サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

11/1~ <honto限定!電子おまけ>3社合同・小田原みづえキャンペーン(~11/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 暮らし・実用の通販
  4. 妊娠・出産・育児の通販
  5. 医学書院の通販
  6. 産み育てと助産の歴史 近代化の200年をふり返るの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

産み育てと助産の歴史 近代化の200年をふり返る
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/05/23
  • 出版社: 医学書院
  • サイズ:21cm/309p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-260-02482-2
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

産み育てと助産の歴史 近代化の200年をふり返る

著者 白井 千晶 (編著),岩田 重則 (ほか執筆)

変わりゆく出産の現場で、産婆や助産師はどのように関わってきたのだろうか。人の生まれ方に大きな影響を与える、助産をめぐる日本の歴史を紐解く。女性自身が出産環境をどのように捉...

もっと見る

産み育てと助産の歴史 近代化の200年をふり返る

3,024(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

変わりゆく出産の現場で、産婆や助産師はどのように関わってきたのだろうか。人の生まれ方に大きな影響を与える、助産をめぐる日本の歴史を紐解く。女性自身が出産環境をどのように捉えているかという論点も盛り込む。【「TRC MARC」の商品解説】

本書は江戸末期から平成までの出産に携わる女性たちの歩んできた道を記している。また,これまで語られることのなかった産婆の置かれた状況(産師法)や第二次世界大戦中の助産婦たちの活動にも触れている。江戸末期でお産に携わってきたトリアゲ婆,明治から昭和初期まで活躍してきた産婆・助産婦,そして少子化社会の現代の助産師,それぞれが時代の流れに翻弄されながらも活動を続けてきた。その激動の歴史をここに綴る。【商品解説】

著者紹介

白井 千晶

略歴
〈白井千晶〉静岡大学人文社会科学部教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善ジュンク堂書店のPR誌「書標」2016年9月号より

書標(ほんのしるべ)さん

女性が命をかける出産の介助をする助産師。江戸時代には取り上げ婆と呼ばれ、産婆・助産婦・助産師へと改称されてきた。日本の近代化とともに様々な政策・(法)制度が設けられるなかで、お産はどのように営まれ、変化してきたか。助産師はどう関わり歩んできたか。歴史的背景を振り返りながら助産活動の変遷を学び、助産と産む女性双方の視点から子どもを「産み育てる」営みを考える。助産師をめざす方だけでなく多くの女性に読んでほしい。

みんなのレビュー2件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/08/23 09:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/13 13:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

妊娠・出産・育児 ランキング

妊娠・出産・育児のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む