サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 知れば恐ろしい日本人の風習 「夜に口笛を吹いてはならない」の本当の理由とは

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

知れば恐ろしい日本人の風習 「夜に口笛を吹いてはならない」の本当の理由とは(河出文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/05/10
  • 出版社: 河出書房新社
  • レーベル: 河出文庫
  • サイズ:15cm/211p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-41453-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

知れば恐ろしい日本人の風習 「夜に口笛を吹いてはならない」の本当の理由とは (河出文庫)

著者 千葉公慈 (著)

日本人の風習には、なぜか怖いものが多い。われわれはなぜ「恐ろしい風習」を連綿と受け継いできたのだろうか? 年中行事、タブー、昔話、遊びなど風習に潜む恐怖の謎解きをしながら...

もっと見る

知れば恐ろしい日本人の風習 「夜に口笛を吹いてはならない」の本当の理由とは (河出文庫)

713(税込)

知れば恐ろしい 日本人の風習

713 (税込)

知れば恐ろしい 日本人の風習

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本人の風習には、なぜか怖いものが多い。われわれはなぜ「恐ろしい風習」を連綿と受け継いできたのだろうか? 年中行事、タブー、昔話、遊びなど風習に潜む恐怖の謎解きをしながら、日本人のメンタリティを読み解く。〔2012年刊の加筆・訂正〕【「TRC MARC」の商品解説】

日本人は何を恐れ、その恐怖といかに付き合ってきたのか?!しきたりや年中行事、わらべ唄や昔話…風習に秘められた謎を解き明かす!【本の内容】

著者紹介

千葉公慈

略歴
1964年、千葉県生まれ。駒澤大学大学院人文科学研究科博士後期課程を満期退学。現在、駒沢女子大学人文学部日本文化学科教授。曹洞宗富士山宝林寺住職。著書に『知れば恐ろしい日本人の風習』(小社刊)など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

民族学

2016/05/15 11:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:卯月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

色々な言い伝えや風習の由来を推察した内容。
興味深い内容が多いが、各項目共にもう少し踏み込んで書かれていれば、さらに良いと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/19 21:11

投稿元:ブクログ

「しきたり・タブー」「年中行事」「子どもの遊び・わらべ唄」「昔話」の四章から成っている。「夜に口笛を吹いたら蛇が来るよ」「夜爪を切ったら親の死に目に会えないよ」などというのは迷信と思いながらもやってはいけないものとして子どもにも言っている。口笛の話は不吉なものと思っていたが神聖だからこそタブー視されていたことなどの諸説が書かれていておもしろかった。歌詞に意味がないとは言っているのだが「かごめかごめ」の憶測、「花いちもんめ」の一般的な解釈には恐ろしくなった。

2016/10/09 00:58

投稿元:ブクログ

日本で昔からある習俗、しきたり、季節の祭事、さらにはおなじみの昔話等々の起源を解説している。
「知れば恐ろしい」というのは、今はどうということのない習わしであっても、かつては死やそれに付随するもの、それに対する当時の日本人の意識が反映されているということなんだが、今よりもはるかに死が身近であった時代では、むしろ当然のことなのだろう。

詳しくはこちらに。
http://rene-tennis.blog.so-net.ne.jp/2016-10-08

2016/09/19 13:27

投稿元:ブクログ

ほぼよく知られたトリビアだが、本来著者は海外についてもしっているのだろうか。それに時々日本文化の深いところへの洞察を感じた

2017/06/13 23:36

投稿元:ブクログ

現役の教授であり住職でもある作者。恐ろしいと言うよりも実に興味深い。住職だからといって仏教の教え、考えに固執した一冊という訳でもなく、日本神話や各国の神話を交えながら諸説から解いていく内容。
幼少時に親た祖父母から聞いていた説以外にもこんなものがあるのかと、驚いた。
諸説あるのは当然なのだが、いかんせん知りようがないものも多く、そういった事から興味深いです。

2016/05/15 23:39

投稿元:ブクログ

しめすへんの点々はお供え物から滴り落ちる血だとか、
饅頭の「頭」は、その昔、人頭を神に供えたことから来ているとか、確かに「知れば恐ろしい」話がたくさん。

かごめかごめは
「夜明けの晩に」「鶴と亀」「後ろの正面」とか
対照的なものをくっつけているとか。

花いちもんめは、花=若い女、いちもんめ=お金の単位
で、勝ってうれしい=買ってうれしい、負けてくやしい=(値段を)まけられてくやしいと読むと、人身売買を比喩しているとか。

河出文庫 ランキング

河出文庫のランキングをご紹介します一覧を見る