サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 選書・ブックレット
  5. 朝日新聞出版
  6. 朝日選書
  7. ニュートリノ小さな大発見 ノーベル物理学賞への階段

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ニュートリノ小さな大発見 ノーベル物理学賞への階段(朝日選書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/06/10
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • レーベル: 朝日選書
  • サイズ:19cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-263045-2
  • 国内送料無料

紙の本

ニュートリノ小さな大発見 ノーベル物理学賞への階段 (朝日選書)

著者 梶田隆章 (著),朝日新聞科学医療部 (著)

ニュートリノが質量をもつことを証明し、ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章。彼自身の言葉でこれまでの研究を振り返ると共に、取材を続けてきた記者らが、その生い立ちや歩み、日本...

もっと見る

ニュートリノ小さな大発見 ノーベル物理学賞への階段 (朝日選書)

1,620(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
アウトレットブック
ポイント 5倍キャンペーン
こちらは「アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年5月27日(日)~2018年5月31日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ニュートリノが質量をもつことを証明し、ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章。彼自身の言葉でこれまでの研究を振り返ると共に、取材を続けてきた記者らが、その生い立ちや歩み、日本の科学研究の現状と将来について解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

 岐阜県・神岡鉱山の地下にある研究施設スーパーカミオカンデで観測を続けた梶田隆章さんが、2015年のノーベル物理学賞に輝いた。日本人(日本出身者を含む)では、前年の青色発光ダイオードの発明による受賞に次ぐ。

 5万トンの超純水を張った巨大な水槽スーパーカミオカンデを使い、大気ニュートリノとミューニュートリノの数が理論値と大きく異なることから、物質を構成する素粒子ニュートリノが「振動」する現象を発見、これまで重さがないとされてきたニュートリノが質量をもつことを実証した。宇宙はどうやってできたのか、物質はなぜあるのか。この世界の根源にせまる物理学者たちの探究に大きな一歩を印した。神岡鉱山の巨大水槽を使った研究は、宇宙ニュートリノの検出で同物理学賞を受賞(2002年)した小柴昌俊さんに始まり、故戸塚洋二さんを経て梶田さんにつながる。次代にはスーパーカミオカンデの10倍の水でニュートリノのCP対称性や陽子崩壊を観測するはハイパーカミオカンデや、重力波を観測する「かぐら」の計画もある。

 本書では、朝日新聞社主催の記念イベントなどで語った梶田さん自身の言葉によって、これまでの研究や人生を振り返りつつ、取材を続けてきた朝日新聞科学医療部記者が、生い立ちや歩み、発見に至る物語をやさしく説明している。

さらに最終章では、日本人ノーベル賞ラッシュの陰で梶田さんが危惧している、日本の科学研究の現状と将来について解説する。科学技術基本法が1995年に成立し、科学関係の予算が増加している一方、若手科学者の期限付きポストが大幅に増え、息の長い研究よりも短期で成果の出る研究が数多くなされている。将来の生活への不安から大学院進学者も減っている。どうやって若手研究者を確保し安定した研究生活を保障するのか、日本の科学は岐路に立っているといえるだろう。岐阜県・神岡鉱山の地下にある研究施設スーパーカミオカンデで観測を続けた梶田隆章さんが、2015年のノーベル物理学賞に輝いた。日本人(日本出身者を含む)では、前年の青色発光ダイオードの発明による受賞に次ぐ。【本の内容】

著者紹介

梶田隆章

略歴
〈梶田隆章〉1959年埼玉県生まれ。東京大学大学院博士課程修了。同大学宇宙線研究所長。理学博士。アーサー・B・マクドナルドとノーベル物理学賞受賞。著書に「ニュートリノで探る宇宙と素粒子」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/02/19 17:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る