サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

11/1~ <honto限定!電子おまけ>3社合同・小田原みづえキャンペーン(~11/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本会議 戦前回帰への情念(集英社新書)
日本会議 戦前回帰への情念(集英社新書) 日本会議 戦前回帰への情念(集英社新書) 日本会議 戦前回帰への情念(集英社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/07/15
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-720842-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

日本会議 戦前回帰への情念 (集英社新書)

著者 山崎雅弘 (著)

欧米メディアが「日本最大の右翼組織」と報じる日本会議。この組織について詳説し、日本会議と安倍政権が改憲へと傾倒する動機が、かつて日本を戦争に導いた国家神道を拠り所とする戦...

もっと見る

日本会議 戦前回帰への情念 (集英社新書)

821(税込)

日本会議 戦前回帰への情念

734 (税込)

日本会議 戦前回帰への情念

ポイント :6pt / 紙の本より87おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.1MB 無制限
Android EPUB 6.1MB 無制限
Win EPUB 6.1MB 無制限
Mac EPUB 6.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

欧米メディアが「日本最大の右翼組織」と報じる日本会議。この組織について詳説し、日本会議と安倍政権が改憲へと傾倒する動機が、かつて日本を戦争に導いた国家神道を拠り所とする戦前回帰への道筋にあることを指摘する。【「TRC MARC」の商品解説】

宗教学者・上智大学特任教授  島薗進氏推薦!!
「安倍政権を支える日本会議の思想と価値観を鋭く分析した好著」

思想家・武道家  内田樹氏推薦!!
「独創的な思想も組織的実力も持たない少数者たちが、私たちの眼に触れぬままに、気づけば現実の政治を動かしているという事実に慄然とする」


日本会議と安倍政権は、この国をどこへ導こうとしているのか?

欧米メディアが「日本最大の右翼組織」「安倍政権を支える国家主義団体」と報じる日本会議。
現安倍政権の閣僚の半数以上が日本会議と直接的に繋がる議員団体「日本会議国会議員懇談会」に属しているにもかかわらず、日本の大手新聞・テレビは両者の関連性についてほぼ報じていない。

本書では日本会議の“肉体”(人脈・組織)と“精神”(戦前戦中を手本とする価値観)、教育や靖国をめぐるその“運動”を詳説し、
日本会議と安倍政権が「改憲」へと傾倒する動機が、かつて日本を戦争に導いた「国家神道」を拠り所とする戦前回帰への道筋にあることを指摘。
気鋭の歴史研究家が、日本会議を近視眼的な“点”ではなく、歴史的事実をふまえた“線”としての文脈から読み解く、「日本会議論」の決定版である。

【目次】
はじめに――大河ドラマ『花燃ゆ』と日本会議の副会長
第一章 安倍政権と日本会議のつながり――占領された内閣
1.第二次安倍政権の発足と日本会議の役割
2.重なり合う「日本会議」と「神道政治連盟」の議員たち
3.慰安婦問題・南京大虐殺問題への日本会議の関わり
4.中国の軍事的脅威をアピールする安倍政権と日本会議
5.光を当てる地方紙・週刊誌・ネット言論と、光を当てない大手メディア
第二章 日本会議の「肉体」――人脈と組織の系譜
1.「神道・宗教勢力」と「保守・右派勢力」の融合
2.神社本庁と日本会議の深い関係
3.日本会議とその前身/関連組織が行ってきた主な政治運動
第三章 日本会議の「精神」――戦前・戦中を手本とする価値観
1.安倍首相と日本会議と天皇――「日本の国柄」の核心を成す存在
2.「日本を取り戻す」――具体的には、何を「取り戻す」のか
3.日本会議の思想の原点を物語る書物『国体の本義』と『臣民の道』
4.戦前・戦中の思想と価値判断を継承した日本会議の活動方針
第四章 安倍政権が目指す方向性――教育・家族・歴史認識・靖国神社
1.安倍首相と日本会議と教育改革――「愛国」「道徳」という名の政治教育
2.安倍首相と日本会議と家族観――国民の内面に踏み込む
3.安倍首相と日本会議と歴史認識――大東亜戦争の肯定
4.安倍首相と日本会議と靖国神社――「国に殉じた英霊」の理想化
第五章 日本会議はなぜ「日本国憲法」を憎むのか――改憲への情念
1.安倍首相と日本会議が日本国憲法に示す「敵意と憎悪」の背景
2.日本国憲法を「神道指令の恒久化」と見なす日本会議
3.安倍政権と自民党の憲法改正案
4.日本会議の改憲運動と「産経新聞」の憲法改正案
5.憲法改正運動の最前線に躍り出た日本会議

