サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

毒殺協奏曲
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/06/13
  • 出版社: 原書房
  • サイズ:19cm/373p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-562-05334-6
  • 国内送料無料

紙の本

毒殺協奏曲

著者 アミの会(仮) (編),有栖川有栖 (著),小林泰三 (著),柴田よしき (著),篠田真由美 (著),永嶋恵美 (著),新津きよみ (著),松村比呂美 (著),光原百合 (著)

有栖川有栖、小林泰三、篠田真由美、柴田よしきなど、人気作家8人による、「毒殺」縛りの書き下ろし短編集。致死量に詳しすぎる女、身近な毒…。サスペンスから本格まで、バラエティ...

もっと見る

毒殺協奏曲

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

有栖川有栖、小林泰三、篠田真由美、柴田よしきなど、人気作家8人による、「毒殺」縛りの書き下ろし短編集。致死量に詳しすぎる女、身近な毒…。サスペンスから本格まで、バラエティ豊かな作品を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

「毒殺」をテーマに、有栖川有栖、小林泰三、柴田よしき、篠田真由美、永嶋恵美、新津きよみ、松村比呂美、光原百合、の豪華8名によるオール書き下ろし! 意外な結末から忍び寄る恐怖まで人気作家が「毒」を使いこなして導く絶妙な競作!【本の内容】

収録作品一覧

伴奏者 永嶋恵美 著 5−60
猫は毒殺に関与しない 柴田よしき 著 61−130
罪を認めてください 新津きよみ 著 131−169

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

毒殺

2017/01/15 18:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫祟り - この投稿者のレビュー一覧を見る

毒殺だけを集めたアンソロジー
同じテーマでも作家によって全然違う
ミステリー好きには堪らない

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/11/02 08:34

投稿元:ブクログ

(収録作品)伴奏者(永嶋恵美)/猫は毒殺に関与しない(柴田よしき)/罪を認めてください(新津きよみ)/劇的な幕切れ(有栖川有栖)/ナザル(松村比呂美)/吹雪の朝(小林泰三)/完璧な蒐集(篠田真由美)/三人の女の物語(光原百合)

2016/08/07 08:45

投稿元:ブクログ

+++
致死量に詳しすぎる女、正統派の毒殺、ネットで知り合った女、身近すぎる毒、毒より恐ろしい偶然…サスペンスから本格まで、一冊に閉じ込めたバラエティ豊かな毒物語集。
+++

アンソロジーのお題が毒殺とは、まことに物騒である。だが、ひと言で毒殺と言っても、これほどバラエティ豊かな作品群になるものなのだと、改めて思わされる。どれも著者なりの趣向が凝らされていて興味深い。正統派あり、そうくるかという意表を突いたものあり、昔話の裏側を描いたものありと、見せ方もさまざまで愉しめる。毒を使って誰かを亡き者にするには周到な準備が必要とされる。その過程をも含めて、殺人者の心理に背筋が寒くなる心地の一冊である。そう考えると、女性作家の会のお題としてはふさわしいのかもしれない。

2017/05/22 09:53

投稿元:ブクログ

「毒を盛って、読を制する」って帯のコピー、すごいですね…
毒殺がテーマの豪華アンソロ。
柴田さんのは正太郎の短編だった!なるほど。

2017/05/28 15:09

投稿元:ブクログ

アミの会(仮)アンソロジー2冊目。
「毒殺」をテーマに男性作家も新たに加わっての8編。
「毒」というオーソドックスな手法、前アンソロジー「捨てる」より面白かった。

『伴奏者』永嶋恵美 /『猫は毒殺に関与しない』柴田よしき /『罪を認めてください』新津きよみ /『劇的な幕切れ』有栖川有栖 /『ナザル』松村比呂美 /『吹雪の朝』小林泰三 /『完璧な蒐集』篠田真由美 / 『三人の女の物語』光原百合

柴田よしき『猫は毒殺に関与しない』、ミステリ作家の桜川ひとみと飼猫正太郎のシリーズ。
人気作家主催の鍋パーティ、誰がどのように毒を盛るのか、軽いタッチなのに意外に深い作品。一番面白かった。
(図書館)

2016/06/27 09:42

投稿元:ブクログ

タイトル通り、毒殺をテーマにしたアンソロジー。本格的なミステリーが読みたくて、手に取ってみたが、やはり短編だとどこか物足りない。今まで読んだことのない作家さんの話もあり、全体的には面白かったと思う。

2017/04/18 20:54

投稿元:ブクログ

アミの会(仮)に、ゲストの男性作家2人を加えての豪華8名によるオール書き下ろし!♪

意外な結末から忍び寄る恐怖まで「毒」を使いこなして、サスペンスから本格まで、まるごと一冊に閉じ込めたバラエティ豊かな毒の競演~~!w

2017/03/20 09:57

投稿元:ブクログ

アミの会(仮)アンソロジー。
第2弾だったんですね。
【毒殺】がテーマ。
同じような内容になってしまわないのかな?と思い、読み始めましたが、上下左右、表裏、いろいろな方向からのアプローチで、とても濃い本でした。
中には薄いものもありましたが、そこは組み合わせの妙、なかなかのコレクションです。

『伴奏者』永嶋恵美
友達を守るためにつく嘘。
最初からリバース描写…
まって、毒殺テーマだと必ず付いて来るの?ヤメテー!

