サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

翔泳社祭2019 全品ポイント10倍 ~4/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

希望荘

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 206件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/06/20
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:20cm/460p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-386443-5

紙の本

希望荘 (杉村三郎シリーズ)

著者 宮部みゆき (著)

家族と仕事を失った杉村三郎は、東京都北区に私立探偵事務所を開業した。ある日、亡き父が残した「人を殺した」という告白を調査してほしいとの依頼があり…。表題作ほか全4編を収録...

もっと見る

希望荘 (杉村三郎シリーズ)

税込 1,890 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

家族と仕事を失った杉村三郎は、東京都北区に私立探偵事務所を開業した。ある日、亡き父が残した「人を殺した」という告白を調査してほしいとの依頼があり…。表題作ほか全4編を収録。『STORY BOX』掲載等を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

探偵・杉村三郎シリーズ、待望の第4弾!

その部屋には、絶望が住んでいた――。
宮部ファン待望の14か月ぶりの現代ミステリー。特に人気の「杉村三郎シリーズ」の第4弾です。
本作品は、前作『ペテロの葬列』で、妻の不倫が原因で離婚をし、義父が経営する今多コンツェルンの仕事をも失った杉村三郎の「その後」を描きます。
失意の杉村は私立探偵としていく決意をし、探偵事務所を開業。ある日、亡き父・武藤寛二が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽を調査してほしいという依頼が舞い込む。依頼人の相沢幸司によれば、父は母の不倫による離婚後、息子と再会するまで30年の空白があった。果たして、武藤は人殺しだったのか。35年前の殺人事件の関係者を調べていくと、昨年に起きた女性殺人事件を解決するカギが……!?(表題作「希望荘」)
表題作の他に、「聖域」「砂男」「二重身(ドッペルゲンガー)」の4編を収録。
【商品解説】

収録作品一覧

聖域 5−85
希望荘 87−187
砂男 189−327

著者紹介

宮部みゆき

略歴
〈宮部みゆき〉1960年東京生まれ。「理由」で直木賞、「名もなき毒」で吉川英治文学賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー206件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

さすが、さすがの安定感

2017/04/03 10:37

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さとる - この投稿者のレビュー一覧を見る

杉村三郎シリーズの第4弾。前作で公私ともに大きな転機があった主人公が故郷で探偵となって再出発するという設定の今作品は短編集。「宮部みゆきに外れなし!」と個人的に思っているのですが、今回も抜群の安定感で読ませてくれます。登場人物ひとりひとりが丁寧に描かれているので真相にも説得力がありますし、人間の業というものをひしひしと感じさせてくれます。主人公の人生譚でもある本シリーズ。次はどんな物語を紡いでくれるのか楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

彼女にとっては

2018/05/11 20:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

長い間ずっと絶望を抱えて生きてきたであろう彼女にとって希望荘というアパートの名前はどうしようもなく皮肉。
そういうままならない事件に杉村さんはこれからも向き合っていくのでしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

杉村さん がんばれ

2017/05/16 20:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えるべっく - この投稿者のレビュー一覧を見る

いろいろあって探偵になった杉村さん。

この作者らしく、
登場人物の描写が細やかに
際立っているおかげで、
物語ごとに楽しく読める。

探偵としては
まだまだだか、
人間味あふれるやり方で
真実に近づく杉村さんは
魅力的だ。

次の作品が楽しみですが、
じっくり深いミステリーが読んでみたい。

個人的には、「希望荘」が秀逸でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2016/09/21 12:32

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和50年に殺人を犯したと仄めかす男性を描いた表題作を始め、4編を収録。いずれも私立探偵・杉村三郎を主人公に据え、探偵として独立する経緯、事務所開設に関わるエピソードなどを綴る。幾分、変わったミステリと言えなくもないが、凝りすぎ、硬すぎで、やや読みづらい。ストーリーもひねりすぎか。最近の宮部氏は、こうした過剰な文章が多い気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

探偵

2017/03/06 22:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

探偵・杉村三郎シリーズ。
4つのお話が楽しめます。
杉村が探偵になる経緯とかの話も読めました。
長編も読んでみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

探偵になった杉村さん

2016/11/18 11:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

杉村さん、ついに!やっぱり!!探偵になったんだ~♪♪
その後、実家に帰り、そして震災を体験。そうなのね~。ってしみじみ。
でも、彼のもとにやって来る事件は、あいもかわらず、なんか、切ない(>_<)
幸せになって、ほしいのに・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/23 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/20 16:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/13 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/04 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/06 11:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/03 07:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/12 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/01 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/16 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。