【本の内容】

著者紹介

山崎雅弘

略歴
1967年、大阪府生まれ。戦史・紛争史研究家。
雑誌『歴史群像』『歴史人』等に戦史の分析研究記事の寄稿多数。
2015年9月に刊行された近著『戦前回帰』は、内田樹氏、島薗進氏をはじめ各界より高い評価を受ける。
膨大な資料をもとに、俯瞰的な視点から現代日本を鋭く分析する、いま、最も注目される書き手のひとりである。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

戦後70年の時が顕在化させた「日本会議」という現象

2017/04/20 20:58

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:親譲りの無鉄砲 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昨年より、菅野完氏の「日本会議の研究」を嚆矢とし、類書の刊行が続いている。菅野本が特に「生長の家原理主義者」らに注目したのに対し、本書はもう一つの系統、軍国日本の基礎となった国家神道を源流とする「神道政治連盟」の主張について詳しく解説している。この特徴は菅野本と対立するものではなく、補完関係にあるといってよい。「日本会議」とは、今なお日本があの戦争を総括しきれていないという事実を象徴する、戦後70年の時が顕在化させた多面的な現象なのである。
 戦後GHQ発令の「神道指令」により、国家機関としての神祇院から一宗教法人に格下げされた神社本庁のresentmentが、「神道的国民意識」を取りもどすという運動に駆り立てている原動力であり、そしてGHQに一方的に押し付けられたと彼らが主張する「日本国憲法」への憎悪が、戦前回帰への「情念」となってとぐろを巻いている、というのが著者の見立てである。その点を明らかにすべく、戦前戦中に発行された国体明徴運動推進のための国民的教科書「国体の本義」「臣民への道」「国家と神道」という書物を繙く。これらがそのまま日本会議の主張に引き写されている、というのだ。
 しかし本書を読んでもなお不思議なことがある。GHQに押し付けられた偽物として日本国憲法への憎悪をあらわにしつつも、一方で彼らの主張に基づくところの憲法の製造責任者たる米国への憎しみを表明しないはなぜ?自国の戦争指導者の、戦争を起こした責任や敗戦の責任を糾弾しないはなぜ?将来の戦争で勝てる根拠は何もないのにも関わらず、戦前と「同じ」国柄にしないといけないのはなぜ?彼らのこだわりの理由ついては本書は答えていない。
 しかしヒントはありそうだ。彼らの思考パターンにはある種の法則性があると思われる。例えば、日中戦争は「侵略戦争」ではなかった、「南京大虐殺」はなかったと言い切る、「歴史修正主義」という明らかな学問軽視的態度。侵略先の中国等アジア諸国に対する自国の加害性には一切目を向けず、逆に敗戦国としての被害者意識のみを増長させ、戦没軍人のことを国策の誤りによる「被害者」とみずに、正義の国のために散った「英霊」と顕彰する事しか考えない。知的リベラルな論調への忌避感。そこには集団的な「知的劣性コンプレックス」が明らかに見て取れる。さらに感情放縦型の発言のオンパレード。集団的なresentmentが暴力的非理性に変質する事。第1次世界大戦に敗れワイマール共和政下で天文学的なインフレーションを経験する中で、ナチスの台頭を許し、「授権法」成立を見過ごしたドイツ国民を引き合いに出すまでもない。昭和初期、飢饉による地方の農村の疲弊がありながら政党政治が機能しない現状に、天皇の側近を諸悪の根源と決めつける論理飛躍をして、226のクーデターにしか結論を見いだせなかった皇道派陸軍青年将校のメンタリティにもどこか似ている。集団化すると同時に知性が幼稚化する。これは社会心理学でよく指摘されるところの「認知不協和」であるようだ。戦後日本政治が抱える慢性的な疾患の大きな要因であるところの無批判の対米従属主義に対しては、彼らは何の違和感をも唱えていないことも、彼らが「認知不協和」を起こしていると考えれば、むべなるかなと思われるのだ。この認知不協和性に対して集団を形成するひとりひとりが自覚的であれば、もう少し理性的に抑制された集団的情緒をつくり出せるのではないのか?と評者などは思う。いずれにしても、一国の首相をはじめとして、日本会議の連中は、精神に屈折的な疾患を抱えている患者の群れとしか思えないのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マスコミとは

2016/07/21 08:14

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あいん - この投稿者のレビュー一覧を見る

なぜ、今までにマスコミが殆ど日本会議に関する報道をしてこなかったのがが不思議でした。昨年から各局のキャスターが芋づる式に交替するなど、不可解な現象も起こっています。それらの原因が、この著者を読めば、何となく判るような印象です。思想や教義、大義を押し付けるような息苦しい社会にならないように注視したいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/08/19 02:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/18 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/20 00:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/10 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/13 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/08 11:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/10 19:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/24 12:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/25 08:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/21 11:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/12 14:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む