サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本会議の正体(平凡社新書)
日本会議の正体(平凡社新書) 日本会議の正体(平凡社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/07/11
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社新書
  • サイズ:18cm/263p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-85818-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

日本会議の正体 (平凡社新書)

著者 青木理 (著)

安倍政権とも密接な関係をもち、憲法改正などを掲げて運動を展開する草の根保守ネットワーク「日本会議」。関係者の証言を軸に、そのルーツと成り立ち、活動の現状、今後の方向性を余...

もっと見る

日本会議の正体 (平凡社新書)

864(税込)

日本会議の正体

691(税込)

日本会議の正体

ポイント :6pt / 紙の本より173おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

安倍政権とも密接な関係をもち、憲法改正などを掲げて運動を展開する草の根保守ネットワーク「日本会議」。関係者の証言を軸に、そのルーツと成り立ち、活動の現状、今後の方向性を余すところなく描く。【「TRC MARC」の商品解説】

現政権とも密接な関係をもち、憲法改正等を掲げて保守運動を展開する「日本会議」。その成り立ち、活動の現状、今後の方向性を描く。【本の内容】

著者紹介

青木理

略歴
〈青木理〉1966年長野県生まれ。慶応義塾大学卒業。ジャーナリスト。著書に「ルポ国家権力」「抵抗の拠点から」「青木理の抵抗の視線」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

トンデモ団体の内情

2016/07/17 10:26

10人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫目太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この団体の懐古主義には目眩がする。愛国心と自国民族(日本民族という曖昧な主張)優越主義を振りかざす。天皇中心主義で、宗教と政治とに分離を否定し、国民の主権を否定する。近代民主主義は、伝統ある(この伝統も所詮は明治以降)日本には合わないと一括。憎き「戦後体制の崩壊」を掲げ、運動を行うこの団体も「現実への不満」が、暑苦し運動へと駆り立てるのか?読後、いち早くこの団体の消滅を願い、支離滅裂な主張と権力志向の強い「団体関係者」に取材し、本を仕上げた著者の苦労に敬意を払いたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

警告書

2017/03/15 18:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

知らない間に恐ろしい組織が育っていることがある。日本会議について公正な目で見ている著者は信用に足ると感じる。この書にある通り知らなったでは済まされないことにならないように注意しなければならない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

気がついていなかった真実を知らせてくれる

2017/02/13 18:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:魚太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本会議のような「右翼団体」は、戦後の民主主義社会において特異な価値観を持った人々の集まりで、多様性という観点からその存在は黙認するというのが私の態度だった。しかしこの本を読むとそれは、戦後民主主義を大前提とする相対的リベラル派(中道及び左派)の自己満足であり思考停止の罠に嵌っていたにすぎないと気付く。筆者は真摯なジャーナリストの立場で、日本会議の正体を暴いてくれる。日本会議の思想信条は、戦後民主主義とは相いれない。水と油ならまだ分離しているのでよいけれど、それは油というよりも悪性のウィルスである。彼らが増殖すれば、戦後民主主義はむしばまれ、体力がなければ民主主義は死亡する。今そのことを、この本は知らせてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『日本会議の正体』

2017/01/14 20:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

緻密な取材、インタビューを積みあげて「日本会議」の正体を明らかにし
いまの日本の政治や社会状況の問題点を捉えなおす

   実態は「宗教右派団体」に近い政治集団
   通奏低音のように流れているのは戦前体制への回帰願望
   戦後日本の民主主義体制を死滅に追い込みかねない悪性ウィルス

反骨のジャーナリストによるコンパクトな労作

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本会議の正体

2016/12/05 17:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドラゴンタトゥ - この投稿者のレビュー一覧を見る

我が国が右旋回しているとの論調が多い中、この運動が戦後左に偏り過ぎたなかでの揺り戻しの思潮であること。その根底に神社への回帰であることがよく理解できた。国民運動としてこれからどれほど展開することができるのか、気になるところである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

何か呆然とした思いを抱く

2017/03/22 21:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tora - この投稿者のレビュー一覧を見る

安倍政権や森友学園問題の背景にある右派団体、「日本会議」について、その成り立ちや足跡、目指しているもの等を包括的に、かつ分かりやすく解説した書。

かなり特異な(といっても戦前戦中の思想と重なる部分も多い)宗教、生長の家(というより谷口雅春原理主義)の恐らくごく少数の熱心な信者が、何十年も諦めることなく、粘り強く、政界や財界、宗教界に働きかけながら、地道な運動を重ねて、自分たちの信念をひとつづつ達成してきた事実に、何か呆然とした思いを抱く。

谷口雅春氏の思想を一部、本書より引く。
「物質はない。われわれが病気であるというのは、われわれが病気だという観念派を送り出している状態にすぎない。ただあるのは『健康の観念』または『病気の観念』ばかりであります」
「すべての宗教は天皇より発するなり。大日如来も、イエスキリストも天皇より発する也」
「先天的に日本国が世界の首脳国であり、日本人が世界の支配者として神から選ばれた選民である」
「大日本帝国は神国なり、大日本天皇は絶対神にまします。大日本民族はその赤子なり」