『猫は毒殺に関与しない』柴田よしき
物書きの心の闇…
他人の心の中を覗き込んでる感がすごい、なかなか毒のあるお話。

『罪を認めてください』新津きよみ
「正直者がバカをみる」
これも、「猫と毒薬」?
言いふらしおばさんの行動は途中から先が読めてしまった。

『劇的な幕切れ』有栖川有栖
3作続けて読んで、女社会からいきなり男性一人称に。
トンネルを抜けた感で新鮮。
「世にも奇妙な物語」に良さそうなどんでん返し。

『ナザル』松村比呂美
PTA仲間、ママ友、これもなかなか毒社会である。
自分より下を見て安心する…主婦あるある。

『吹雪の朝』小林泰三
毒のコレクション。
生兵法は怪我の元?

『完璧な蒐集』篠田真由美
ゴシックな雰囲気が文章からも立ちのぼる。
絢爛豪華、痺れるような毒。

『三人の女の物語』光原百合
毒殺…ときくと、刃物でグサ!などに比べ、女性的な感じがする。
毒リンゴとか、蛇の毒をあおったクレオパトラがすぐに目の前に浮かぶ。
三人目の普通の女は…?

2016/08/13 19:05

投稿元:ブクログ

有栖川さん、小林さんしか馴染みがないものの、「毒殺」縛りに惹かれて読みました。いろいろな作家さんの作品に一度に触れられるのが、アンソロジーの良いところ。篠田真由美さんの「完璧な蒐集」の雰囲気がとても良かった。

2016/08/31 00:28

投稿元:ブクログ

タイトル通り、「毒」にまつわるミステリアンソロジー。となると毒殺トリックばかりか、と思いきやそうでもなく。バラエティに富んだ一冊になっています。
お気に入りは柴田よしき「猫は毒殺に関与しない」。ひさびさの正太郎シリーズだと思ったら、正太郎はタイトル通りあまり活躍しなかったので残念ですが。それでもユーモラスでブラックなストーリーはかなり好みです。
篠田真由美「完璧な蒐集」も好き。蒐集品のあれやこれやを読むだけでうっとりしてしまうほど雰囲気が好みでしたが。そうか、なるほど……完璧を目指すならそこまでしなくては?

2016/12/24 10:45

投稿元:ブクログ

オール新作(書き下ろし)らしい。毒というものが持つ属性によるものか、どの作品もねっとりと暗いが、書き手の技量は確か。7.0

2016/06/28 18:54

投稿元:ブクログ

【収録作品】「伴奏者」 永嶋 恵美/「猫は毒殺に関与しない」 柴田 よしき/「罪を認めてください」 新津 きよみ/「劇的な幕切れ」 有栖川 有栖/「ナザル」 松村 比呂美/「吹雪の朝」 小林 泰三/「完璧な蒐集」 篠田 真由美/「三人の女の物語」 光原 百合 
*それぞれ個性があって、読み応えのある短篇集だった。

2017/04/29 20:06

投稿元:ブクログ

アミの会(仮)アンソロジーの2冊目。1冊目だと思って読んだけど、それは特に問題なし。
タイトル通りに「毒」ではなくて「毒殺」縛り。結構、楽しんで読みました。って言うと
なんか私、誤解されるかな。

2016/06/29 06:18

投稿元:ブクログ

「毒殺」縛りのアンソロジー。
アミの会(仮)ってば、本当に素晴らしい。
しかも、今回は男性作家もゲストで参加♪
「毒殺」と言っても、いろんなアプローチがある。

有栖川さん、収録作の中でも、1、2を争う面白さ。
ああいう展開、実に私好みで最高。
柴田よしきさんは、タイトルで正太郎シリーズを期待したのだけど、そういうこと!タイトルの意味も納得。

アミの会(仮)、これからも、こういうアンソロジーが出る
ようで、すごく楽しみ。
「(仮)」がとれる日がくるのかどうか(笑)

2017/02/16 12:53

投稿元:ブクログ

図書館より。

読み出したら止まらず、あっという間に読了。
好きな作家さん狙いで読み始めたはずが、何だかんだでどれも面白く、さらりと読み終えてしまった。
毒ではなく、毒殺がテーマで思わずニヤリ。職業薬剤師って多かったけど、一般人が毒を扱うってことがないから仕方ないか。

このくらいの量なら、ミステリも楽しく読めるんだけどな~(笑)