた。
各権力にぶら下がっている記者(ジャーナリストとはあえて呼ばない)から発信される記事が虚像を作り出す可能性もあるということが、切迫感をもって伝わってくる。
何よりも真のジャーナリストである作者の姿勢に感服。権力が動かなかったら、オレが動いて真相を解明してやる!という姿勢。
我々企業の中で守られているサラリーマンからみると、ひと言カッコいい。昔のサラリーマン戦士といわれた人たちの中には、こんな姿勢を盛っている人もいたのあろうか。
ただ、そういう経験をされてきた(と思う)昨今の大企業のお偉い方々をみていると、虚像の一群として枠を嵌めてみてしまう。
サラリーマンでも中庸であり、義に沿った行動が、評価されるような仕組みを造っていきたいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文庫X

2017/03/07 08:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

ある書店員が、「文庫X」として、あえてカバーを隠して推薦した本。
ノンフィクションなのに、まるで小説を読んでいるかのような出来事。
緻密な取材に基づいた、圧倒的な迫力。
そして、まだ真犯人が捕まっていないという怖ろしさ。
私も、おそらく題名だけでは手に取らなかったと思う。
カバーを隠して薦めてくれた書店員に感謝。
そして、これを機に、真犯人逮捕に向けた更なる捜査を警察には望む。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんな報道もまだあるのですね

2017/03/13 16:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

現在日本テレビで報道に携わっておられる記者のノンフィクションです。
副題は「隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件」となってます。
私が買った書店では本来の装幀を隠して書店員さんが薦める作品として一部で話題になった形(本来の作品名と作者名を隠す)を踏襲したカバーをつけて販売していたので、気になって手にとってみました。

ドキュメントですが、読み物としてかなり面白かったです。
日本の報道の一番の弊害と私は考えている記者クラブ制度(官製報道)にも言及していますが、やはり中心は「足利事件」とそれを含めた著者が同一犯人による連続誘拐殺人と考えておられる事件です。
「足利事件」は私もある程度知っていましたが、他の4件のことはこれを読むまで知りませんでした。
推理小説好きの私はDNA型判定はお馴染みの科学捜査技術で絶対的なものだと思っていただけに、読んでいて驚くことばかりでした。
私は死刑制度には反対で廃止論を支持しているのですが、一番の理由は人のすることに絶対はない。つまりこの本で書かれている「足利事件」や「免田事件」のように誤審や冤罪を完全に排除できない中で国家が行う人殺しは後で間違いが分かっても取り返しがつかないと考えているからです。

読みやすい本でしたが、一人一人が改めて考えなければならないこの国の問題を教えてもくれる良い本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさに調査報道の真骨頂!是非ご一読をおすすめします

2017/03/14 18:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼女誘拐殺人犯として誤認逮捕された菅家さんが2009年に釈放されました。17年におよぶ刑務所生活からの解放です。実はこの釈放の背景には、真犯人が他にいるとの信念のもとに取材を続けたジャーナリストの存在がありました。そのジャーナリスト本人が、いかにして菅家さんが冤罪であるかを突き詰め、そしてついに検察、裁判所までを動かす大きな波を起こしたのかを辿るノンフィクションです。著者の「真犯人を野放しにさせない」との執念が結実した1冊です。まるで推理小説を読んでいるかの如く引き込まれます。菅家さんを自供に追い込んだ当時の警察の取り調べの状況、一旦下った判決への疑念に対する取材への警察の抵抗、そして事件の報道とは誰のためになされるべきか等、読みどころ満載で、書評サイトHONZでも高評価なノンフィクションです。昨年「文庫X」と書名を敢えて隠して発売され話題にもなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この作品こそ「文庫X」の正体だ!

2017/05/03 05:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昨年(2016年)本屋さんで話題となった一冊の文庫がある。
 著者名どころか書名まで伏せられて「文庫X」。
 カバーにはびっしりとこの文庫を薦める書店員の熱いメッセージが書かれている。
 初めてこの文庫を書店で手にした人は驚いたにちがいない。
 一体この文庫には何が隠されているのだ?
 その正体こそ、この本、報道記者清水潔氏が書いたノンフィクション作品だった。(すでに「文庫X」の正体は公になっているのでここまで書いても大丈夫)

 この作品が「文庫X」として隠されていたと書いたが、実はここで描かれた犯罪もまた警察や司法の手によって隠されてきたといえる。
 「隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件」と副題にある通り、この作品では1979年から1996年の間に栃木県足利市と群馬県太田市という隣接する場所で起こった幼い女の子の誘拐殺人犯を追跡している。
 中でも、1990年に起こった足利事件では冤罪事件として社会に激震が走ることになる。
 著者の清水氏は5つの事件の類似性から、ただ一つ犯人が検挙された足利事件に不審を持って、冤罪立証にも力を発揮していく。
 清水氏は刑事でも探偵でもない。報道記者である。
 だからこそ、「小さい声にこそ耳を傾け、大きな声には疑問を持つ。何のために何を報じるべきなのか」を常に考え続けているという。

 この作品は冤罪を糾弾することを目的としていない。
 あくまでも真犯人を追い詰めること。もちろん真犯人の名前などは明かされない。暗号のような「ルパン」という名で書かれた犯人が逮捕される時が来るのか。
 悲惨な事件を描きながら、不謹慎とは思いつつ書くならば、読書として面白かったというしかない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エンターテイメントとしても、警鐘の本としても

2017/05/10 22:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず、迫力が伝わってくる。不謹慎かもしれないが、娯楽作としても一級だ。「僕だけがいない町」なども、筆者の存在がなければ書かれなかったと思う。警察には少なからず隠蔽体質はあると思うが、それはどこの組織も同じだろう。ただ、これほど巨大で、強い権限を持つのだから暴走を監視され、その改善に真摯でなければいけないと思う。いろいろ考えさせられた一冊。読みごたえ十分。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真相は!?