また、本書は、その活動を資金的にバックアップしているのが神社本庁であることも明らかにしている。
特に大きな貢献をしている明治神宮は、都心に近い一等地に資産価値何兆円にもなるだろう数十万坪を有し、その子会社が神宮球場や明治記念館が所有運営しているという。

このような宗教をバックに持つ政権を我々は支持していくのか。
また、宗教的な動機が裏にある政策を我々は選んでいくのか。
今、それが問われているように思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「日本会議の正体」レビュー

2016/07/26 22:19

8人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:太陽電池 - この投稿者のレビュー一覧を見る

筆者は右翼について何も分かっていない。戦時中、甘い汁を吸っていた日本の軍需産業と右翼の関係について一言も触れていないのは意図的であり、この男も右翼とグルであろう。右翼の人を「右翼」と呼ばず「右派の人」と呼び、憲法改悪論者を「さん付け」で呼んでいる。この人はことさらに天皇や宗教について書いているが、まず書くべきことは、「右翼」がなぜ戦争をやりたがっているかということであり、宗教や天皇はその「ダシ」に過ぎない。戦時中あれほど「天皇陛下万歳」と叫んでいたやつらが戦争に負けた途端、アメリカにすり寄り(安部総理祖父)、国民を蔑み、在日米軍の恒久的進駐を許した罪は大きい。この時、日本の軍需産業がどれだけ儲かっていたかは定かではない。彼らのすべての活動はこの金儲けのためだけである。全く「日本会議の正体」が分からない、読む価値のない本である。864円も払って買って損したと思う。まさに衆愚政治の道具共である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/31 12:36

投稿元:ブクログ

発足当時の日本会議が何を目標にしていたかを知れて興味深いので紹介しておく。
①憲法調査会の早期設置と憲法臨調の設置
②世界各国と同等の「防衛省」の設置
③北朝鮮による日本人拉致疑惑の解明と救済
④反日的・自虐的教科書の是正推進
⑤夫婦別姓制度の導入反対
⑥国籍条項の堅持確認
以上であれば、自分もこの意見には賛成である。
しかし、もし、絶対主義を主張するのであれば、
反対する。なぜならば、
絶対主義は、あの集団ストーカーを得意としている
あの某宗教集団と同じだからである。

2016/10/18 12:46

投稿元:ブクログ

ちゃんと歩いて調べて書いてある労作。
よくこの人がインタビューに応じたな、というのもあり、読み応えのある内容。

2016/07/17 23:11

投稿元:ブクログ

たぶん、著者サイドの意向によるフィルターは
だいぶ入っているのだろうと思いますが、久しぶりに
怖い本を読みました。言及するには少し勇気がいるかも
と思ったりします。
右翼系新興宗教の”生長の家”と明治神宮を中心とした
皇国を目指す神社本庁の勢力的なものが結びついたと
されている日本会議。主張は国民主権ではなく、
天皇主権。
政教分離は日本の文化に合わないということでの反対。
現行憲法の改正ではなく、破棄と明治憲法の復活。
家族制度の復古調的な主張。戦前日本・明治日本を
目指すという主張だそうです。

その日本会議が現政権を支えているとのこと。。。

そういやあこの前の選挙特番で日本会議の支持者か
関係者であろう品のよさそうなおばあさんが
”日本を批判し、中国や韓国のいうことを支持するので
あれば、日本から出て行って、中国か韓国にお住みに
なればいいのに!!”という発言。
どこかの候補の神武天皇発言。
自民党役員の女性の暗い、洗脳されているような顔。
安部首相も最近なんか、非常に気持ちの悪い仮面をかぶっているように見えます。最近本屋で見た本の表紙に
安部さんの写真が出ている本があって、マッカーサーや
欧州の独裁者を思い浮かべるような写真に見えくる
感じがして。。。
本当にちょっと怖いのですが。。。大丈夫なのでしょうか?

2017/01/12 23:04

投稿元:ブクログ

力作。
驚いた。日本会議の存在、生長の家。
安倍首相の発言の根拠が腑に落ちた。
もっとマスコミは、広く取り上げるべきだ。

2016/09/01 23:04

投稿元:ブクログ

生長の家が源。左派学生運動の対抗組織として活躍した人々が現在の日本会議の中枢。安倍総理は彼らをブレーンとする中で変容。

2016/11/24 12:04

投稿元:ブクログ

ここにレビューされているみなさんのような知識がほぼなかった自分。「最近日本会議という言葉をちょいちょい聞くけどそれってナニ?」というところから入りました。

恐ろしいですね。宗教と政治の繋がりについてはいろいろ聞いたり自分の意見もありましたが、こんなに以前から深く中枢に関わっていた宗教団体があったなんて、本当に恥ずかしいけれど知りませんでした。
しかし自分の周りを振り返ってみれば、「日本会議」なんて聞いたこともないという私と五十歩百歩の人が大半です。

知らないでいるということは恐ろしいということを久々に感じさせられた一冊でした。何故安倍首相がああいうスタンスなのか、今までもやっとしていた部分がよくわかりました。

