サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. この素晴らしい世界に祝福を! 9 紅の宿命

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

この素晴らしい世界に祝福を! 9 紅の宿命(角川スニーカー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

この素晴らしい世界に祝福を! 9 紅の宿命 (角川スニーカー文庫)

著者 暁なつめ (著),三嶋くろね (イラスト)

邪神ウォルバクの手により、王都が危機に陥っているという知らせを耳にしためぐみんは、イヤがるカズマを引き連れて、戦いの最前線へと向かう。そこで判明したのは、ウォルバクも爆裂...

もっと見る

この素晴らしい世界に祝福を! 9 紅の宿命 (角川スニーカー文庫)

648(税込)

この素晴らしい世界に祝福を! 9 紅の宿命 【電子特別版】

648(税込)

この素晴らしい世界に祝福を! 9 紅の宿命 【電子特別版】

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「この素晴らしい世界に祝福を! 9 紅の宿命」が含まれるセット商品

商品説明

邪神ウォルバクの手により、王都が危機に陥っているという知らせを耳にしためぐみんは、イヤがるカズマを引き連れて、戦いの最前線へと向かう。そこで判明したのは、ウォルバクも爆裂魔法の使い手であるという事実で…。【「TRC MARC」の商品解説】

邪神ウォルバクの手により、王都が危機――そんな知らせを耳にしためぐみんは、イヤがるカズマを引き連れて、戦いの最前線へと向かう。そこで判明したのは、ウォルバクも爆裂魔法の使い手であるという事実で――。【商品解説】

邪神ウォルバクの手により、王都が危機――そんな知らせを耳にしためぐみんは、イヤがるカズマを引き連れて、戦いの最前線へと向かう。そこで判明したのは、ウォルバクも爆裂魔法の使い手であるという事実で――。【本の内容】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

にょ

2016/06/18 09:52

8人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あくあ9いっぱい - この投稿者のレビュー一覧を見る

これまでに魔王の幹部や強敵を倒してきたカズマ達。どうもアクアに活躍してほしいんだがめぐみんが出しゃばるね。めぐみんゆんゆん二人して魔王に誘拐されて魔王の元で魔王の幹部とフラグでも立っちゃうってどうよ。さてさて9巻どうなることやら妄想ふくらむ。早く読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

めぐみんはかわいい、しかし

2016/11/16 11:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バーバラ藤岡 - この投稿者のレビュー一覧を見る

めぐみんがメインの巻でありその可愛さの表現は見事、しかしダクネス推しの自分としては彼女の描写が取って付けたようなものであったのは残念…次の巻には期待したい!!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

めぐみんの進化

2016/08/30 13:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もぐら - この投稿者のレビュー一覧を見る

まさかの無詠唱。
極めすぎです。
ちょむすけの正体(笑)もついに判明。
だけど知らなかった人は誰もいなかったことでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

[ネタバレ]68%までは良かった、後半は問題!

2017/02/25 01:05

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:香港からの客人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回の構成は3つに分かれられる。まずは日常編、そして今回の主筋、そして後日談。前置きの日常編は中々面白かったし、主筋への転入もうまくやったと思う。ゆんゆんも今回一緒に行き、彼女の喜びは可愛くで心を動かす。

欲と言えば、ちゃんと一回位ゆんゆん主体の戦闘シーンが欲しいですね。あの子の頑張りの成果もちゃんと見たいし…で言うか、本当に切り込みが出来るがどうかを見たい!とまあ、これ以外は前半がこれで良いと思う。彼奴等は主戦場に辿り、危機をしらされた。総合的に言えば、適度なテンションが形成された。アクアの出番まで。

確かに、アクアは各種な芸で神様に値する才能がある。そして、工事にも相当なやり手。だが、「芸」を拡大解釈し、工事まで神様に値する才能があるの設定はどういう物でしょう。少なくとも紅魔族の里の再建な時にこれが無かったぞ!
一人の影響で崩壊しかけているの砦を修復所が拡張のは凄く違和感ある(これじゃ、「アクアが凄い」より「無能な王族は重要な砦なのに工事に長けた者を一人も配置しなかった」感が強い)し 、危機の低下により読者のテンションもただ下がり!せめて戦闘後にしろよ!

そして、ウォルバクの戦術を見習って、爆裂魔法で奇襲するのは良い考えですが、初手は兎も角、何回も対策が無いとは先ず読者のテンションがまだ下がりますし、魔王軍はどんな馬鹿陣形をとっているのも知りたい。何回の無抵抗襲撃を書くより、一回イベント満載の襲撃を書く方が盛り上がるし、敵も含めて皆もいい面を見せてから終る事が出来ると思います。

第三、邪神と呼ばれるウォルバクはたかが「炸裂魔法程度」の手榴弾で重傷、半死状態になってめぐみんの最終決戦に向かった。おい…仮にでもアネースと(万全なら爆裂魔法も耐えられるかもしれない) ホーストと言う高級悪魔両名を従えていた大物ですよ。

ちなみ書かれたシーンだと、どう考えてもめぐみんは到着する前に他の魔法使いの手で殺される方が合理的ですし、このすばの世界観に合致している。どうしてもめぐみんとウォルバクの王道最終決戦にしたいならちゃんと自然な流れを作りましょう。

正直、購入前にウォルバクの結末は事前にちょっと情報収取したが、もっと盛り上がるな内容を予測した。この期待ハズレの後半により、5点も取れるかもしれませんの一作は3点に成った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/07/19 23:28

投稿元:ブクログ

スーパーめぐみんタイム。これは正ヒロインですわ。…あれ、前巻感想でエリス様がメインヒロインとか言ってたような(笑)いつもどおりバカなことをやりつつも話が進んでいくから楽しく読めていいですね。特に今回はラブコメ要素多めでニヨニヨもできたし(笑) あとがきでラブコメ苦手とあったけど全然OKだと思います。ダクネスの方もまだチャンスはあると見てるけど実際はめぐみん優位なんだろうな。あのクルセイダー高スペックなのに基本変態だもんなぁ…(笑)まぁ無駄な高スペックっぷりじゃアクア様には誰も勝てないけどな!

2016/08/15 18:37

投稿元:ブクログ

めぐみんが可愛い回か。
一押しのエリス様が出てこないし…。

赤髪のお姉さんウォルバクの出番の回でもある。
何故魔王軍にいるのかは謎なままでこれは伏線?とは
思えるが、結果は良かったのか何なのか。

ゆんゆんの出番があるのは良い事だ。
活躍はあった気はしないけどw

2016/12/15 15:19

投稿元:ブクログ

 事実上の後半戦。
 これまで張った伏線(スピンオフ作品からのそれも含む)を徐々に回収しつつ、次の種まきも一方で行い、そして、感情の襞を揺する告白も交えつつ…。
 ダクネスどうするの?、と言いたい気持ちを抑えきれないながらに読み進めると、空気アクアが本筋(というか物語の軸)と全く関係ないレベルで大活躍することには爆笑した。

 カズマの下衆(人間ぽい)と高尚(ヘタレ)な両面は健在で、普通に、それこそ普通にクスクスできた。
 まだまだ著者の描述力は疲れ知らずだなぁと感嘆させられる一書である。

角川スニーカー文庫 ランキング

角川スニーカー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む