2017/08/10 21:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toposu - この投稿者のレビュー一覧を見る

冤罪事件・・・ということは真犯人が必ずいるということ。
何とか真相解明してほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

殺人犯はそこにいる感想

2017/08/17 16:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:右ソルデ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ノンフィクション作品というより思いの詰まった、どこか叫びにも聞こえるような一冊。
 栃木県と群馬県の県境で起きた5件の幼女誘拐、殺人事件。半径10キロ圏内の限られた範囲で起きた幼女を対象にした特異的なこの事件は同一犯によるものの可能性は低くはなく、その可能性を排除するためにいは丁寧に根拠を探らないといけないはずが、県を跨ぎ起きたこと、うち1件で犯人が捕まったことで5件の事件は連続性を絶たれてしまう。どう表現すればいいのかわからないけど、自身も事故で娘を亡くした著者は凄まじい精神力というか粘り強さというか、とにかく消息が分からない子や亡くなった子、遺族の無念を晴らしたい一心でもがき続け、自身の丁寧な取材を基に根拠を積み重ね警察、検察、司法の矛盾を炙り出し、DNA鑑定の危うさに気づいたり、前述した1件の犯人とされ17年も刑務所に収監されていた菅家さんの釈放があったり、そして真犯人と思われる人物にまで辿り着く。著者は2007年に取材を開始し真犯人と思われる男を特定し警察に情報提供するもまだ犯人は捕まっていないどころか、ろくに捜査もされていないという。
 全てそうであると乱暴に括ることはしないが、私は社会の中で正義の象徴であるかのように言われているものは決してそうではないんだと、幻なのだと解釈した。権力というもの実際には見てもいない、聞いていもいないものを見たように、聞いたように思わせる力があることはわかった。この世に正義は存在するが決してイコール権力ではない。この社会には楽しいことも溢れているが、同じ数だけ理不尽も存在していると思う。いつ自分が途方もなく大きな理不尽に巻き込まれるかわからない。
 この本に会えて良かったと思う。この事件に限らず理不尽は必ず存在すると思う。それを知っていると幸せとは何か分かるような気がするし、自分の勉強する理由も明確になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

1人でも多くの人に読んでもらいたい

2017/10/09 21:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:田中ヨシロウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

困難にぶつかっても諦めないこと、どこまでも徹底して中途半端で終わらせないこと、人と真正面から向き合うこと。

『ごめんなさい』が言えなくてどうするのー(本文引用)

小学生の時に人として大切なことを教わって、素直な心でそれらを吸収してたはずである。
歳を重ねるにつれて、面倒だからと楽な方へと流れていくうちにどんどん薄れてきてたこの気持ちを、この本を読み進めて行くうちに、今まで閉ざしてたツボミがぽつぽつとまた咲いていくような感覚に落ちた。著者の素敵な人柄、町の人の小さくあたたかい心遣い、登場人物の心中が、沁みた。
それと同時に歳を重ねて覚える卑劣で汚い部分を突きつけられた。リアルにその声が、その光景が見えてくる描写は耳を、目を塞ぎたくなった。正義の仮面を被って真実に口を閉ざす真の弱虫は誰か?

こんな事件があったことを知っているのと、知らないのとでは生き方が違うだろう。とまで私は思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真実の恐怖

2017/10/14 12:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴー - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は冤罪を見抜き、真犯人を探し始めた!ところが、その真犯人は…作り話ではなく、現実のことです。ぜひ、ご一読をお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

凡百のノンフィクション数冊分の圧倒的な内容

2016/11/24 22:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tora - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんというのか…凄い本だった。
普通のノンフィクション一冊分の内容が、この本においては序章にすぎない。

私は菅家さん冤罪事件(足利事件)のことも、パチンコ屋で幼女と話す男の映像が有名な事件(横山ゆかりちゃん行方不明事件)のことも大体知っていたが、この両事件を含む5件の幼女誘拐が同一犯による連続殺人事件の可能性があることを、今まで全く知らなかった。
なので、その事実だけでも私には驚きだったが、この記者の執念は、その遥か彼方の事実へと行きつく。

本筋とはあまり関係ない感想を2つ。

この本は自ずとマスコミ批判も含むのだが、また、私も現在のマスコミに対し非常に問題を感じている者であるのだが、この本を読んだ後、従来のテレビや新聞、雑誌というものが凋落して、ネット全盛の時代となることへの危惧を抱いてしまった。
これだけの取材を担保したのは、恐らく著者の日本テレビ所属記者、という身分であっただろうから。

また、この本の核心部分は既にかなり広範に報道されていたのに、私自身がそれを知らなかったことにも考えさせられた。
もちろん、単に私が無知なだけなのだが、他の多くの人も多忙な日々の中、本当に知るべきことを知らずに過ぎてしまうことが多いのではないか。
例えば、権力はいかに自らを守るために嘘をつくか。
いかに本来の目的を忘れて、本末転倒な不合理なことを行うか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する