たぶん内容としてはそれほどディープなところには踏み込めなかったのではないかと思います。(本当はもっと踏み込みたかったのではないかと推察)新書形式というのも手に取ってもらいやすさもあるけれど、その辺もあるのかなと。
私のように関心はあるけど、この手の本は手に取りにくいとか、理解が追い付かなく敷居が高いなどと思う人にはとても良い書式と思います。

敬遠しがちですが、不安が高まるこれからの日本の変化を注視する上で知っておかねばならないことであると思います。

2016/11/09 01:47

投稿元:ブクログ

日本会議の源流と現在の状況を描き出す力作。
日本会議とは、生長の家という宗教団体出身のメンバーを核として神社界の金銭的また人的パワーを身につけて積極的な右派の政治活動をしている宗教団体。メンバーは多数いるものの、人による温度差がかなりある様に感じた。
安倍総理は元々はそんな思想は無かった様だけど、影響を受け過ぎたらしくかなり右よりに感じる。過去に中曽根元総理は右派を利用したらしいが、最後は冷淡にしたらしい。
ここまで首相が右に傾くのは珍しく、危険であると警鐘を鳴らしている。
右派の活動をしている人に言わせると、左派が活動を弱めており、結果として右派勢力が優勢になっているのだろうと。
著者によるインタビューが所々で引用されており、説得力がある。

重要そうなので以下は抜粋。
日本会議とその中枢、周辺にいる「宗教心」に駆動された宗教右派の政治思想は、自民族優越主義、天皇中心主義、国民主権の否定、過剰なまでの国家重視と人権の軽視、政教分離の否定。(原文ママ)

右と左はバランスが取れてる方が良いと感じた。
現在の政治に不安がある方にオススメです。

2016/07/16 19:35

投稿元:ブクログ

【内容紹介】
 安倍政権とも密接な関係をもち、憲法改正などを掲げて政治運動を展開する、日本最大の草の根右派組織「日本会議」。虚実入り混じって伝えられる、その正体とは。関係者の証言を軸に、その成り立ちと足跡、活動の現状、今後の行方を余すことなく描く。 反骨のジャーナリストがその実像を炙り出す、決定版ルポルタージュ。
<http://www.heibonsha.co.jp/book/b226838.html>


【目次】
プロローグ
外国メディアはどう報じてきたか/日本メディアの追随

第1章 日本会議の現在 
右派人士を網羅した「国民会議」/“宗教右派”が結集した「守る会」/「国民運動」を支える基盤として/「最大の敵」の喪失と“原点回帰”/現実政治への影響/資金面は誰が支えているか/個別のテーマごとにフロント団体/宗教団体が下支え/「地方から都市へ」/日本会議の“理論的頭脳”/内部資料による国会議員懇談会の現況/地方議会への浸透/「安倍さんにとっては、ありがたい存在」

第2章 “もうひとつの学生運動”と生長の家──源流 
事務総長・椛島有三の原点/右派学生の蠢動/全国学協初代委員長・鈴木邦男の証言/創価学会へのライバル意識と危機感/「日本会議の大元は生長の家」/谷口雅春の才覚と手腕/「『天皇国日本』は世界最大の文化的創作」/政界の“谷口雅春信奉者”たち/生長の家政治連合/生長の家の「政治との断絶宣言」/現総裁の「侵略戦争論」と路線変更/日本会議の実務部隊/「自民党ができないことをやってくれている」/日学同第3代委員長から見た日本会議/「楯の会」1期生の証言/根底にある「宗教心」

第3章 くすぶる戦前への回帰願望──日本会議と神道 
戦後体制への憤懣/日本会議内部での神社本庁の役割/神社界に流れる通奏低音/神社本庁の動員力、資金力/憲法改正「1000万人署名」の実態/「自民党に限らない改憲派を糾合したい」/「社会が乱れているのは、信仰心のなさ」/「運動がやりやすくなった」

第4章 “草の根運動”の軌跡 
最初の成功体験/「下から」の運動と「上から」の政治力/自民党を「正しき軌道に導く戦い」/47都道府県に“キャラバン隊”/できあがった運動形態/「自民党の変質を憂う」/伝統にもとづく皇室行事を/「新憲法研究会」を組織/「謝罪病をいかに治療するか」/「伝統的家族観」に拘泥/国旗国歌法の可決で万歳三唱/靖国をめぐる動き/渦を巻く教育基本法への憤懣/「教育基本法改正は憲法改正の前哨戦」/「阻止・反対の運動」からの転換/戦後体制の元凶の打破へ

第5章 安倍政権との共振、その実相 
蓄積してきた手法と組織を総動員/改憲へ向けて押される最後のスイッチ/「歴史的事件が起きている」/“右派政界の次期エース”稲田朋美の証言/「濃密な関係は全然ありません」/憲法改正問題の根本/日本会議の存在は大きいのか/右派勢力へのアンチテーゼの消滅/そして、日本会議の正体とは

あとがき 
参考文献・資料一覧 
関連年表 

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む