サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 自然科学・環境の通販
  4. 生命科学・生物学の通販
  5. ビー・エヌ・エヌ新社の通販
  6. バイオアート バイオテクノロジーは未来を救うのか。の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バイオアート バイオテクノロジーは未来を救うのか。
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/05/24
  • 出版社: ビー・エヌ・エヌ新社
  • サイズ:21cm/411p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8025-1019-6
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

バイオアート バイオテクノロジーは未来を救うのか。

著者 ウィリアム・マイヤーズ (著),久保田 晃弘 (監修),岩井 木綿子 (訳),上原 昌子 (訳)

生物学を表現メディアとして利用し、作品を通して生物学自体の意味や自然の変化に目を向ける「バイオアート」。ポストゲノム時代のバイオアートに関連する多くの作家と作品をビジュア...

もっと見る

バイオアート バイオテクノロジーは未来を救うのか。

税込 3,740 34pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

生物学を表現メディアとして利用し、作品を通して生物学自体の意味や自然の変化に目を向ける「バイオアート」。ポストゲノム時代のバイオアートに関連する多くの作家と作品をビジュアル中心に紹介した、バイオアートの入門書。【「TRC MARC」の商品解説】

バイオアート。それは、生命科学やテクノロジーの進化が招く哲学的、倫理的な問題を可視化し、その是非を広く議論するための表現物です。

地球は今、新たな地質年代「人新世」に突入したと言われています。それは、10万年単位の地質年代として区分できるほどに、人間活動が地球環境に大きな影響を及ぼしているということの表れです。環境破壊、絶滅生物、異常気象、人口急増……私たちは今、数々の大きな問題に直面しています。

人間とはいったい何者なのか? テクノロジーは神なのか? そもそも文明と自然と呼ばれるものの境界はどこにあるのか?――バイオアートは、微生物、蛍光発光、遺伝子情報、コンピュータによるコーディング、画像装置などを利用して、こうした「人新世」の我々が持つアイデンティティ、自然、環境に対する倫理観をシフトさせようと挑みます。

本書は、バイオアーティスト50名の活動を紐解きます。生物自体をメディアとした表現、人間の身体に宿る無数の微生物群「マイクロバイオーム」に注目した作品、未来の可能性を思索する「スペキュラティヴ・デザイン」など、さまざまな作品手法とともに、バイオアートの役割、そしてバイオテクノロジーによってもらたされる未来について考えていきます。
【商品解説】

著者紹介

ウィリアム・マイヤーズ

略歴
〈ウィリアム・マイヤーズ〉ライター、キュレーター、教育者。デザイン・アカデミー・アイントホーフェン(DAE)で修士課程の学生を指導している。オランダのバイオアート・アンド・デザイン・アウォードの審査委員長。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

入門書としては良くできています。

2017/01/08 22:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

遺伝情報、細菌、海洋生物、植物、食生活、コンピュータなどをミックスさせて、奇抜に何かを訴えかけてくるバイオアートの入門書です。

作品のカラー写真が豊富に収録されており、バイオアーティストのインタビュー記事も所々に挿入されているため、「バイオアートってなんだろう」という立ち位置の人が手に取る一冊としては良書だと思います。パラパラめくっているだけでも、インパクトの強い写真が多く、深く考えずとも楽しめる内容にはなっています。

その反面、バイオアートの性質上見るだけでなく、ワークショップのように触って、聞いて、嗅いで(中には味わって!)、体感することでこそ真価を発揮する作品も含まれているため、せめて動画がある場合は動画へのアクセス方法なども提示されていると良いのかなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/11/18 12:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/22 01:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

遺伝学・バイオテクノロジー ランキング

遺伝学・バイオテクノロジーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。