サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 文藝春秋
  6. 文春新書
  7. 「暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄(文春新書)
「暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄(文春新書) 「暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/06/20
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • サイズ:18cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-661083-9
  • 国内送料無料
新書

紙の本

「暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄 (文春新書)

著者 顔 伯鈞 (著),安田 峰俊 (編訳)

腐敗しきった習近平独裁体制に声を上げた若きエリートは、度重なる逮捕と拷問に耐え、自由と民主化のため仲間たちと逃亡を続ける−。凄まじい人権侵害と闘い続ける、中国共産党元エリ...

もっと見る

「暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄 (文春新書)

842(税込)

「暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄

800 (税込)

「暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄

ポイント :7pt / 紙の本より42おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

腐敗しきった習近平独裁体制に声を上げた若きエリートは、度重なる逮捕と拷問に耐え、自由と民主化のため仲間たちと逃亡を続ける−。凄まじい人権侵害と闘い続ける、中国共産党元エリート学者の迫真の手記。【「TRC MARC」の商品解説】

10万人を動かした中国最大の民主化勢力幹部 逃亡2万キロの全記録

巨額の贈収賄や不正ビジネスが横行する中国共産党、資産隠匿に手を染める高級幹部たち……。
腐り切った現体制に業を煮やした共産党若手エリート顔伯鈞らは、社会問題を考える人々の食事会に参加したのをきっかけに、次第に体制改革運動に身を投じてゆく。
顔伯鈞らを待ち受けていたのは、国内安全保安局(いわゆる秘密警察、中国におけるゲシュタポ的機関)による監視、尾行、盗聴だった。そして逮捕、監禁、拷問すれすれの非人道的な取り調べ……エスカレートする弾圧から逃れるため、彼らは家族も捨てて逃亡を開始する。
中国国内には当局の厳重な監視をかいくぐって民主化シンパたちの地下ネットワークが張り巡らされている。か細い糸をたどって潜伏先を探すが、すぐに当局の包囲網が彼らを追い込む。
逮捕された後、当局の取り調べは熾烈を極める。自白しない顔伯鈞の目の前に、妻まで連れてこられる。
運良く獄から出られても、監視の目はつきまとう。
息詰まるようなサスペンスが次から次へとやってくる中、それでも彼らは逃げ続ける。チベット、香港、ミャンマー、タイ……。拠点を移しながら活動を続け、ときおり北京にもこっそり戻り、体制改革へのアピールを続けてゆく。
再び捕まったら一巻の終わり。ボロ雑巾のようになるまで人間性を破壊され、闇に葬られる。
祖国の民主化のため、凄まじい人権侵害と闘い続ける英雄豪傑たちの群像は、まるで現代の『水滸伝』だ。【商品解説】

民主化運動に身を投じたエリートたちに襲いかかる中国共産党の魔手。逃亡を続けながら凄まじい人権侵害と闘う姿を描いた現代の水滸伝【本の内容】

著者紹介

顔 伯鈞

略歴
〈顔伯鈞〉1974年中国湖南省生まれ。中国共産党員。同党中央党校政治経済学修士課程修了。非政府組織「公盟」に加わり新公民運動に参加。習近平政権の弾圧を避けるため逃亡し国外脱出。タイに亡命。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

多面的な中国

2016/06/27 23:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国というのは懐の深い国で、表面的には共産党の一党独裁でガチガチかと思いきや、中身はてんでバラバラで、義侠心あふれるおじさん、おじいさんたちが活躍する余地があり、お金儲けに忙しい人達は多いけれど、まじめに世の中の正義やら革命やらを求める人民もいる。
おもしろい・・・というのは不謹慎だけど、でも、本当にこの物語じみていて「人間味あふれる」逃亡記はオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

冒険小説のよう

2017/01/24 10:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:igashy - この投稿者のレビュー一覧を見る

亡命中の民主活動家の手記で大変深刻な内容なのだけど、編訳者の取捨選択が効いているためか、作者の一歩離れたところから眺めているような記述が大変効果的で面白い。良いか悪いかは別にして、冒険小説のように読めてしまう。
・奥さんにはもう少し前もって話しておこう。
・八〇後(日本で言うと新人類?80年代以降生まれ)の元ネオナチ→民主運動家ワーキングプアのキャラが面白い。
・刑務所で収監されていた同房の者(メインは詐欺師)が魅力的。
・やっぱり中国は人脈なんだなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

中国の抱える闇の深さが伝わる本

2016/09/28 19:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国で人権を訴えていた顔(がん)氏が国家権力から目をつけられて以来、拘束を逃れるために逃亡し、そして逮捕され、拷問を受け、ついに脱獄してタイに亡命するまでの体験を綴った逃亡記。国家権力が法的な根拠もなく、国家にとって都合の悪い人物を強制的に拘束することが許されている現代の中国がいかに歪んだ政治形態であるかを読者に訴えて来ます。顔氏が拘束されそうになったとき、かつて共産党当局によって拘束された経験を持つ友人の語った次の言葉が中国という国の持つ闇の深さを物語ります。「南アフリカでアパルトヘイトと闘ったネルソンマンデラのような獄中闘争ができると思ってはならない。マンデラが闘ったのはまっとうな教育を受けた西側諸国の白人紳士だ。彼は獄中でも基本的人権は保証されていた。共産党当局の検察は獄中で肉体的、精神的に徹底的に破壊しようとする」
逃亡記の内容については是非、本書を読んでみてください。手段を選ばない中国共産党当局のやり口が詳細に述べられています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/05 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/27 10:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/10 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/08 08:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/09 22:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/13 12:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/03 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/01 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む